コシナ、シグマ、オリンパス安レンズ豪華三本立

朝日と夕日のなかで飛行機を立て続けに撮れた。レンズのメーカーも違えば画角も違う。共通しているのは安レンズということだった。

1、まずはコシナAPO-LANTHR90/3.5SLで朝日のなかの飛行機。
a0037907_2158860.jpg


2、同じ場面をシグマ55-200/4-5.6。
a0037907_2201379.jpg


3、最後は夕日のなかの飛行機をオリンパスZD40-150/3.5-4.5。
a0037907_2225335.jpg


どれも安レンズと言っては失礼なのだが、一般的にはお手頃価格で、私にとっては充分高価なレンズなのだ。3枚目のオリンパスの写りが意外といいのに喜んでいる。1枚目のAPO-LANTHR90/3.5SLをふくめてこのレンズも生産中止になっている。もったいないことである。よく雑誌やネットで最新レンズや高価なレンズの撮り比べや性能テストをやっている。それはそれでいいのだが、お手頃価格、安価レンズや生産中止になって安くなっているレンズの性能テストというか、実用本意の使い方みたいな特集をやってくれないか。銀塩時代と違い、私を含めてプアな写真ファンがものすごい勢いで増えていると思う。
by datian | 2008-02-07 22:23 | 飛行機
<< とまどう春 アポランター90/3.5でスー... >>