タグ:スケッチ ( 1677 ) タグの人気記事

新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その6

それでは「黄金糖VSダイヤ物語」その6 スタートです。

【少し間隔があきましたので前回までのストーリーです】
 遭難したマルちゃんとカクタさんの前に現れた宇宙人から黄金糖とダイヤを選ぶように指示さました。黄金糖はマルちゃん、ダイヤはカクタさんがが選んだのですが、二人の間には不信が広がっていきました。

 カクタさんはこのまま一緒に遭難の旅をつづければマルちゃんにダイヤを取られるかもしれないと考え、マルちゃんも同じようにカクタさんに黄金糖を食べられるかもしれないと疑いはじめました。しばらく沈黙がつづいたのですが、二人から同時に「分かれて別々に旅を続けよう」と提案したので互いに驚きました。カクタさんは「別々に動いた方が範囲も二倍になって助かる可能性が多くなるかもしれない」という理屈で別れの言葉に味付けをしました。大人になるとこうした理屈を話の尾ひれにペタペタつけたくなるのです。
 いざ別れる時になるとカクタさんはさすがにマルちゃんの子供一人旅はと心配になりましたが、ダイヤの魅力には勝てません。カクタさんは自分の心配の気持ちに区切りをつけるために最後の別れで抱き合ったときにそっと一個だけダイヤをマルちゃんのポケットにしのばせました。こうして二人は別々の旅を続けていくことになったのです。気づけば宇宙人の姿はもう見えなくなっていました。

 別々になって二人の遭難の旅は続き、カクタさんの食料はそろそろ少なくなってきました。心細く歩いていると前のほうに自動販売機がおかれコンビニがいっぱい建っているのが見えるではありませんか。カクタさんは急いで走って行くと、なんと自動販売機はみんなこわれているしコンビニはみなつぶれて閉店しています。
 しかしカクタさんはあきらめることがきません。試しにお金を入れるところにダイヤを一つ入れてみましたが、ポロンと返却口からもどってくるだけでなのです。十台以上ためしたのですが、やはりポロンとダイヤが吐き出されてしまいます。
 しばらく歩くときれいな壊れていないような自動販売機を見つけました。それはダイヤをお金に換金する自動販売機です。こんな自動販売機があるとは信じられませんでしたが、とにかく一つだけダイヤを入れてみました。なんとお札がたくさん返却口から出てくるではありませんか。それを受け取ってさっそく別の食品関係の自動販売機でためしました。しかし壊れている自動販売機からは、やっぱりお札が返却口からもどってくるだけでした。

 マルちゃんの方も手持ちの食料が少なってきましたが、そこは黄金糖があります。口のなかに黄金糖を一粒いれてなめると、甘い甘い美味しい味が広がって体中に元気が広がっていきます。でも問題がありました。だんだん喉がかわくのでペットボトルの水が不足してきたのです。のどのかわきはどんどんひどくなっていきす。
 しばらく歩いていると、自動販売機がたくさんある不思議な原っぱにたどりつきました。それも飲料水がたくさん入った自動販売機です。自動販売機にはお金をいれないとペットボトルが出てこないのは知っていました。しかしお金などありあせん。ノドがかわいてしかたがありませんので、マルちゃんはお金の代わりに自分が一番大切にしている黄金糖をいれてみることにしました。
 「この甘い美味しさに君はきっとペットボトルをさしだすよ」と心のなかで祈って一粒を入れました。しかし返却口から黄金糖がポロンと吐き出されてくるだけでした。
 トボトボ歩きつづけるとカクタさんが試したのと同じような換金する自動販売機がありました。さっそくまた黄金糖をを入れたのですが返却口から黄金糖がもどってくるだけでした。マルちゃんは二度もガックシしたのです。

a0037907_21305668.jpg

by datian | 2010-01-16 21:38 | Comments(8)

今年はじめての天神のスケッチから

 先立っての日曜日にひさしぶりに天神に出て人物スケッチをしました。電車の中や公園や商業施設などでスケッチしていたのですが、さすがに寒くなってきました。カフェに移動してスケッチをつづけようとしたのですが満員であきらめ、ふたたび商業施設の休憩エリアでスケッチをさせて頂きました。
 失敗が多くアップできるのは少ないのですが、三〇人ほどスケッチできました。やはり人物スケッチは楽しくエキサイトです。暖かくなったら一日中人物スケッチ三昧で一〇〇人を目指して描きたいです。ある絵画教室では三日ほどカンヅメで人物クロッキーを一〇〇人描くそうです。そうするとはじめの線と一〇〇人目の線では確実に変化があらわれるそうです。
 この絵画教室に行くことはかないませんが、一〇〇人を描くことにはとてもあこがれます。一日に一〇〇人をめざしてスケッチにスケッチしまくって様々な人物を観察していく。とにかく枚数です、物量です、描きに描きまくるのです、遠慮することなく、恥じ入ることなく、スケッチは上品なことではなくエキサイティングなのです。


スケッチの途中で何度か目が合いました。どのような人生を歩んでこられ、また歩もうとされているのか分かるよしもないのですが、そう思わずにいられません。
a0037907_21432869.jpg



かっぷくがよいのですが、いばった感じを受けない人物でした。
a0037907_21483015.jpg


今回「黄金糖VSダイヤ物語」のさし絵が間に合わずに、スケッチをアップいたしました。次回も間に合うかどうかわかりません。さし絵ができしだい連載いたしますのでご容赦を。
by datian | 2010-01-13 21:54 | スケッチ絵画 | Comments(4)

新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その5

それでは「黄金糖VSダイヤ物語」その5 スタートです。


 ジャンケンは3回戦で2回勝った方が優勝ということにしてはじめました。1回目は大人のカクタさんが勝ち「あと一回勝てばダイヤは、、、わたしの物だ」とニンマリしました。負けた子供のマルちゃんは口をへの字にまげてくやしい表情です。2回戦ではマルちゃんが勝ちカクタさんが負けて、3回戦の最後の勝負になりました。これで勝った方が好きな物を選ぶことができるのです。
 「どっちが勝っても負けても~恨みっこな~し」と互いに掛け声を出して、グーチョキパー、グーチョキパー、、、マルちゃんは小さな握りこぶしのグーを出しました。カクタさんはパーの手のひらを出して勝ちました。それは小さなグーを大きなパーが包むように見えました。a0037907_2138597.jpg

 カクタさんはこれで大金持ちになれると笑いが止まりません。マルちゃんは伝説の黄金糖を食べることができないとワンワン泣き出しました。カクタさんはマルちゃんが少しかわいそうになりましたが、ここはグッとこらえてダイヤを取る決心を固めました。「それじゃ、いいか選ぶよ」と手を少しうごかすと、マルちゃんの泣き声はもっと大きくなっていきました。手の動きを止めると泣き声はやみます。ちょっと間をおいて動かすとまた泣き出します。カクタさんはマルちゃんがそうとうに欲しがっていると思ったのですが、ここは大金持ちになるかどうかの分かれ道です、思いっきって腕をのばしてダイヤをつかみました。

 ダイヤを取られたマルちゃんの泣き声はきっと大きくなって耳をふさいでも聞こえてくるだろうと思っていたのですが、なんとマルちゃんはピタっと泣き止みました。
 どうしたことでしょう笑い声が聞こえてきます。マルちゃんは黄金糖をしっかりとにぎりしめているではないですか。「カクタおじさんはダイヤでいいの、ぼくが黄金糖をみんなもらうけど、いいの」と真顔で聞いてきいます。
 カクタさんはびっくりして「マルちゃんこそ黄金糖でいいのかい、ダイヤがあれば黄金糖はいくらでも買えるじゃないか」と言いましたが、マルちゃんは黄金糖からはなれそうもありません。マルちゃんは「ダイヤはなめても甘くないし、黄金糖はもう売っていないよ」と言ってニコニコしています。
 カクタさんはビックリしながらも「これはマルちゃんが私を安心させてダイヤを取る計画にちがいない」と疑いました。マルちゃんは「伝説の黄金糖をダイヤで買えるなんてウソをいってぼくから取り上げようとしている」と信じませんでした。

 ここでちょっと黄金糖について話しておかなければいけませんね。現在と違ってこの未来社会では黄金糖はもう売られていないのです。虫歯予防の大運動が起こり飴玉の大様的存在だった黄金糖は製造することも販売することも禁止されているのです。黄金糖の製造販売中止が決まった時は世界中の子供たちが大声で泣き、その泣き声は月に移住している人にも聞こえ、数日つづいた雨は子供たちの涙がまじって塩っぱかったと言われています。
 もちろん人に見つからないようにこっそりと製造され密売されていたのですが、少量でしかなく、黄金糖は伝説の飴玉となったのです。これについても一冊の絵本ができるぐらいの話があるのですが、、、またいつかの機会にしましょう。こういう状況だったのでマルちゃんが黄金糖をほしがるのも理解できるのです。しかしさすがダイヤと比べれば価値は低いとカクタさんは考えたのです。
a0037907_21434927.jpg


つづく 次回をお楽しみ。

次回のさし絵がまにあわなったときは、いつものスケッチか写真をアップするかもしれませんが、ご容赦くださいませ。
by datian | 2010-01-11 21:52 | スケッチ絵画 | Comments(4)

新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その4

 物語を続ける前に、読者の魔女メグさんより、コメントで「おじさんと子供に何とか名前をつけてあげてくださいな~」というご提案を頂きました。さっそく子供の名前をマルちゃん、大人の名前をカクタさんにしました。読者参加型絵本的物語のようになってきてうれしくなってまいりました。

それでは、さっそく「黄金糖VSダイヤ物語」その4のスタートです。


 ちょっとここで宇宙人とは突飛のような印象ですが、そこは空想科学物語です。宇宙人の一人や二人は出てくるのが当然、いや出てこない方がおかしいのです。そしてこの時代になると宇宙人は珍しくないのです。この宇宙人は凶暴ではなく、地球征服のための宇宙戦争などはまったくおこなわず、ただ地球人を眺めて地球全体を保護観察地域のようにしています。

 はじめのうちは地球側の軍隊が攻撃したのですが、撃つ弾や砲弾、飛ばすミサイル、そうした兵器がことごとく無力になってしまいまったく歯がたちません。この辺はいつものSFとおなじなのですが、違うのは死者が出ないのです。
 宇宙人からは古い言い方ですが特殊光線が発射されます。これをあびた人間は生まれた時から現在までの人生を何度も頭のなかで再現され、どこで人生につまずいたかが分かるようになっております。一度で分からない人には分かるまで特徴的なところを何度でも脳内再生されます。それで人生を振り返って深く考え、こんな宇宙戦争をしている場合ではない、人生をやり直そうとなるわけです。
 しかし「特殊光線」とは昭和の古い空想科学読本の世界ですね。いまならレーザー光線や波動砲などでしょうか、これも古いかもしれませんが、破壊力だけが大きくなる未来兵器は殺伐として面白くありません。「特殊光線」、なんてよい響きの夢のある名称なんでしょう。
 そして宇宙人は「地球人はウソつき、宇宙人はウソつかない」とどこかで聞いたようなセリフを言う人気者でもありました。、、また話がそれましたね。

 その宇宙人がいたわけですが、宇宙人は二人に光る品物を2種類見せました。
 一つはキラキラと輝くそれはそれは美しいダイヤモンドが20個です。
 もう一つは同じようにキラキラと輝くのですが、黄金糖という飴玉が30個ほどです。
 本当の物語はここからなのです。

 宇宙人は二人をまえに、「ダイヤと黄金糖の好きな方を一種類だけ選んで、これからの旅を続けるように」と伝えました。二人は他にする事もないので従うことにしましたが、どちらがどれを取るか決めかねておりました。
 大人のカクタさんはもちろんダイヤが欲しいと思いました。子供のマルちゃんは黄金糖が欲しいと思いました。二人の信頼関係はそれぞれにめばえた欲望で、少しずつ壊れはじめました。
 カクタさんはマルちゃんもダイヤの価値を分かっているだろうから狙っているにちがいないと考え、どうにかして自分がダイヤモンドを手にできないかたくらんでおりました。マルちゃんはカクタさんもこんなに甘い伝説の黄金糖を欲しがるだろうと思い、なんとか自分に黄金糖がまわってこないか幼稚園と小学校で習っている知恵を総動員していました。
 相手を助けるという信頼関係は、相手をごまかすという不信の関係へとどんどん変わりはじめました。
 しかし二人ともいい方法というか計画のようなものは浮かばず、しかたなく古典的なジャンケンで決めることにし、勝った方が先に欲しいものを取るようにしたのです。


a0037907_2263375.jpg


つづく 次回をお楽しみに
by datian | 2010-01-09 22:15 | スケッチ絵画 | Comments(4)

新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その3

それでは、新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その3のスタートです。


 子供が転び手にケガをしたので、大人はハンカチを包帯代わりにして手当をしました。泣きべそをかいていた子供の顔に笑顔がもどってきました。
 大人が遭難の旅で落ち込んでいるときには子供が幼稚園で習った「チューリップが咲いた」を歌うお遊戯をしました。子供はこれをするとどんな大人も喜んで元気になると思っていたのです。
 子供は大人が4つの心を持っていることを知っています。
1つめは普通の心で、このときは何もしなくていいのです。
2つめは怒る心、子供はただただ怖がっているだけでした。
3つめは笑う心、子供もなんだか分からないのですが楽しくなってきます。
4つめは大人の悲しい心、子供はこれが一番きらいで、はじめのころは子供は大きな声で泣いているだけでした。ある日、子供が「チューリップが咲いた」を練習しているところに、悲しい大人が入ってきてしばらくするとニッコリした表情の大人に変わっていたのに気付きました。それからは悲しい大人には「チューリップ」を歌いました。毎回うまくいくとは限らないのですが、子供にはこの方法しかなかったのです。

 「さいた♪ さいた♪ チューリップのはなが~♪」と子供は歌いつづけました。大人が少しニコッとしたように思えました。子供はもっと元気よく歌いました。大人の悲しい顔は少しずつ笑顔になっていくのが分かりました。風車のうなり声しか聞こえない平原に、やがて子供と大人の「さいた♪ さいた♪ チューリップのはなが~♪」の歌声が清らかに流れました。
 長い遭難の中でこうした助け合いやちょっとした気づかいをとおして二人の間に信頼関係が生まれてきました。

 数日さまよっているある日、人影のようなものを子供が見つけました。「おーい、おーい、そこにいる人は捜索隊ですか」と叫びながら二人は必死で走っていきました。ハァーハァー息をきらせてやっと人影に追い付いてみると、人ではなくなんと宇宙人ではありませんか。ここの宇宙人は人を攻撃しませんが、助けるということもほとんどしません。二人はがっかりしました。


a0037907_2115879.jpg


つづく、次回をお楽しみに。
by datian | 2010-01-07 21:07 | スケッチ絵画 | Comments(6)

新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その2

それでは、新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その2スタートです。


 さて、その二人は事故で怪我をすることもなく元気だったのですが、ほうり出されたところは本人たちにはさっぱり分かりませんでした。捜索隊も気付きようのないところなのです。

 この時代は2012年のマヤの予言も外れ、地球温暖化もおこらず、無くなるといわれた石油もたっぷりとあることが分かっている世界です。遠い未来の温暖化よりも次々におこる大地震の被害の方が多かったのです。温暖化対策でたてた風車の数が多すぎ、地球の自転に狂いが生じ始めたそんな時代でもあります。
 読者の方は、「地球温暖化は確実におこるし、おかしいのでは」と思うかもしれません。でもこれは空想科学物語、そのへんはあくまで空想なのです。何十年か、何百年か、何千年か先のことは予想が外れることもありうるのです。
 言われていた温暖化現象より人間の経済世界の方が波乱万丈ガチャガチャメチャクチャな世界、そんなところに遭難している二人なのです。
 二人のうち一人は子供、もう一人は30代の大人です。

 わずかな食糧と水を持ち、あとでもなく人影をもとめてさまよっています。朽ち果てた大型風車が過去の遺跡のように建っている、そんな平原にでました。なかにはまだ回っているものもありますが、送電線はなくむなしい重たい回転音だけが超低音でうめきのように響いています。

a0037907_20511169.jpg


つづく
by datian | 2010-01-05 20:55 | Comments(10)

新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その1

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 年末年始にかけて私は録画していた映画やドラマを見てハラハラドキドキし、音楽はクラッシクからジャズなどたっぷりと浸かりました。そしてこの物語のストーリーを考えチョコチョコとさし絵を描いておりました。外に出ることもなく家ごもりでゆったりと過ごしました。ということで新年のご挨拶も遅れておりましたが、あらためてまして明けましておめでとうございます。

それではさっそく、新春特別企画 絵本的空想科学物語「黄金糖VSダイヤ物語」その1をアップいたします。一日おきに連載したいのですが、本人がいたってのん気で気まぐれなので連載が遅れたり、別のスケッチや写真をアップするときもあるとおもいますが、よろしくお願いいたします。

その1 スタート

 これからお話することは、昔もあったようですが現在そして近未来でも起こったことなのです。ただあまりにありふれたことでもあり、マスコミに取り上げられる事もないため埋もれていました。
 今回はじめてブログ史上に登場する物語でもあります。

 時は近未来以上、場所は地球の荒涼としたある地域としておきましょう。登場人物は多いと話が複雑になるしギャラも大変なので約2名ほどにしました。実際はオーディションで2人しか応募がなかったのですが、ではさっそくはじめましょう。

 150人乗りの飛行機のような飛行船のような乗り物が悪天候のために墜落してしまったのです。最新安全システムによって事故のわりに死者は出ずけが人はわずかだったのですが、人々が広範囲にほうり出されたため救助は難航しました。
 時間とともにほとんどの人が救助されたのですが、どうしても二人の行方がわかりません。やがて捜索人員は縮小し小規模な捜索は続行されましたが、見つかる希望は少なくなっていました。二人の家族や関係する人々の心配は並大抵のものではありません。


a0037907_184353.jpg


つづく(即座につづくになってしまいました)
by datian | 2010-01-03 18:10 | Comments(12)

今年もありがとうございました。よいお年を。

 今年もみなさまから多くのコメントをいただきありがとうございました。
 来年はどのような年になるのでしょうか。
 個人的にはスケッチ、写真が少しでもスキルアップできればと考えています。

 スケッチはお昼休みの同僚からです。一年間お世話になった同僚モデル全員をアップしたかったのですが、画力不足でそろえることができませんでした。来年も同僚たちのスケッチをつづけたいと思っています。
 年末年始の天気は強い冬型の気圧配置のようで残念ですが、よいお年をお迎えください。


1 
a0037907_1547865.jpg



2 
a0037907_15472712.jpg

by datian | 2009-12-30 15:49 | スケッチ絵画 | Comments(36)

季節はずれのスケッチ

 今日は自宅の自分の机の上を片付けたのですが、こういうのが私は苦手でヘタクソですが、なんとか終了しました。スケッチは秋の色合いを出そうとしたのですが、出来上がらずにギブアップしてしまったものです。時季はずれですがとにかくアップです。

1 
a0037907_2054077.jpg



2 
a0037907_20542474.jpg



3 蛇足でテレビスケッチ
a0037907_2055083.jpg



4 同じく
a0037907_20552286.jpg



5 マックタブレットのイメージ想像写真? 小さいのは今のiPod touch デカイぞ ほんとに来るのかな。
a0037907_20584269.jpg

by datian | 2009-12-27 21:02 | スケッチ絵画 | Comments(10)

カフェでのスケッチから クーポン券を使ってみる

 缶コーヒーにシールでついている50円引きクーポン券を試したくて該当するマクドナルドのようなカフェに入ったのですが、どうも私は店員さんに注文する間合いというかそれがヘタクソのようです。
 レジとカウンターが一緒になったようなところにいる若い女性店員が「お持ち帰りですかァ、こちらでお召し上がりですかァ」と巻き舌でおまけに早口でたずねてくる。私は「こんなコーヒーなんぞ電車に乗って家まで持って帰ってどうするんだ」と条件反射のように考えてしまうわけです。眉毛を八の字にして考え事をしているような私の顔を見て女性店員は「あの、、お客様、、」と再度たずねてくる。
 私はハッと気づいて「あ、、ここで飲みます」。
 女性店員「それ以外にご注文は、、」。
 私はとっさにめったに食べないのでフライドポテトという言葉が出てこない、見回してもそれらしきメニューが見つからない、後ろにお客が並びはじめるので、あせって「そんだけで、いいです、これ使って50円引き」。
 女性店員は私をあつかましいオッサンと思ったでしょう「50円引いて100円です」とそっけない。こうして私は缶コーヒーより安いドリップコーヒーをおぼんにのせて店内をウロウロするわけです。
 最近のこうしたコーヒーショップは知らないお客同士が顔を見合わせないように席を配置しているのでしょう。人物スケッチをしたい私にはこれが一番困る問題なのです。
 とくに今回は店の中を見渡せる席はなく、ガラス越しに通路が見える席しかあいていないのです。やむなくその席で通路を歩く人を見てその印象だけでスケッチしていきました。通りすぎる数秒間じっと見てできるだけ覚えてスケッチする、似てもにつかぬスケッチになるのですが、なんだか面白くなってきてあっという間に1時間がたってしまいました。

1 
a0037907_22292419.jpg



2 
a0037907_22294212.jpg



3 
a0037907_22295783.jpg



4 
a0037907_22301057.jpg



5 
a0037907_22302376.jpg


 このクーポン券の使い方を同僚と考えてよいアイディアが浮かびました。まずコーヒーを買って50円引きでお持ち帰り。そしてまた入って、今度はフライドポテトを注文して50円引きでお持ち帰り。これを繰り返して1品づつクーポン券を使うというもの。私はオッサンですがその勇気はないので誰か試しにやってみてはどうでしょうか。ちなみにクーポン券はオークションで出品されているようです。
by datian | 2009-12-23 22:40 | スケッチ絵画 | Comments(6)