タグ:銀塩 ( 8 ) タグの人気記事

2ヶ月ぶりのフルサイズ その2

1月10日のオフ会(筥崎宮と花庭園)で撮った銀塩フルサイズの続きです。しかし2ヶ月は時間がたちすぎている。でも写真は撮ったときから数年以上たって振り返ったときに記録としての価値が出てくるのでは、そう考えると写真のサイクルはもっとゆっくりでもいいのではないかと思えてくる。撮ってすぐ結果を確認する、撮る前から結果が分かる、そんなに急いで何を撮る、たまに自分に問いかけてみたくなる。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7+ネオパン100)

a0037907_22484028.jpg


a0037907_22485897.jpg


a0037907_22502930.jpg

すこしは昭和のイメージから現代にきているだろうか。
by datian | 2009-03-14 22:53 | 路上観察 | Comments(4)

2ヶ月ぶりのフルサイズ

1月10日のオフ会(筥崎宮と花庭園)で撮った銀塩フルサイズの現像ができたのでアップします。しかし残ったフィルムを撮りきるのに2ヶ月もかかってしまいました。いざ銀塩で撮るとなると何を撮っていいのか分からなくなります。デジイチとは違った見方をする必要がありそうです。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7+ネオパン100)

a0037907_226339.jpg

a0037907_2254213.jpg

a0037907_2255970.jpg

by datian | 2009-03-10 22:07 | 路上観察 | Comments(6)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年も写真とスケッチの両方を楽しみたいと思っています。よろしくお願いいたします。

今年はじっくりと考えることも必要かと思っています。(去年年末にカフェでスケッチ、6B鉛筆使用)
a0037907_18123090.jpg


写真も、もちろんフルサイズもいきます。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7+ネオパン100)
a0037907_18132178.jpg


ほんとうは新年用の絵を描いていたのですが、見事に失敗してアップできませんでした。今年もずっこけることも多いと思いますがよろしくです。
by datian | 2009-01-01 18:17 | スケッチ絵画 | Comments(8)

フルサイズ(銀塩)でご近所など

柳川オフ会の残りフィルムを消化しようとしてご近所を撮ったものである。それなりに近代的なものを撮ったつもりだが、やはり昭和30年代になってしまう。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7+ネオパン100)

1ご近所
a0037907_21103378.jpg

2ご近所
a0037907_2111628.jpg

3ご近所 心霊写真です。うそです。ここらへんでフィルムがひっかかり巻き戻しができず力を入れたら、フィルムが切れてしまった。銀塩ならではのなつかしい失敗でもあった。やっぱり昭和30年代だな。
a0037907_21143565.jpg

4これだけ柳川です。 
a0037907_21231969.jpg

今年もあと1日ですね。
by datian | 2008-12-30 21:25 | 番外編 | Comments(7)

柳川オフ会 フルサイズで再び

評判が良かったので調子にのって、というか今はこれしかないのです。わざと古っぽい感じで撮っているのではなく、なぜかこの写りになります。うまい人のフィルム写真は階調もコントラストも色合いももっともっと豊富で素晴らしい写りをしています。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7+ネオパン100)

1 柳川を歩きはじめて最初の方で撮った一枚。不思議な空間でした。
a0037907_20252962.jpg

2 並倉 映画やドラマの撮影につかわれるスポットだそうです。おもては今もお味噌が作られています。お味噌を買ってくるのを忘れてしまいました。
a0037907_20312599.jpg

3 そしておなじみ川下り
a0037907_2032631.jpg

今日は丸一日、部屋の片付けをしておりました。配置替えや収納ボックスなども購入して四苦八苦いたしましたが、とはいえ私は相方の指示に従って動いていたのですが、きれいに片付きました。以前より機能的になったので互いに多いに満足しております。
by datian | 2008-12-28 20:40 | 番外編 | Comments(10)

柳川オフ会 フルサイズで迫る川下り

フルサイズといっても例のフィルム35ミリのことである。カメラからフィルムを巻き戻すときに引っかかり、カメラごと現像にだしていた。切れフィルムということもあって現像に11日間かかってしまった。
明るいところから暗いところまでの階調のつながりが自然で安心感があり魅力を感じる。このアップした画像も複雑なレタッチはしていないが、レタッチそのものの量は多いのだがレタッチ耐性はかなりある。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7)

a0037907_20511992.jpg

a0037907_20513490.jpg


今日で会社に来るお弁当屋さんは仕事納めだった。ところが会社の御用納めは29日、まだ年末年始の休みはやってこない。
by datian | 2008-12-26 20:56 | 番外編 | Comments(11)

フルサイズ(銀塩)突入 第2弾

題はとても大げさ、前回の続き。前回はフィルムを撮影するコンデジのCaplio GX100の感度を200だったので、今回は60の低感度にした。(コニカオートリフレックスACOM-1+HEXANON AR 50/1.7)

a0037907_22122387.jpg


a0037907_22124579.jpg


a0037907_221317.jpg


デジカメの進歩とその機能は素晴らしいし、否定するつもりはないのだが、やはり落とし穴もあるように思う。私の場合デジカメではフィルム代や枚数を気にすること無く思いつくまま感じるままにガンガン撮っていく。ちょっとでも気になったものや、とりあえず、なんとなく、気になるからとガンガンいく。それが悪いとは思わない。だが、たとえが悪いのだが、毎日好きな食べ物を食費も気にせずバクバク食べ続けて、ある日お腹をこわして、数日絶食したあと、おかゆと梅干しを食べてその美味しさにびっくりしたみたいな。ああやっぱりたとえが悪いか、でもそんな感じなのだ。デジタルの素晴らしさも実感しつつ、その落とし穴を教えてくれ警告しているように思えてならない。
by datian | 2008-11-29 22:29 | Comments(6)

datian ついにフルサイズ突入!!

元祖35ミリ一眼レフ銀塩カメラにモノクロフィルムを入れて撮ってみた。以前にオークションで購入したコニカのHEXANON ARレンズにボディがついてきたのを思い出してフィルムを入れたのである。たしか3,000円ほどだったように思う。ファインダーはゴミがいっぱいついているし、露出計の電池もないので写るかどうかわからなかった。シャッターのショックは相当なもので、ガァッシャ〜ンと重機機のような音がする。今日現像が出来たのでとりにいったが、半分は写っていないと思っていたら、なんとみんな写っていた。現在の最新式フルサイズデジタル一眼レフの1/100以下の価格で実現した正真正銘の35ミリフルサイズである。24枚を撮るのに2日間、現像に1週間かかった。スキャナがないのでコンデジのCaplio GX100でマクロ撮影している。フィルムも反り返っているので、じっさいはもっと写りはよいかもしれない。うん十年ぶりのフィルム撮影だった。(コニカ一眼レフカメラ名前を忘れた+HEXANON AR 50/1.7)

a0037907_22185348.jpg


a0037907_22191275.jpg


a0037907_2219288.jpg


現在のデジタル一眼レフは相当の進化をしていて、それはそれですばらしいと思った。だが不便この上ない今回のフィルムカメラから、「もっとね、あせらなくていいから、ガツガツしないで、ゆっくりといきなよ」とやさしく言い聞かされているようだった。
by datian | 2008-11-27 22:31 | 路上観察 | Comments(16)