山口県の秋吉台 ちょっと出し その5

野草をマクロレンズで背景をフワッとぼかして撮るのも好きだが、野性味というか冬を前にして思いっきり咲き乱れる、自然のなかでたくましくガガッと咲いているのをあまりぼかさないで撮るというのもいいように思う。ちょっと手前味噌で未消化なのだがガガッと撮る撮影スタイルが似合う秋吉台のような気もする。例のごとくカメラは私がE-300、妻がE-330、レンズはZD50mmF2.0、ZD35mmF3.5、ZD14-54mmF2.8、シグマ105mmF2.8と入り乱れております。

1、センブリとリンドウ。(撮影 妻)
a0037907_21112843.jpg


2、「私がリンドウだっ」と誇らしげ言っているよう思える。(撮影 妻)
a0037907_21122838.jpg


3、これが、ガガッと咲き乱れる野草。すこし分かりにくいのですが、センブリにアキノキリンソウ、そしてリンドウが見える。(撮影 妻)
a0037907_211414.jpg


4、サイヨウシャジン。いちよう私のブログなので、おまけです。(撮影 私)
a0037907_21172626.jpg


今日は、今年はじめて手袋とマフラーをして出勤した。秋吉台で出会ったこれらの野草たちは今どうしているのだろう。心配してもはじまらないのだが来年も元気な姿をガガッと見せてほしい。
by datian | 2007-11-19 21:23 | 自然
<< 風格を感じる金属をストロボで撮る 寒いので暖かい電球をストロボで >>