ナンバンギセルと平尾台

ナンバンギセルはススキの根に寄生する植物。
確かにタバコを吸うキセルに似ている。
万葉集の時代には「思草」と呼ばれていた。
そう言われてみれば、首をかしげて物思いにふけっているように見える。
下の写真は平尾台。ゆっくり自然散策をしていて、何か赤い物がと思ったらナンバンギセルだった。久しぶりに見たナンバンギセルだった。
a0037907_2136476.jpg
C-2100UZ

このあたりは、春の野焼きのための「防火帯」ですでに草刈りがされていた。目の前の急坂を登りつめると、貫山(ぬきさん)に通じる。
a0037907_21373420.jpg
Caplio GX+ワイコン
# by datian | 2004-11-02 21:41 | 自然 | Comments(4)

平尾台のウメバチソウ2題

平尾台で見た野草の一つウメバチソウ。
5個のおしべが一日に一つずつ立ち上がっていく。
それで咲いて何日目かが分かる。
先端に黄色い球状の腺体がついているのは仮おしべで花粉を出さない。
a0037907_2153080.jpg
Caplio GX


a0037907_216193.jpg
C-2100UZ
# by datian | 2004-11-01 21:06 | Comments(14)

平尾台

北九州市にある平尾台に行ってきました。
平尾台は日本の三大カルスト台地の一つで、
その特異な風景は四季折々の変化とあわせ、
何度来ても見飽きません。
a0037907_2033160.jpg
Caplio GX+ワイコン
# by datian | 2004-10-31 20:33 | 自然 | Comments(12)

ブランコ

公園のブランコの鎖とブランコ。
a0037907_21175914.jpg

a0037907_21183789.jpg
Caplio GX+ワイコン
# by datian | 2004-10-30 21:19 | 路上観察 | Comments(14)

木と夕焼け

昼休み、近くの公園を撮りに行く。
公園の木も排気ガスに負けまいと、がっしりと生きていた。
退社時刻、ひさびさの夕焼けがあまりに赤いので思わず撮った。
a0037907_20572422.jpg

a0037907_20575933.jpg
Caplio GX+ワイコン
# by datian | 2004-10-29 20:58 | 自然 | Comments(9)

銀杏

今日は雲一つない青空。
職場近くの幼稚園の銀杏が色付きはじめている。
a0037907_2114417.jpg
Caplio GX+ワイコン

油山の銀杏もたまらない。
a0037907_21184953.jpg
C-2100UZ
# by datian | 2004-10-28 21:18 | 自然 | Comments(8)

紅葉と飛行機

油山での紅葉の始まり的なものです。
紅葉が期待できるのではと楽しみです。
a0037907_21291821.jpg
C-2100UZ


退社まぎわ飛行機が降りてくる。
a0037907_21315413.jpg
GX+ワイコン
# by datian | 2004-10-27 21:32 | Comments(6)

紅葉と休憩

油山での紅葉が少し始まっていた。
秋は色の対比がきりりとしまってくる。
a0037907_2161110.jpg
C-2100UZ

職場での休憩時間。
吹きさらしの廊下で熱いコーヒーを頂く。
a0037907_2181514.jpg
Caplio GX + ワイコン
# by datian | 2004-10-26 21:08 | 自然 | Comments(11)

センブリと田んぼ

先日、油山でセンブリを発見した。ムラサキセンブリと違い花が白い。
妻と油山を自然散策していて、私は「おーい、ここに可愛いアケボノソウが咲いてるぞ」と先を行く妻を呼び止めた。
妻は「あっ、探していたセンブリがこんなところに。これはアケボノソウと違うよ、センブリじゃない」とあきれている。
私の野草の知識はこの程度で、咲いている花と名前がてんでばらばらで、何度名前を聞いても覚えられないでいる。
a0037907_21473040.jpg
C-2100UZ

今日の昼休み、GX片手に近くを散策。
田んぼに水をくみ上げるポンプの栓が目にとまりパチリ。この田んぼは台風で稲がたおれ被害を受けた。刈り取られた稲からまた新しい葉が出ている。ポンプは役目が終わって閉まっている。
a0037907_21482974.jpg
Caplio GX
# by datian | 2004-10-25 21:52 | 植物 | Comments(14)

GXテスト撮り その2 油山

GXのテストをかね、原付で30分ほどの油山にでかけた。
油山には秋の色合いが増えはじめていた。
GXの色はコッテリ感があり、私的にひじょうに満足している。
このワイコンは隅々まできっちりはっきり仕事をするのでびっくりしている。
しかし22ミリ広角を生かした撮影は、まだまだ未熟そのもの。
広角の奥の深い世界に魅力を感じつつ挑戦中です。
a0037907_2035896.jpg

a0037907_2043864.jpg
Caplio GX+ワイコン
# by datian | 2004-10-24 20:05 | 自然 | Comments(10)