<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

●放射能が「無主物」なら二酸化炭素はどうなるのか


 放射能汚染で訴えられた東電は、電力会社から放出された放射能は「無主物」であり、東電の所有物ではないので除染の責任はないと言っている。裁判長は「無主物」には触れずにいたが訴えを退けて東電の責任はないとしている。
 放射能が「無主物」(飛んでいる虫ようなもの)で東電の所有物ではないとするなら、二酸化炭素はどうなるのか。当然排出した工場や企業のものではなく、これで発生した公害などの責任はないことになる。中国やインド、アメリカが二酸化炭素排出量ではずば抜けているが、一切の責任はないことになる。
 二酸化炭素が地球温暖化の原因として日本政府は削減をすると公言してきた。電力会社も温暖化防止のために二酸化炭素が出ない原発が必要だと推進の大きな理由にしてきた。石油が枯渇するといってきたことがバレバレになったこともあり、二酸化炭素のでない原発で温暖化防止をとくに宣伝してきた。
 東電は放出放射能を「無主物」としたことで、二酸化炭素も「無主物」となり地球温暖化と原発の必要性の論拠を自分自身でけり飛ばしたのである。
 ある時は石油枯渇であり、ある時は二酸化炭素地球温暖化であり、そして今は「無主物」である。東電は科学的に正しいかどうかということではなく、自分の金もうけの都合のいいように科学を装い人をだまして苦しめているのである。NHKなどは二酸化炭素温暖化説をさんざん流しておきながら、こうした東電の矛盾した主張になんの反論もくわえずにいる。報道は真実を知らせるのが本命ではないか、東電大本営の発表をそなまま流すNHKマスコミは深く反省するべきである。それができなければ国民が払っている受信料はすべて返却すべきである。
 私は原発反対です。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21573227.jpg



2 写真はご近所さんから。ユリカモメの飛ぶ姿を相方と撮り合う。
撮影 妻
a0037907_2201723.jpg


3 同じく 撮影 妻
a0037907_220463.jpg


4 これは 撮影 私
a0037907_2212176.jpg

by datian | 2012-01-31 22:04 | Comments(4)

今日も仕事

 今日も仕事でしたが土曜ということもあり通常より1時間ほど早めに帰宅し、掃除をいたしました。明日は日曜日でゆっくりしたいという大目標があるからです。ちょいと大げさですね、まあ嫌な事は早めにするか、う〜んと後回しにして1周して2回のところを1回ですませるのもいいかもしれません。人はこれをズボラといいますが図太くいきましょう。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2254284.jpg


2 同じく。
a0037907_226749.jpg


3 写真は天神から少しいったあの辺。
a0037907_2273861.jpg


●私は原発反対です。
by datian | 2012-01-28 22:12 | スケッチ絵画 | Comments(2)

●福島の気持ち 復興はすすんでいるのか

 NHKを中心とするマスコミの報道から福島の復興が遅まきながらも進んでいるというイメージ的なものを多少ですが持っていました。
 しかし実態はどうなのでしょう。
 「ますます深刻になっている」とその心情を切々と語っている福島の方のブログ「山歩路通信―さんぽみちつうしん―」からその一部を紹介します。

・・・・・・
原発事故後、ここ福島県の深刻さは日増しに深く大きくなっています。
声を上げても届いていないんだなあという虚しさも
言葉にできない思い、というものもある。
誰でもはっきりものを言えるわけでもない。
愛着のある土地を離れることに抵抗するご老人を誰が責められるでしょう。
寝たきりの人や障碍をもった人だっている。
避難した先で差別に傷つけられた子どももいる。
戸籍を変えなくてはこの子は結婚できないだろうと苦しむ親。
経済的な不安も深刻です。
みんな、悲しんで苦しんで口惜しがって怒っているのだ。
・・・・・・

 ぜひ全文をご一読ください。

 他方の東電と政府の資金計画では3年後の2015年の3月期決算で黒字化し2017年には社債発行の再開を目指すとしている。そのために電気代の値上げと柏崎刈羽原発の再稼働を前提にしている。
 巨大事故を起こしても逮捕されることもなく、放出した放射能は「無主物」として東電に責任はないとしらを切り、電気代の大幅値上げと原発の再稼働で金儲けを続けるという自分たちの将来設計だけはしっかり立てているのである。
 甚大な原発事故被害者を置き去りにしてこのような計画をたてることが許されるのだろうか。
 私は原発反対です。


1 スケッチはいつもの天神からです。筆は難しいです。
a0037907_21361085.jpg



2 ご近所さん。飛翔は難しいです。みんな難しいです。
a0037907_21372684.jpg

by datian | 2012-01-26 21:40 | スケッチ絵画 | Comments(7)

●「電気予報」よりも放射能予報を

 天気予報をもじって「電気予報」というのを夕方と朝にテレビニュースで流している。九州電力は電力供給量に対して需要が80数%で「今日は安定しているでしょう」と予報しそれをNHKがそのまま流している。これが毎日毎日続いている。
 九電は発電量の40%を原発に依存していたがすべて停止したので電力は切迫して大変だ5%の節電をと去年から叫びつづけていた。しかしふたをあければ電力はじゅうぶん足りていることが誰の目にも明らかになっている。朝日新聞ですら、「九電供給力想定上回る、『電力不足』の根拠薄れる」と取り上げざるを得なくなっている。
 こうした電気予報を流しても私たちの実生活にはほとんど影響がない。むしろ「原発がないと大変なことになる」という事実とは関係のないムード的な危機感だけが頭に残っていく。
 こんな「電気予報」の報道よりも実際の生活にとって緊急で必要とされているのはまだまだ続く放射能の汚染状態の正確な報道である。
 たとえば福島を中心にして昨年10月11月にはほどんど見られなかったセシウムが年末から1平方メートルあたり200ベクレルという異常に高くなっていることはほとんど報道されていない。これは福島県が測定している公的な数値であり、あわせて千葉や東京でも観測されている。原因として明確になっていないが、汚染された瓦礫を大量に焼却して空中にセシウムが飛散しているというのが一番の可能性が高いと指摘されている。
 いったん地上に落ちて移動していないセシウムを焼却によってさらに巻き上げて広げている危険性が問題視されている。
 今必要なのはこうした放射能拡散予報ではないのだろうか。どこにどれぐらいのセシウムが拡散しており今後の焼却がどうなるのか等、もちろんしっかりした焼却施設を建設するのが先決であるが、予報としてながすべきではないか。電力会社の都合のよい「電気予報」は流すが、都合の悪い放射能汚染拡散情報は隠そうとする報道のあり方は電力会社大本営発表と非難されてもしかたあるまい。
 必要もない電気予報など廃止して、緊急性を要する放射能拡散予報を報道すべきである。
 セシウムの飛散については武田邦彦教授が分かりやすく解説されています。
 私は原発反対です。

1 スケッチはいつもの天神からです。以前たしかこのご老人は鉛筆でスケッチしたことがあります。お元気そうでなによりです。
a0037907_2295235.jpg



2 いつものご近所さん。
a0037907_22102674.jpg

by datian | 2012-01-24 22:11 | スケッチ絵画 | Comments(4)

●ストリートスケッチをしていて本当によかった。私を描いてくださいとお願いされて。

 いつもの天神でストリートスケッチをしていてたいへんうれしい経験をしました。ちょっとした商業施設の休憩所で私は通路をはさんで対面となるイスに休憩中のご婦人をスケッチしていました。しばらくスケッチをしていると、私のとなりの席に別のご婦人が座られたようでした。描いていた婦人が立ち上がって去っていったので、ボールペンをおくと隣りのご婦人が話しかけてきました。
 「何か描かれているようなので、しばらく見ていたら前に座っていた女性をスケッチされていたんですね。よく似てます、そっくりですよ。こんなにきれいに描かれていたら、ご本人さんもとても喜びます。」と絶賛してくださりました。つづいて「本職のプロの方ですか、えっ、違うんですか。」とほめてくださり、私は恐縮しながらもうれしくなり、このスケッチ帳にある他のページのスケッチを見て頂きました。「これも、これも、いいですよ。あ、この人とはどこかで会っているような気がします。これほど描かれるなら先生になって教えてもいいのではないですか」と、もう私はうれしいやら恥ずかしいやらでした。
 そして、「前の席に座られている人をスケッチされているんですよね、たとえば私があの席に座ったとしたらスケッチして頂けるのでしょうか、たいへんあつかましいお願いなのですが、、、モデルになっていいでしょうか」と遠慮がちにお願いされた。
 私は、「いいですよ、どうぞ座ってください。でも私もこうしてモデルになって頂くのははじめての経験なのであがっています。緊張してうまくスケッチできないかもしれませんが描かせてください」と反対にお願いした。
 さっそく描き始めたのだが、やはり私は緊張してしまって満足できるものではなかったが、スケッチをし終わると、「もう描けたのですか、早いですね」と出来たスケッチを眺めて「似ています。似ています。うれしいです。これ頂けますか」ととても喜ばれた。私はホッとしてデジカメでスケッチを撮影してその方に差し上げた。
 私は、描いていると見知らぬ人ながらもその人の人生のようなものを感じることがありますと話すと、とてもうなづいて聞いてくださりました。話しが進むにつれその人も人生で多々苦しいことや悲しいことを経験されて来ているようでした。
 なにかの拍子でそうした悲しいことを思い出し次から次と辛い思い出が押し寄せすっかり気分が落ち込むこともしばしばあるそうです。そんなときにカラオケにいって気分をかえようと歌うそうですが3曲ほど歌うと飽きがきてしまうそうです。同じ意味合いから日記もつけられているそうですが、記することもそれほど多くない日々が続くことがあるといいます。
 私はスケッチをされてはと言いますと、「私もあなたがスケッチをされているのを見て、私もしたくなりました。」とやる気まんまんです。
 スケッチに集中していると、過去の悲しいことや苦しいことをしばし忘れ、頭と気分を切り替えることができ、リフレッシュして落ち着いた日常の気分へと導いてくれることなどを経験から話しました。またリュウマチと闘病しながらスケッチやデッサンをリハビリの一つとしてされ、主治医の先生も奨励されている方のお話しもしました。
 「失敗しようが下手だろうがいいではないですか」と、私の失敗作である「へのへのもへじ」の顔にもならなかったものや、ただ目を点で記しただけのものや略画にもならなかったスケッチ等もお見せしました。
 「私も子供の頃は人を描くのが好きでした。今日は出てきてよかった。紙と鉛筆があれば出来ますね、ちょっとした時間にできますね、私もスケッチをはじめてみます」と元気な声がかえってきました。何度も何度も「今日は出てきてよかった。いいことを教えて頂きました。ありがたいです。」とお礼を言われました。私も「今日はモデルになって頂き、初めてのとても貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。」とお礼を述べこの場を離れました。
 ストリートスケッチをしていて、モデルを申し込まれたのは初めてで描いたスケッチも喜んで頂きとてもうれしかったです。そしてスケッチを通して人生について交流でき感謝されお役に立てたということは何ものにもかえがたい喜びでした。こうした経験ができるとは思ってもいませんでした。ストリートスケッチを続けていてよかった。小さな出来事なのですが私にとってはひじょうに大きな貴重な体験でした。これからもストリートスケッチを描きつづけます。

1 このスケッチを描いている時に、となりに座って見て頂いていました。
a0037907_2165859.jpg



2 スケッチを頼まれモデルになって頂きました。ご本人より少し若くなりました。じっさいにお話しするとお歳よりとても若い感じを受けました。
a0037907_21115092.jpg



3 写真はご近所さん。今日もいました。どうも定位置のようです。
a0037907_2119113.jpg



●そして私は原発反対です。
by datian | 2012-01-22 21:39 | スケッチ絵画 | Comments(6)

ストレステストのストレス

 大飯原発の再稼働のためのストレステストに係わる意見聴取会が強行し現在を再稼働させようとしている。

 福島原発巨大事故から10ヶ月が経過したが、収束の技術的方法も目処も立たず事故原因も明確になっていない、つまり数字的にも不明であるにもかかわらず、机上の計算でストレステストなるものをしている。
 東電経営陣はまきちらした放射能について「無主物」(空中を飛ぶ虫のようなもの)であり東電の所有物ではなく除染の責任はないと言いはり、裁判所もこれをあけて通してしている。
 こんなことが通れば今後、電力各社は同様の巨大事故を起こしても「無主物」を理由に補償の責任は無くなり、たと損失が出ようがその分は、電気代を10~20%あげれば儲けは確保できることになる。
 ストレステストは、必死になって事故の可能性を分析し過酷な条件をデータ化してテストしたというものではなく、事故が起ころうが業務上過失致死で逮捕されることもないし「無主物」と電気代値上げで我が身は安泰で金儲けは続けられるという判断のもとの演出にすぎない。
 たった10ヶ月で安全対策ができ、ストレステストでOKなどというのであれば、それこそ今までなんの安全策もとってこなかったことをしめしている。

 武田邦彦教授がこのストレステストと意見公聴会の違法性について『「乱入した」と言われた人が警察を呼ぶべきである』で分かりやすく音声で解説しています。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2254741.jpg



2 写真はご近所から。ユリカモメも少し増えてきました。でも例年よりは少ないようです。
a0037907_2255433.jpg


3 アジサイ。撮りなおしたいです。
a0037907_2255841.jpg

by datian | 2012-01-20 22:08 | Comments(2)

●電気代値上げのみにくさ

 東京電力は大口需要家向け電気料金を約17%も値上げし消費者向けも値上げを予定しているという。その理由を原発停止により、その代わりの火力発電の石油代が増加したからだとしている。
 しかし石油代金よりも、巨大原発事故での補償は天文学的な金額になりつつある。東電は補償をケチりながらも一社ではどうにもならずに政府が国税を投入している。それでも十分な補償とは縁遠いものである。この巨額の補償をいっさい表に出さずに、原発停止で石油代がかかったという一面のみをNHKは流している。
 これを何度もNHKや新聞で流されれば「やっぱり原発が止まったから電気代は高くなるよな」となり「やむを得ないが原発は必要」と洗脳されていく。
 巨額の補償金額を含めずに電気代を値上げするとすれば、補償する気などまったくないということであり、また補償金額をふせながら値上げするということは、「原発は必要だ」と値上げというムチでたたき込もうとする魂胆があることを示している。
 事故前までは原発は石油よりコストが安いことを一つの理由にしてきた。事故後は補償等を含めて原発のほうがコストが高いと少し報道しはじめた。そして10ヶ月たつと「石油代がかかったから値上げ」と暗に原発コスト安を再び持ちだし東電経営陣は居座り続けようとしている。
 東電は福島をはじめ東日本一体に叩きつけばらまいた猛毒放射能を「無主物」であり補償の責任はないと居直り、さらに電気代値上げで儲けようとしている。
 NHKは一私企業である東電の電気代値上げの言い草をなぜ疑問一つはさむことなく報道するのか。最近、マンションの一階から強い放射線量が発見されたが、建設業者や砕石業者をNHKは取り上げるが、大元の元凶である東電の責任はいっさい取り上げない。NHKは東電大本営のための放送局になっている。
 私は原発反対です。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2213281.jpg



2 ご近所からです。
a0037907_222374.jpg



3 同じく。アサガオ、ヘクソカズラが大豊作のようです。
a0037907_2221817.jpg

by datian | 2012-01-18 22:05 | Comments(6)

とにかくスケッチだ!

 人を見ているといろいろとスケッチしたいちょっとした動きや表情があるのだが、手がおいつかない。追いつかないからいいのだ。禅問答のようですいません、とにかくスケッチだ。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22171496.jpg


2 同じく。
a0037907_22173765.jpg



3 写真はご近所の川です。
a0037907_22182254.jpg


●原発に一言。私は原発反対です。
by datian | 2012-01-16 22:21 | スケッチ絵画 | Comments(2)

●無主物

 東電は原発事故でばらまいた放射能は無主物だとして東電の所有物ではなく除染の責任はないと裁判で平然といっている。裁判所は無主物にはふれいが除染の責任はないと東電側の判決を出している。
 これが通るならサリンはオウムがまいたが無主物で責任はないということになる、それを見越し無罪になると考えたのか平田容疑者は自首してきた。これは冗談だが論としては成り立ってしまう。
 恐ろしいのは、心配される放射能による子供たちや若い人たちへの健康障害である。たとえ放射能との因果関係が証明されても、無主物であり東電の所有物ではなく責任はないということになる。なんということでしょうか。

 私は原発反対です。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22274686.jpg



2 ご近所。
a0037907_2228446.jpg

by datian | 2012-01-14 22:31 | スケッチ絵画 | Comments(6)

●失業保険給付期限

 大震災から10ヶ月がたち職を失った人の失業保険が切れる深刻な事態になっている。失業対策は行われ、また善意の失業対策活動も行われてきたが、やはりこれほどの巨大地震と巨大原発事故のまえではすべての人が就職できず、多数の人が失業状態のままとなっている。
 2日前のNHKがこれを「緊急の課題」として対応がもとめられているという趣旨の報道をした。しかし、10ヶ月が経過すれば失業保険が切れるということは前々から分かっていたことであり、いま襲ってきたり気づいたりした「緊急の課題」ではなく、有効な対策をこうじてこなかった政府の責任であることははっきりしている。「緊急の課題」の対応は失業保険の給付期間延長をおこなえば解決することである。
 NHKの仕事は、直前に報道することではなく、それ以前からこうした問題が発生することを広く知らせて避けるようにし、「分かっていながら有効な対応をしない政府の責任」を指摘することではないか。
 原発の危険性が指摘され分かっていながら対応をとらずに、巨大原発事故をおこしたのは政府であり東電であった。その体質はこの失業保険問題でいまも続いていると感じる。
 NHKは平田容疑者とかくまっていた女性の生活はどのようなものかと三流週刊誌以下のニュースを流すが、こんな報道などどうでもよい。被災者であり失業者の生活がどんなものなのかもっと報道し、それと対比して事故の責任者でありながら3億円もの退職金という電気代をせしめていった東電の元社長の生活はどんなものなのか、少しは義憤に燃えて報道すべきである。国民から受信料をとっている以上、役に立つ報道をおこない国民に還元すべきではないか。

●私は原発反対です。


スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22131036.jpg



写真はご近所です。
a0037907_22131645.jpg



●アンプのボリュームが勝手に動いてどうも調子が悪い。デジタルアンプにするべきか思案中なり。
by datian | 2012-01-12 22:16 | スケッチ絵画 | Comments(4)