<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

●虫 ●再稼働

アップしようと思っていながらタイミングをうしなった写真です。

1 
a0037907_21375824.jpg


2 
a0037907_21381386.jpg


3 
a0037907_21382556.jpg


4 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2159943.jpg


5 同じく。
a0037907_21591934.jpg



●大飯原発の再稼働に野田首相が私の責任で判断するといっている。今もって福島事故の終息する見通しははっきりせず、事故以前の生活にもどることができない何万人もの人々がいる。これから気が遠くなるほどの長期にわたって猛毒放射能の健康への悪影響がヒタヒタと忍び寄ろうとしている。野田首相の「私の責任で」とは辞任するという意味合いだろうか? 野田首相に責任がとれるようなそんな小さな問題ではない。
 武田邦彦教授が「原発の再開問題で、誰もが合意できる項目」を上げています。
by datian | 2012-05-31 22:00 | スケッチ絵画 | Comments(2)

くじゅうの坊がづるへ行って来ました。 その4

 坊がづるの緑には癒されつつ圧倒されておりました。圧倒されて撮った写真は私にとって新鮮なのですが、似たような写真でもありますので2枚だけにします。

1 林道の入口付近では作業車が外来種を持ち込んでしまうのを防ぐため浅く水をはってタイヤを洗うようになっていました。(SIGMA DP2)
a0037907_21384694.jpg


2 こうした写真をたくさん撮りました。(SIGMA DP2)
a0037907_21413141.jpg


3 イワカガミ。これを見るのも大きな目的でした。(Lumix DCM-G1)
a0037907_2143769.jpg


4 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21453324.jpg


5 同じく。
a0037907_21454512.jpg

by datian | 2012-05-29 22:10 | 自然 | Comments(4)

くじゅうの坊がづるへ行って来ました。 その3

 テレビ、パソコン、果ては信号までLEDだらけ、LEDの直進光線に疲れた瞳をくじゅうの美しい緑がいやしてくれます。

1 
a0037907_2052437.jpg


2 
a0037907_20531257.jpg


3 
a0037907_20525583.jpg


4 ハルリンドウの群生を見ることができました。足の置き場に困るほどの群生でした。
a0037907_20543283.jpg


5 久しぶりにに見たオトコヨウゾメ。
a0037907_20554248.jpg


6 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2056939.jpg


7 同じく。
a0037907_20562086.jpg

by datian | 2012-05-27 21:58 | 植物 | Comments(4)

●金環日食  ●北九州市瓦礫焼却の危険性

●金環日食の写真

日食、見れましたぁ?(ブログalong with the grass pillow...より) 
a0037907_21484065.jpg


金環日食そのものの写真も素晴らしいのですが、私はこの写真が一番好きです。大爆笑しました。そして感動しました。写真について考えさせられました。


●福岡県の北九州市で瓦礫が焼却されました。

この問題点について武田邦彦教授が分かりやすく指摘されています。
 福島事故後確実に線量率が増加していること、今回の瓦礫焼却は法律違反であり懲役か罰金刑が処せられる可能性のもであること、福島のお母さんは「自分たちの苦しみを他県のお母さんに経験させたくない」と瓦礫の搬出に反対していることなどです。割愛して紹介いたします。

◆◆◆◆
北九州市で瓦礫が焼却されました。前後の線量率変化を整理してみます。まず観測点1では、次のようになったようです。
 
焼却開始前の線量率 北九州市民家  最低0.05―平均0.06―最高0.09μS/h

2012年5月23日から24日   日明焼却場で瓦礫焼却

同年   5月24日から25日   新門司焼却場で瓦礫焼却

焼却後線量率    北九州同一箇所  最高0.14μS/h
 

北九州市はやや自然放射線が高いところですが、福島原発事故前は0.04μS/hだったと推定されます。従って、事故後、いろいろなものが運搬されて約1.5倍になっていると思われます。それに今回、瓦礫を焼却したので、データからはさらに少し上がっています。推定では2倍程度になったと考えられます。

(瓦礫焼却をした島田市のことが書かれています。略)

瓦礫の中には放射性物質が含まれており、受け入れ瓦礫ばかりで無く処理プラント(放射性物質を取り扱う許可を得ていないプラント)内で1キロ100ベクレルを超えることは法律的に認められていません。従って、北九州市も島田市も法律違反であることは間違いありません。
 
文科省が公開している1キロ100ベクレル(正式には1年10μS/h)を超えるものを扱った場合の罰則を文科省の図をそのまま示しておきます。

a0037907_21573081.jpg


このように「福島原発以前」なら、北九州市長も島田市長も懲役か罰金になる可能性のある行為ということになります。今朝、テレビを見ていましたら、「瓦礫の搬出に反対する人は論理的ではない」との発言がありましたが、その理由は「測定しているから」ということですが、測定値を見ると「法律違反」ですから、「お上が測定しているから、庶民は文句を言うな」というのでは封建主義のようなものです。
 
瓦礫を引きうけるとその土地が汚染されるのは当然で、「東北の人の恩に報いるために、自分たちの子どもを被曝させる」ということですから、まさに「国のために死んでくれ」を連発した戦争前に戻ったようです。
 
なお、福島のお母さんは「自分たちの苦しみを他県のお母さんに経験させたくない」と瓦礫の搬出に反対しています。誰のために、何のためにやっているのか、市長の腹の中が見えるようです。
 ◆◆◆◆以上です。


●スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22104670.jpg

by datian | 2012-05-25 22:06 | スケッチ絵画 | Comments(4)

くじゅうの坊がづるへ行って来ました。 その2 彩雲に遭遇。

 坊がづるでは、彩雲を生まれてはじめて見ました。珍しい現象ではないそうですが、名前すら知らなかった私にとっては超常現象でした。きれいでした。

1 彩雲。(Lumix DCM-G1)
a0037907_22212182.jpg


2 同じく彩雲。(SIGMA DP2)このカメラはこうした空模様に、がぜん強さを発揮します。
a0037907_22215760.jpg


3 ハナイカダ。(Lumix DCM-G1)
a0037907_2224824.jpg


4 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22253921.jpg

by datian | 2012-05-22 22:26 | 自然 | Comments(2)

くじゅうの坊がづるへ行って来ました。

 くじゅうの坊がづるへ行って来ました。今年の春はこれで3度目のくじゅうとなります。運転とご案内をしてくださった相方のお友だちに感謝感謝です。

◆坊ガツル(ぼうがつる)は、大分県竹田市にある標高約1,200mの高さに広がる盆地・湿原。九重連山の主峰久住山と大船山等に囲まれており、阿蘇くじゅう国立公園に含まれる。坊がつる、坊ヶつる、坊がツル、坊ヶツルなどとも表記する。
タデ原湿原とともに、中間湿原として国内最大級の面積を有する湿原であり、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約の登録湿地となっている。(ウィキメディアより)◆

 吉部の登山口から鈍足な私と相方のペースにあわせて頂き、3時間ほどかけて坊がづるに到着しました。5年前はじめてここに来て、遭難しかけたドジな私はちょっと緊張しておりましたが、新緑のあまりの美しさにいつしかそんなことも忘れてパチリパチリと写真を撮りながら登りました。
 5年前と比べて体力はやはり落ちており道中はちょっと苦しかったのですが、坊がづるに到着してその雄大な景色を見た時に、来て良かったという気持ちが一杯になり苦しさも何処かへ隠れてしまいました。

1 新緑はホントにきれいでした。いつも液晶や人工的な色彩にさらされている眼が自然の緑色にやさしくやさしく治療されていくようでした。疲れた身体でお風呂に入るとその疲れが揉みほぐされとけて流れていくような、そんな感じです。眼の疲れを新緑が流してくれるのです。(SIGMA DP2)
a0037907_2049078.jpg


2 登山道にはこうした「難所」もあります。いやたいしたことはないのですが、私は腹がつっかえてですね。(SIGMA DP2)
a0037907_211938.jpg


3 いよいよ、坊がづるです。鳴子川がきれいでした。(SIGMA DP2)
a0037907_212486.jpg


4 同じく。まだあるのですが次回にもアップします。(SIGMA DP2)
a0037907_2153996.jpg


5 この日は野草もたくさん見ることができました。足がふらついているのでピンボケ量産です。←言い訳です。まずはチゴユリです。(Lumix DCM-G1)
a0037907_2192588.jpg


6 同じく。(Lumix DCM-G1)
a0037907_2195529.jpg


7 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21105918.jpg


8 同じ人を違う角度から。この年配の女性は一眼デジカメで仲の良い親戚の方お二人を撮影されていました。堂々とした撮りっぷりがとても印象的でした。
a0037907_21113722.jpg

by datian | 2012-05-20 22:07 | スケッチ絵画 | Comments(6)

日本経済大学イングリュッシュガーデンにバラを見に行って来ました。 その2

 イングリッシュガーデンには自然が無理なく取り入れられています。そうした管理運営の絶妙さでしょうか、ちょっとした原っぱにニワゼキショウが咲いていました。好きな花ということもあり撮らずにはいられませんでした。

1 ニワゼキショウ。(Lumix DCM-G1)
a0037907_21354289.jpg


2 バラ単独ではなく木とひとつのものとして育てられていました。(SIGMA DP2)
a0037907_21374542.jpg


3 バックも渋かった。(Lumix DCM-G1)
a0037907_21385011.jpg


4 アザミとヒラタアブ。(Lumix DCM-G1)
a0037907_21391145.jpg


5 ふたたびニワゼキショウ。(Lumix DCM-G1)
a0037907_21421696.jpg


6 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2144928.jpg


7 同じく。
a0037907_2145762.jpg

by datian | 2012-05-17 22:01 | スケッチ絵画 | Comments(4)

くじゅうに行ってきました。 その4

 ふたたび、くじゅうです。イングリュッガーデンは次回にまたアップする予定です。なにせ私は行き当たりばったりのとろこが多々ありで申し訳ない。

1 新緑。(撮影 私 Lumix DCM-G1)(クリックで大きく表示します)
a0037907_21223274.jpg


2 雄大。(撮影 私 SIGMA DP2)
a0037907_21233924.jpg


3 同じく、雄大。(撮影 私 SIGMA DP2)
a0037907_21242913.jpg


4 ルイヨウボタン。(撮影 妻 E-620)
a0037907_21251926.jpg


5 ハルリンドウ。(撮影 妻 E-620)
a0037907_2126222.jpg


6 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21263760.jpg


7 同じく。
a0037907_21273429.jpg



●原発に一言。
 電力会社、政府、マスコミ、御用学者の四者から三者が同じようなことを叫ぶときは要注意と私は思っている。今まで53基の原発が停止していて、わずかに残っていた最後の1基が停止したとたんに夏の電力不足を叫んでいる。100年に一度ぐらいの猛暑を想定し、電力不足を算出している。こういう時だけ最悪の状況を想定するのだから手前勝手もいいところ、大津波がきたら「想定外」と言い逃れしたのは記憶にあたらしい。
 電力の供給量やら受給量などの情報は電力会社が握っているのでどうにでもなる。「安全神話」の前科者の言うことをたやすく信じるほど私はおめでたくない。全原発が止まることは前々から分かっていたことで、夏を前に急に「節電」ドタバタをやりだし、大迷惑である。
by datian | 2012-05-15 21:52 | Comments(2)

日本経済大学イングリュッシュガーデンにバラを見に行って来ました。

 本日は日本経済大学 福岡キャンパス内にあるイングリュッシュガーデンに行って来ました。約20,000坪に大きな池がありその周辺に自然を残しながら草花が囲っています。いまはバラが見頃で来週が一番の見頃のようです。バラの美しさはもちろん香りがいいですね、ひさしぶりです、香りに包まれました。

1 バラの花に見とれて気づけば写真はあまり撮っていませんでした。
a0037907_2127145.jpg


2 
a0037907_21274768.jpg


3 ミヤマカラスアゲハに遭遇。
a0037907_2128331.jpg


4 ミヤマカラスアゲハはブローチが飛んでいるようにさえ思えてきます。
a0037907_21292651.jpg


5 スケッチはいつもの天神からです。スキャンしたスケッチをモノクロ調整するつもりがこの色が途中で出てきました。以前アップしたものも混じっているかもしれませんがご容赦を。
a0037907_21391476.jpg

by datian | 2012-05-13 22:05 | スケッチ絵画 | Comments(4)

くじゅうに行ってきました。 その3

 くじゅうの感動はまだまだ続いているのですが、写真の整理が追いつきません。

1 小雨のなかの新緑
a0037907_21531147.jpg


2 オオヤマフスマ
a0037907_2153349.jpg


3 霧と新緑
a0037907_21541388.jpg


4 キスミレ
a0037907_21541580.jpg



5 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21553055.jpg


6 同じく。
a0037907_21554790.jpg

by datian | 2012-05-10 21:57 | スケッチ絵画 | Comments(4)