タグ:静物画 ( 75 ) タグの人気記事

第25回人物スケッチ会のご報告 その4


a0037907_20545139.png

つづいて静物をおこないました。モチーフの花や野菜などを準備してくださる参加者、自宅から持ってきてくださる参加者の協力のおかげで今回も楽しくスケッチができました。(掲載は順不同です)


HNさん。

 カラーピーマンを描かれました。くびれたピーマンの本体部分とヘタの部分の細かな観察をされています。ピーマンひとつひとつの間隔を開けて配置したことでそれぞれが連動して動いているようで、シュールな雰囲気が迫ってきます。

a0037907_20555825.jpg


MAさん。

 豊富な色合いでモモの質感が目にしみます。モモを包むネットの観察と描写のこまやかさは驚きます。ネットの網目の手前の斜め線、その後ろの線、そして最後の線と、3種類の線が描き分けられています。地味な作業の連続の集大成に根気強い人柄が出ているようです。

a0037907_20563995.jpg


NHちゃん。(小学2年生)

 カラーピーマン、モモ、キュウリを一直線にならべたことで、仲良しをテーマにした物語を連想いたしました。それぞれの質感の違いをピーマンは平塗と水平に線を使い、モモは斜め線、キュウリはランダムな線を使って描き分けています。違いを発見して描き分けていくことで、スケッチを通じて対象への理解がより深くなっていくと思いました。

a0037907_20572183.jpg


 NHちゃんお母さん。

 強めの筆圧で色鉛筆を使い質感を表現されてきました。キュウリ、モモ、ピーマン、どれもが単色ではなく何色かを合わせ使い複雑なモチーフの質感にせまっています。キュウリはそのなかでも立体感もくわわり、そのことで美味しさという味覚の世界を刺激します。

a0037907_20575262.jpg


TAさん。

 手前にある花を大きめにして、後ろの花を小さくし傾きもえがかれ、全体の立体感が表現されています。花そのものの奥行きも色鉛筆の線タッチの方向を巧みにつかい、視線を誘い表現されています。バックの紙の色合いともかさなって柔らかい花の世界が風格をともなって広がっていきます。



TUさん。

 キュウリのリアルな表現に釘付けになります。水彩を巧みに使われて色合いが正確なうえに、筆の流れがキュウリの流れに逆らわずに自然に行われているからだと思います。影になる部分と光を反射するキュウリの表面処理もふくめていろいろと勉強になります。

a0037907_20590972.jpg


TKさん。

 3種類の花の違いを細かく観察され丁寧に描き分けてこられました。赤い背の高い花が少し左側へ傾き、それを引っ張って支えるように青い花が右側へと傾き、両サイドの低い位置に丸い花をあしらい全体のバランスがとれてひとつの世界を創りだしているようです。丸い花を横から見た時にどう描くか研究熱心に他の参加者と話されていました。

a0037907_20594237.jpg

NNさん。

 これはご本人がお花と一緒に持ってきてくださった空蝉(うつせみ、セミの抜け殻)です。こうしたモチーフを選ばれるところに季節に敏感な豊かな感性を感じます。空蝉のカラカラとした質感と葉っぱのしなやかな質感の対比が、自然界にある生命の時間の流れを雄大に物語り、見応えのある一枚です。スキャンが失敗して葉っぱが欠けてしまい大変申し訳ありませんでした。

a0037907_21002179.jpg

SKさん。

 クレヨンでグイグイと大胆に、色合いもカラフルに夏のイメージで構成されています。果物と野菜の3つのモチーフがそれぞれの主張を強く持ちつつも仲良く過ごしているような雰囲気を感じます。モモの中心を少し奥の方へ描いたことで立体感が増してきました。また包んでいる白いネットをどう描くかで熱心に参加者に質問され探究心旺盛な姿勢に圧倒されました。


NKさん。

 背の高い赤い花を中心にして、紫の花が右へそれに対応するように大きめの葉っぱが左側へと配置され、バランスをうまくとられています。主役である赤い花がより目立つように、明度が低い紫の花を脇役として下の方に描いく演出も効いて、気持よく視線に入ってきます。


SAさん。

 言わずと知れたトウモロコシですが、種をぎっしりと丁寧に描くことで食料の穀物として存在感がグッと出てきているように思います。種を全部描くのではなく省略して描く方法もあるのですが、この場合は「ぎっしり感」がテーマとしてあり、それにぴったりの表現方法です。描く時に水彩画の得意な参加者に尋ねながら描かれました。

a0037907_21043798.jpg

これで、25回人物スケッチ会のご報告は終わります。

次回は8月14日午後1時~3時半です。お盆のさなかとなります。

お時間の許す範囲で、引き続きのご参加をよろしくお願いいたします。











by datian | 2016-07-17 21:07 | スケッチ絵画 | Comments(0)

師走だね 

師走ですね。 12月も半分が経過して

人の動きも車の動きも厳しいようです。


そしてスケッチはいつもの天神からです。


a0037907_19591463.jpg

a0037907_19592149.jpg

a0037907_19590800.jpg


本日の紙の切れはしです。
a0037907_19590432.jpg









by datian | 2015-12-15 20:41 | スケッチ絵画 | Comments(2)

第18回人物スケッチ会 報告その3


第18回人物スケッチ会 報告その3

今回のモチーフはニンジン、トウガラシ、ゆず、シクラメン、菊などです。(掲載は順不同です)


TAさん。

前回は体調をくずされて参加されませんでしたが、今回は回復され参加されました。ニンジンの色合いと質感がとてもみずみずしいです。ニンジンで少し透き通った感じのものを想像しました。葉っぱが欠けたのは私のスキャンミスで、申し訳ありません。

a0037907_20301870.jpg


Eさん。

 冬に咲く強い生命力を感じます。葉の緑と花の赤の対比に注目して描かれ強い印象をあたえ、そのことが生命力ともつながっているようです。輪郭線の太さと強さも一役かっているようです。

a0037907_20305668.jpg


SIさん。(初参加)

 中学卒業以来はじめて描くスケッチ、色鉛筆もひさしぶりながら、ゆずとニンジンの丸い形にそって大きく鉛筆を走らせています。ニンジンの葉っぱの付け根は少し濃くするなど細かいところも観察されています。このスケッチから、ご本人のおおらかでありながらも細やかな人柄を感じております。

a0037907_20313432.jpg


Pakuさん。

 これ以外にも2枚スケッチされ、その早描きがここでも発揮されました。1枚につき彩色までふくめて10分もかかっていないのではないでしょうか。とてもエキサイティングなスケッチスタイルにあこがれます。

a0037907_20320713.jpg


TAさん。

 花の傾きや咲いている方向、茎の曲がり具合や葉の広がり具合など細かいところまで観察されスケッチされています。ペットボトルにいけられた花ですが、リアルな描写で花がうごめいているような野性味のあるスケッチで印象深いです。

a0037907_20325562.jpg


MUさん。

 色合いがとても美しいスケッチです。唐辛子のなかにもいろいろな赤を発見されつつ黄色系もプラスされて複雑な色合いを表現されています。ゆずには反射光も描かれるなど、細かな観察もされて味わいのあるスケッチとなっています。

a0037907_20332329.jpg


YAさん。

 どかんと迫力のあるシクラメン。たっぷりとある葉が花をしっかりと支えて安定感を出されてきました。そのことで可憐な花の表情と言うでしょうか、リズムをとって軽やかに踊っているような動きを連想しました。

a0037907_20335350.jpg


さつきさん。

 ニンジンからトウガラシへの並んばせて描くレイアウトの楽しいスケッチです。それぞれに影を描き接地面が同じ面であることを正確に表現され安定感のあるスケッチとなっています。なんでもないようですが、これが意外と難しい。

a0037907_20341965.jpg


最後は私です。

 人物スケッチと同じ画材で描いてみました。なんだか不思議な生花になりました。

a0037907_20345620.jpg

いつもはこの後にもう1回人物をスケッチするのですが、今回は師走ということもあり本日はここで終了しました。次回は来年の1月17日第3日曜日です。引き続きのご参加よろしくお願いいたします。








by datian | 2015-12-10 20:58 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第17回人物スケッチ会報告 その3 静物


第17回人物スケッチ会報告 その3 静物

 人物の次は静物となります。赤かぶ、柿、キバナコスモス、ヘクソカズラの実、秋の落ち葉など、季節感あふれるモチーフが人気を呼びました。(掲載は順不同です)


TAさん。

 丁寧に緻密に描写されています。TAさんの人柄がこのスケッチから伝わってくるようです。一枚の落ち葉から秋の繊細な自然の風景が思い浮かんできました。

a0037907_20111093.jpg


TUさん。

 スキャンのミスでカラーがモノクロになってしまいました。きれいな赤かぶの色合いが水彩によって短時間にスケッチされていました。その立体感と質感はモノクロにしてもしっかりと伝わってくるしっかりした観察眼をお持ちだと思いました。

a0037907_20121333.jpg


Eさん。(初参加)

 初めて色鉛筆もつかわれて描かれました。3種類の花の違いを丁寧に観察し花びらの色合いも1色だけでなく複数の色で描写され、慎重に描き進められていました。その集中力はなかなかのものでした。

a0037907_20132960.jpg



MUさん。

 色合いの豊富さと美しさに皆さんから注目が集まった1枚です。普段よく目にする落ち葉ですが、じっくりと観察していくと豊富な色合いがあることに気付かされます。柿の葉に緑と赤系の色があると紅葉していく時間経過も想像できます。

a0037907_20135818.jpg


MAさん。

 秋のヘクソカズラとその実です。花に独特の匂いがあることでこうした名前をつけられていますが、花も実もとっても可愛いです。なんの偏見もなくじっくりと観察しスケッチされるところにMAさんの透明な視線と人柄を感じています。

a0037907_20142410.jpg


NAさん。

 いつもながらのバランスのよい構図が光っています。キバナコスモスとムラサキの花が右側にあり重量バランスがくずれるかと思いきや、赤いバラを4つを濃い目の色で低い位置に描くことでしっかりと支え安定させています。

a0037907_20145231.jpg


さつきさん。

 葉っぱ二枚と数珠の実、これらが大きく扇形を描く曲線的な流れで統一され大きさは大中小とリズムもよく、いつものように物語性を感じます。ゆっくりと冬の眠りに入っていくようです。


a0037907_20152141.jpg


そして私です。

 バラはバラと分かりますが、キバナコスモスが違う花に見えます。クレヨンで遊んだというか遊ばれたというか次回にリベンジです。

a0037907_20155533.jpg
今回はYAさんのスケッチをスキャンし忘れてしまいました。大変申しわけありませんでした。


明日は「スケッチはいつもの天神からです。」をアップし、その次の日に報告その4をアップします。





by datian | 2015-11-12 20:51 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第16回人物スケッチ会の報告 その3


第16回人物スケッチ会の報告 その3

人物スケッチのつづきは、静物となります。

(掲載は順不同です)


TUさん。

 さつまいもにサトイモ、どちらもお芋なのですが質感の違いがとてもよく分かります。秋たけなわ、食欲をそそる一枚です。

a0037907_20502825.jpg



TAさん。

秋の味覚、柿とさつまいもが机からの反射光も描かれリアルに表現されています。渋い色合いがTAさんの落ち着いた人柄も感じさせてくれます。

a0037907_20494113.jpg


YAさん。

コスモスが元気よくいろいろな方向へ話しかけているように見えてきます。明るい色合いが元気な生命力を象徴しているようで、躍動感あふれる一枚です。

a0037907_20513328.jpg


さつきさん。

1枚目にサトイモ、2枚目にヒマワリをスケッチしています。2枚をあわせてアップしています。サトイモの配置が微笑ましいです。このコロコロとした微笑ましさは毎回感じ、癒やされております。


a0037907_20520641.jpg

そして私です。

 絵の具と筆を忘れ色鉛筆でスケッチしたのですが、アレレの状況です。パソコンで少し色を濃くしたのですが、やはりダメですね。ミカンのようなリンゴのような、、、、。



a0037907_20524484.jpg

番外編

前回の人物スケッチ会から今回までの期間に、自由なモチーフで描かれたスケッチを2人の方が持参してくれました。あわせてアップします。


TKさん。

 前回のモチーフの栗を持ち帰り、自宅でスケッチされたそうです。

a0037907_20534991.jpg

同じく、TKさん。

 布地の切れはしを貼り付け、それをコピーしたものだそうです。色と形のクッキリ感にインパクトを感じます

a0037907_20545906.jpg

YAさん。

隣接する市にある公園を2点スケッチされました。この風景を知っている参加者さんから「あっあそこでしょう」と声が上っていました。

a0037907_20552627.jpg


同じくYAさんがスケッチした公園です。

a0037907_20555398.jpg

人物スケッチ会に、自由なモチーフで描かれたスケッチを持ち寄って互いに刺激を与え合うのもいいですね。ドンドンスケッチをお持ち寄り下さい。


次回は「スケッチはいつもの天神から」をアップ、人物スケッチ会の報告はその次にします。






by datian | 2015-10-08 20:56 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第15回人物スケッチ会 静物


 第15回人物スケッチ会報告
静物
(掲載は順不同です)


MUさん。

 画面ではわかりにくいのですが、洋ナシの色合いがとてもきれいです。他方で栗の色合いは渋いのですが、両方の色合いのバランスがうまくとられていて、秋を感じさせるスケッチとなりました。

a0037907_20072747.jpg


Nちゃん。

 この栗は山に生えている野生の栗で、農家が育てた店頭に並ぶ栗と比べてとても小さいです。葉っぱと比べてもその小ささがよく分かります。そんなところをNちゃんが丁寧にスケッチしています。栗のテカリ、トゲトゲ、葉っぱなどの描写がしっかりしているので小さな栗の輝きがいっそう光っています。

a0037907_20080190.jpg

TAさん。

 トルコキキョウを上から見た大胆な構図で迫ってこられました。参加者皆さんからは「花のシベに向かっていく立体感がすごい」と声が上がりました。シベの美しさもまた格別でした。どこをどの角度からスケッチすればその花の美しさや感じたところを出せるのか、そうした工夫の必要を教えてくださるスケッチでした。


a0037907_20192840.jpg


TUさん。

 ムラサキに近い青色の花が咲くフジ。そのフジの豆です。風の強さで豆の重さに枝が耐え切れずに落ちたようです。そのため葉っぱが枯れ始め豆にも茶色が広がりつつあります。その様子が丹念にスケッチされていてフジの花の変化がイキイキと想像できます。独特の構図がそうした自然の変化に富むダイナミックなドラマを物語っているようです。


a0037907_20200113.jpg

TAさん。

 鮮やかな色合いが目に飛び込んでくる洋ナシです。黄橙から赤へと不規則に変化していくグラデーション、手前には白を乗せてテカリをあらわし、下の方に影もプラスされています。こうした細かな観察が洋ナシの少し細長くて凸凹した立体感にマッチして存在感のあるスケッチに仕上がっているようです。

a0037907_20204955.jpg


YAさん。

 いつもながらの大胆なスケッチに感心します。描き方を見ていると、バックから描いてらっしゃるようです。それは、描く前に出来上がりのイメージを持ち、それを実現していくために描き進めていくということだと思います。この進め方を私も行いたいのですが、途中からドンドン違うイメージへと流れていきます。それもありですが、いつかものに出来ればと欲張っております。皆さんからは茎の描き方に賞賛の声が上っていました。

a0037907_20213336.jpg


さつきさん。

 栗などの木の実の配置と構図が、ほのぼのとしています。山の中で「これとこれとこの実が落ちていましたよ」と語っているようです。そうした物語性を感じさせてくれ、三種類の木の実から山の秋が想像されます。スケッチから伝わってくるものに心が癒やされます。

a0037907_20222067.jpg

そして私です。

 いつもより私にしては大きめの紙にして、大胆に行こうとしたのですが、またもや途中で終わってしまいました。次回も大きめの紙に挑戦したいです。



a0037907_20225735.jpg

これで、第15回人物スケッチ会の報告は終わりです。
次回の第16回人物スケッチ会は
10月4日(日曜日)午後1時〜4時
さざんぴあ博多 第2会議室(A)です。
※毎月第2日曜日が定例ですが、10月は第1日曜日となります。
お間違いのないよう、ご参加よろしくお願いいたします。





by datian | 2015-09-17 20:34 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第14回人物スケッチ会 その3 静物

 次の静物は花はケイトソウ、野菜ではトウモロコシ、ショウガ、枝豆、ミニトマトでした。(掲載は順不同です)


TAさん。
 はじめは、ケイトソウをリアルにスケッチされていました。ケイトソウだけでもかなり見応えがあったのですが、TAさんは「バックをどうしたらいいかな?」とアドバイスを求められました。みなさんから「それならYAさんが得意だから」と答えがかえり、さっそくYAさんに「バックを描いてほしい」と手ほどきを受けにいきました。YAさんはササッとバックを塗っていきます。その大胆さにみなさんから「オオッー」と感嘆の声が上がり、TAさんご本人も「考えもつかなかったバックで最高!」と大満足でした。TAさんとYAさんの合作で、「みんなが先生」という趣旨が生かされた一場面でもありました。

a0037907_21442445.jpg



TNさん。
 リアルさと質感に皆さんから感心の声があがりました。ご本人から「紙がよかったから」と説明されました。確かに厚手で目が荒いため、画材であるクーピーペンシルの色材をしっかりと受け止めるようです。しかしそれよりもTNさんのしっかりした観察眼と丁寧に描いていく姿勢がこのリアル感を生み出しているようです。
a0037907_09472939.jpg


TUさん。
 難易度の高いトウモロコシに果敢に挑戦されました。ツブツブの一つ一つの違いを描き分けつつ、これだけでもすごいのですが、包んでいる葉やヒゲなどもの描写の質感も説得力があり、見応えのある一枚です。かなり画力をパワーアップされてきています。
a0037907_10004254.jpg


YAさん。
 実物のケイトソウを見ていると私は「賑やかで自由奔放な生命力」を感じます。そのイメージがYAさんのこのスケッチに再現されているようで、びっくりしまた。大胆な筆さばきと水彩の醍醐味を感じさせてくださる一枚です。
a0037907_10092135.jpg


さつきさん。
 参加者さんから、「枝豆がきっちり入っている。プリプリ感がいいですね。可愛い。」という声があがりました。ご本人もゆっくり落ち着いて描けた1枚ということで喜ばれていました。ミニトマトと枝豆の配置の感覚、そして構図が独特で、とてもユーモラスに感じました。
a0037907_10244576.jpg

そして最後は私です。
 なんじゃこれっ! じつはショウガなのですがここで時間切れでした。そのまえに「途中のどの段階でスケッチが終わってもそれなりに見れるように全体的に描き進めるのがいいようです」とお話したばかりなのに、世の中うまくいきませんね。お粗末。
a0037907_10304451.jpg

明日は「いつもの天神からです。」をアップし、明後日
「第14回人物スケッチ会 その4」をアップいたします。





by datian | 2015-08-13 21:35 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第12回人物スケッチ会 静物です。

 静物では、ヒマワリと名前を知らない花とユリ、そしてニンジンとピーマンをスケッチしました。コメントは時間の関係で短くいたしました。(掲載は順不同です)


TUさん。

 植物にリズムを感じます。

a0037907_21124271.jpg

MKさん。

 ダイナミックな野菜に拍手。

a0037907_21134316.jpg

YAさん。

 この迫力、描くことを楽しんでおられます。

a0037907_21142633.jpg

MAさん。

 ピーマンのテカリに注目した独創性あふれる1枚。

a0037907_21145978.jpg

TAさん。

 自信にあふれたユリの咲きっぷりが見事。

a0037907_21153724.jpg

TAさん。

 人柄を感じるソフトなタッチで、リアルな仕上がり。私のスキャナー操作ミスでスケッチが欠けてます。ご容赦ください。

a0037907_21160262.jpg

SAさん。

 明るい、実に明るい、花が太陽に向かってまっしぐらです。

a0037907_21164461.jpg

MUさん。(初参加)

 渋い色合いでド~ンと迫ってきます。

a0037907_21171797.jpg

OBさん。

 ヒマワリの強い生命力をたっぷりの絵の具でスケッチ。

a0037907_21173896.jpg

これは人物スケッチ展での似顔絵の最終回分です。たくさん描かせて頂きました。

a0037907_21183085.jpg




PTDC0103.jpg


by datian | 2015-06-24 21:18 | スケッチ絵画 | Comments(2)

最後は静物です。

最後は静物で何種かの花と柑橘系果物にナスビとスナップエンドウなどです。みなさんかなり熱心にスケッチされ、「やっぱり良い子のお絵かき帳の紙では限界があるかも」「グレーの色は何と何を混ぜれば、えっ黒と白じゃないんだぁ」等等、研究心あふれる会話が続きました。時間の関係でコメントは短めです。(スケッチは順不同です)

YAさん。
水彩してます。スナップエンドウが美味しそう。
a0037907_213084.jpg



SAさん。
花の配置などのバランス感覚がすごい、画面構成がお見事。
a0037907_2132688.jpg



TAさん。
柑橘系の皮のゴボゴボ質感がリアル。ほんとこんな感じでした。
a0037907_2144965.jpg



OBさん。
行儀よく並んだスナップエンドウと先頭にたつ柑橘君の様子が微笑ましい。
a0037907_2155144.jpg



MAさん。
少ししなびたところに焦点を当てたナスビ。ユニークな着目点でナスビの変化していく生命感を感じます。
a0037907_216491.jpg



TUさん。
ナスビのテカリ具合と色合いから立体感までぎっしりつまった見事な一枚。
a0037907_21714100.jpg



TNさん。
スラっと伸びた花に可憐さを感じます。少し前に曲がった花がいっそう可憐さを引き立てます。
a0037907_2174119.jpg



最後は私です。
もう少していねいに描かないといけないですね。でも帰宅してからこの柑橘を食べてしまった。
a0037907_218477.jpg


これで第11回のレポートはおしまいです。
さてさて、いまは6月の人物スケッチ展に向けて準備中です。
by datian | 2015-05-14 21:09 | スケッチ絵画 | Comments(2)

第10回人物スケッチ会 その3 静物

つづいて静物です。この日はカーネーション、カスミソウ、アスパラガス、新玉ネギ、ワラビと多彩な題材がそろいました。コメントは時間の関係で短くいきます。例によって順不同で私のだけがビリッケツです。お名前が分からない作品もありますので、失礼ながら作者名を記載せずにアップいたします。また手ブレピンぼけの写真も多くいつもながら申し訳ないです。

水彩の透明感と野菜のみずみずしさの共鳴。
a0037907_20433795.jpg



色合いが食欲をそそります。
a0037907_2044665.jpg



玉ねぎとアスパラガスの質感の違いを描きわけた努力に拍手。
a0037907_2046577.jpg



ワラビのクルクル感が見事で生きているようです。
a0037907_2047289.jpg



大胆な構図から生み出される躍動感は注目です。
a0037907_20475890.jpg



細かな観察力と描写力に皆さんから驚きの声があがりました。(だぶん初参加のTAさん)
a0037907_20492382.jpg



カーネーションとカスミソウが踊っているような楽しさがあるスケッチにニンマリです。
a0037907_20495523.jpg



細かな描写が生きて、落ち着いた静かな雰囲気がただよいます。
a0037907_20502565.jpg



カーネーションに焦点をあてて大きくスケッチされる潔さが気持ち良いです。
a0037907_2158586.jpg



クラフトの紙の色を含め白と黒の3色で迫った斬新さが目を奪います。
a0037907_20505168.jpg



カスミソウはクレヨンの白でバックは水彩の青でなんとかごまかしました。(私)
a0037907_20511488.jpg

by datian | 2015-04-16 22:06 | スケッチ絵画 | Comments(0)