<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

スケッチはいつもの天神からです。慌ててあせってスケッチ。本日の紙の切れはし。


スケッチはいつもの天神からです。

慌ててあせってスケッチ。


本日の紙の切れはし。


by datian | 2017-04-20 20:31 | スケッチ絵画 | Comments(0)

スケッチはいつもの天神からです。慌ててあせってスケッチ。慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


スケッチはいつもの天神からです。

慌ててあせってスケッチ。


慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


by datian | 2017-04-19 20:39 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第34回人物スケッチ会 ご報告 その4  静物(下)


第34回人物スケッチ会 ご報告
その4  静物(下)
(掲載は順不同です)

ARNさん。(小学6年生)

 リンゴの球体の流れにそった色鉛筆の線タッチが小気味良いです。色も赤一色ではなく黄色が入り寒色系の色もあり、緑もありと実に豊富に描かれています。ところどころにあるリンゴの痛みも描かれ、芯の先が少し大きくなっている点もリアル感を増しリンゴの香りを感じさせます。描き終わってから参加者の1人からアドバイスがあり、素直にうれしそうに聞いていたのが印象的でした。

ARKくん。(4歳 ARNさんの弟さん)

バナナの頭の部分の色使い、そして黄色い本体、先端部分の黒くなっているところなど3箇所の色使いとタッチを使い分けています。バナナ本体のブーメランのような緩やかなカーブも見て取れます。一つのものの中にある各部分の違いを区別していく観察眼が着実に育っています。


ARさん。(上記2点のお母さん)

バナナの両端の克明な観察と描写が本体である実のリアリティーをアップさせているようです。もいだところのギザギザ感と黒っぽい色から緑へと変化していき、本体の黄色い熟成した色合いへとつながっていく様子は見応えがあり、美味しそうなバナナであることを実感させてくれます。

a0037907_06422885.jpg

TAさん。

人物スケッチ会で静物を描く参加者をスケッチされました。人物スケッチ会ではモデルさんの関係もあり長くて10分間のクロッキーやスケッチとなります。時間をかけて描く場合に参加者をじっくりスケッチする方法をとられています。モデルさんの時はじっと動かずにいますが、この場合はそれなりに動くなかでの難しいスケッチでもあります。そこへの挑戦でもあり描く対象がどんどん広がっていく楽しさを感じました。


そして私です。
ラナンキュラスの花のフアフア感をだしたかったのですが難しかったです。いろいろと描きながら工夫しないとダメなことを実感しました。
a0037907_06481229.jpg

これで第34回人物スケッチ会のご報告は終わりです。
次回の人物スケッチ会は5月14日(日)
さざんぴあ博多 第二会議室(A)です。
ひきつづきのご参加よろしくお願いいたします。




by datian | 2017-04-18 20:31 | スケッチ絵画 | Comments(0)

スケッチはいつもの天神からです。慌ててあせってスケッチ。慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


スケッチはいつもの天神からです。

慌ててあせってスケッチ。


慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


by datian | 2017-04-17 20:49 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第34回人物スケッチ会 ご報告 その3静物(上)


第34回人物スケッチ会 ご報告
その3  静物(上)

人物クロッキーのあとは引き続いて静物です。
(掲載は順不同です)

YAさん。

 葉から幹、そして花へとつづくゆったりとしたカーブ、そのカーブがチューリップの成長してきた軌跡をやさしく物語っているようです。下のツボミは今から同じように成長していくことを連想させ、二輪のチューリップで生命の動きがじんわりと伝わってきます。


MAさん。

 ラナンキュラスは、薄い花びらが幾重にも重なる美しい花です。鑑賞するのはいいのですが、いざ描こうとするとためらいが生じます。そこをあえて挑戦していく、難しさよりも花の美しさにひかれてスケッチする、それがストレートに伝わってきます。中心部と周辺の花びらの違いや手前に少し広がった花びらなどを観察し変化をつけ生きている花を表現されてきました。

a0037907_20351625.jpg

MOさん。

 バナナのヘタの部分から先端まで一律に描くのではなく、じっくりと観察されて太さや色合いや影の違いなど丁寧に描かれてきました。2本のバナナが兄弟のように友だちのように寄り添う姿にほのぼのとした雰囲気があり気持ちを癒やしてくれます。

SAさん。

 アイリスのスラリと花のさきまでのびた姿が目をひきます。紫と黄色、そして緑の3色の配置は単純なのですが、それがまた清楚な雰囲気を一段と盛り上げてくれます。葉や花の伸びていく方向性とタッチがマッチしていて清楚ながら上へと成長する勢いを感じます。


Pakuさん。

 サクサクっと3点の静物をスケッチされました。3点の配置もきれいに収まり安定感がありつつ、それぞれのリズムがハーモニーのように響き合っているように感じました。2点の花のカーブが同じ方向で、バナナが反対方向のカーブをもってうまく釣り合いをとっているような、高音と低音がマッチしているような、バランスの世界を想像しています。





by datian | 2017-04-16 20:39 | スケッチ絵画 | Comments(0)

スケッチはいつもの天神からです。慌ててあせってスケッチ。慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


スケッチはいつもの天神からです。

慌ててあせってスケッチ。



慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


by datian | 2017-04-15 20:43 | スケッチ絵画 | Comments(0)

スケッチはいつもの天神からです。慌ててあせってスケッチ。慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


スケッチはいつもの天神からです。

慌ててあせってスケッチ。


慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


by datian | 2017-04-14 20:51 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第34回人物スケッチ会 ご報告 その2


第34回人物スケッチ会 ご報告 その2
1分間、5分間、10分間クロッキー(下)
前回の続きです。(掲載は順不同です。)

SAさん。

 寝転がって空を見ているようなくつろいだ雰囲気が漂っています。春の暖かい日差しのもとで咲き誇る桜を見上げている、そんな場面を想像しました。横顔と手まくらで背骨がゆったりと伸び切り、立てた脚の膝がそれをしっかりと支える余裕のあるバランスがそうした世界を作り出しているようです。(10分間クロッキーより)


MOさん。

 落ち着いた雰囲気でどっしりと安定感があります。そんなに身体を大きく描いているわけではないのですが、堂々としたものを感じます。モデルさんの髪の毛はきれいなウェーブがかかっているのですが、それをエイヤーっとまとめキリッとした表情を目立たせています。組んだ両腕がその表情とマッチして堂々感を演出しているようです。(5分間クロッキーより)


YAさん。

 いつもの立ち姿や座り姿とは違う、寝ているポーズです。描く方にとって初めての挑戦ですが、それは同じくモデルさんにとっても初めてのポーズです。モデルさんが「さあさあ、描けるものなら描いてみなさい」と投げかければ、「よし、その挑戦受けてたちましょう」と応えるYAさん、そんなやり取りが聞こえてきそうな1枚です。(10分間クロッキーから)


TUさん。

 寝ているポーズだけでも難しいのですが、それにプラスして頭部の側から描かれました。胴体部分が実際より長くなりがちですがそこもグッとこらえて脚とのバランスをきっちりとられてきました。また両腕両脚をみると1点透視図が応用され立体感のあるクロッキーとなりリアルに迫ってきます。10分間という短時間ですがここまで描くことができることに、びっくりしつつその楽しさが押し寄せてきます。


Pakuさん。

 早業といえば、10分間で色までつけて完成させてきました。時間をかけてじっくりと描くことも素晴らしいのですが、こうして短時間で特徴や描きたいところを発見し、ものすごい集中力と条件反射的にエキサイティングに描いていく楽しさもまた素晴らしいです。とくに日常生活でハッと気づいたり、見て感じたりしたことをメモ的にでも描いていく、それはじっくり描いていくうえでも大きなプラス要因になっていくと思います。Pakuさんが必死に描いているときは輝いていて話しかけることもはばかる、そんな迫力を感じています。(10分間クロッキーから)

a0037907_07122962.jpg

そして私です。

 1分間、5分間、10分間とクロッキーを堪能しました。出来上がりは置いといてたくさん描けて良かったです。



by datian | 2017-04-13 20:43 | スケッチ絵画 | Comments(0)

スケッチはいつもの天神からです。慌ててあせってスケッチ。慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


スケッチはいつもの天神からです。

慌ててあせってスケッチ。



慌ててあせってスケッチに彩色してみました。


by datian | 2017-04-12 20:41 | スケッチ絵画 | Comments(0)

第34回人物スケッチ会 ご報告 その1


第34回人物スケッチ会 ご報告 その1
1分間、5分間、10分間クロッキー(上)

 今日は第33回人物スケッチ会でした。11人の方が参加し真剣かつエキサイティングにスケッチを楽しみました。いつもは5分間クロッキーからはじまるのですが、今回は1分間クロッキーを取り入れてみました。それも10回連続です。1回目の1分間クロッキーが終わったとたん「はやい!ッ」と声が上がり、大爆笑。少し間をおいてポーズを変えて2回目に入ります。3回目、4回目と続けていきます。参加者全体の集中度がどんどん高まっていきます。こうして1分間クロッキーを10回で10枚を描き、時間として合計10分間ですがあっという間に日常から描く世界に没入していきます。
 そして5分間クロッキーを2回、10分間を2回、静物を1回おこない、2時間ほどで一人あたり合計15枚を描きました。掲載するクロッキーは5分間と10分間のなかからのものです。(掲載は順不同です。)
 

MAさん。

 顔が少し斜めでオカリナを吹いている様子にリズムを感じます。上半身が少し前かがみで横に傾いているのがリズム感全体の土台となり、少しあげた小指がものすごい説得力をもって迫ってきます。(10分間クロッキーから)



ARNさん。(小学6年生)

 どっしりと座りオカリナを構えている様子が伝わってきます。しっかりとした腕と膝の関節、そして手と指などが協力してオカリナを支えているところをしっかりと観察されています。そのことが見る者の視線をオカリナへと導き、音の世界を感じさせてくれます。靴も丁寧に描かれています。(10分間クロッキーから)


ARKくん。(4歳 ARNさんの弟さん)

 私たちがどこかに置き忘れてきた自由奔放、大胆、そしてあっぱれ、そうした事を彷彿とさせてくれます。私たちが無理に子供っぽい絵を描くということではなく、子供ような純粋な気持ちで無心に描けたらどんなに楽しいでしょう。そうした事を考えさせられました。(1分間か5分間クロッキー)



ARさん。(上記2点のお母さん)

 テーブルの上に腕枕をし上向きに寝ているポーズをモデルさんがとりました。立つか座っているポーズで得てきたものだけでは戸惑いが生じます。新鮮な気持ちでモデルさんと向かい合って描くことが大切になってきます。そんなことを考えさせてくれる1枚です。折り曲げた脚から腕枕までのピ~ンとはった緊張感が何かを考えている表情を魅力的に引き立てます。(10分間クロッキーから)


TAさん。

モデルさんは、最近オカリナの一日教室に参加してほんのわずかですが吹けるようになった喜びと難しさも感じているようです。そんなちょっと躊躇する様子がなんとなく伝わってきます。オカリナを持つ指の複雑さを克明に描写され動き出した次の瞬間を想像してしまいます。(10分間クロッキーより)



ご報告は不定期で続きます。




by datian | 2017-04-11 20:38 | スケッチ絵画 | Comments(0)