光明禅寺とその周辺の紅葉 その2

紅葉を見に行ったのだが、やはり野草も気になる。時期を逃がして見れなかったキッコウハグマがまだ咲き残っているかもしれないと妻は下も見ながら歩いた。私は半分あきらめていたのだが、ほどなく妻が「あった〜」という声を上げて指差しているではないか。7ミリ程度の白い小さな花に向かってさっそく撮影をはじめたが、とても足場が悪く光の状態も悪い。周辺をさらに探すと咲いてはいるがしおれかけていたり、葉っぱだけだったりする。もう1週間はやく来れば良かったと悔やまれた。
私はここぞとばかり、ストロボに自作紙式ディフューザーをつけ、レフ版をカメラ側につけて撮影した。数枚撮ったところでなんと電池切れ。まさかこんなところで切れるとは、、、ということでなんとかアップできるのが1枚でした。(E-300+ZD50mm/F2.0+ストロボ手持ち)

a0037907_21542417.jpg

ストロボなしでは1/15 F6.3となり手ぶれで失敗する確率が非常に高くなる。今回ストロボのおかげでシャッタースピードは1/320絞りはF8で助かった。しかし片手にストロボ、もう片手にデジ一を持って撮影すると、手にかかる負担は大きくすぐに疲れてくる。まだまだ課題は山積みのようである。
by datian | 2007-11-26 22:07 | 植物
<< 光明禅寺とその周辺の紅葉 その3 光明禅寺とその周辺の紅葉 その1 >>