<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

●原子力安全保安院もやらせ

 九電のやらせメールからつづいて原子力安全保安院もやらせ質問をさせていたことが明らかになっている。チェックされる側の電力会社とチェックする側の保安院がともにやらせというインチキ世論操作で原発を推進し、その体質のまま今回の巨大事故にまでいたった。そして今も「原発を再稼働させないから節電だ」キャンペーンをがなりたてて原発を再稼働させようとしている。
 私企業である電力会社が儲けのために「やらせ」をやり、監督すべき役所も「やらせ」をやって利権に染まっている、どうしようもないとしか言いようがない。
 これとは別の問題で私の妄想だが、この機を利用して電力会社とは別資本企業が電力市場にのりこんで行こうとしているのではないかと思っている。電力会社が電力市場を独占して巨万の富を築いてきたことに、不況であえぐ他企業資本が黙っているわけがないからだ。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2229515.jpg


2 バードウォッチング。Lumix G1
a0037907_22292062.jpg

by datian | 2011-07-30 22:36 | スケッチ絵画 | Comments(2)

●中国の新幹線事故から思うこと

 中国で新幹線事故が起こり35名が死亡した。安全性を無視した急速な新幹線拡張が大きな原因としてあげられている。このニュースから日本では中国の技術を軽蔑したり、車両を埋めて原因隠しをしたことにあきれたり、批判されて今度は掘り出すとさらに嘲笑する人もいた。
 中国政府と鉄道運営上層責任者はけしからんと思うが、遺族や中国国民が抗議して掘り出させ原因を究明させようとしていることを嘲笑することはできない。
 鉄道事故で日本を振り返れば、JR福知山線脱線事故があり、この事故では運転士1名と乗客106名が死亡し、562名が負傷した。死者の数は鉄道事故としてはJR史上最悪で、鉄道事故全般では歴代7番目に多い。ここでも民営化されたJRが私鉄との競争に打ち勝って儲けを得ようとし安全性を無視したことが大きな原因として指摘されている。この事故は2005年の4月に起こりまだ6年ほどしかたっていないのである。
 少しそれるかもしれないが福島原発巨大事故から4ヶ月ほどが経過し、放射能汚染は深刻度をましている。国際的には年間1ミリシーベルトが常識であるが、それを100ミリシーベルトでも安全と言ったり報道したりする日本を世界が笑うというか恐怖すら感じるだろう。
 中国の新幹線事故でその技術水準や運営水準を笑うことは簡単かもしれない。だがどうもそういう人物にかぎってというわけでもないが福島の原発事故については非難することをしない。心の中では本当は不安や怒りを覚えていても黙っている。中国の新幹線事故での遺族は黙っていないで抗議している。その点まで笑ってはいけないし日本では福島の原発事故で抗議の声をあげるべきではないかと思う。
 「中国の新幹線は危険だらから乗るな」という警戒心を日本人が持つのは当然だと思う。ならば「日本にある原発は危険だから近寄るな」という警戒心を国際社会が持つのは当然のごとく想像できる。最近日本は原発で排出された核廃棄物をモンゴルの地中に埋めることを打診し、モンゴルが拒否したのは当然のことであり、国際社会は甘くないのである。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2262242.jpg



2 お昼休みの撮影から。SIGMA DP2
a0037907_2262915.jpg

by datian | 2011-07-28 22:08 | スケッチ絵画 | Comments(2)

●地デジになって テレビマスコミ界の没落



 地デジになった画面を見ると確かにアナログ放送より美しく表示されている。でもすぐに目がなれてしまいその映りが普通になってしまう。その他にも便利な機能があるようだがインターネットと重なる部分も多いようでどうでもいい。
 映りは美しくなったが放送の内容は今までと同じで変わりがない。電力各社からたっぷりと広告費を受け取り電力会社に対する批判的な報道は控え、「安全神話」に一役も二役もかってでていた体質はなんら変わらないまま地デジで報道を続けることになる。
 いまは電力事情の本当のことをマスコミ取材陣の総力をあげて調べ上げることもせず、電力会社の説明を一方的に受けて「原発を再稼働させないなら節電だ」キャンペーンを懸命に報道している。
 地デジの美しい映りで電力会社の肩を担ぐ報道を続けていく姿は、きれいなバラにはトゲがある、それを地で言っているとしか思えない。外見だけが美しくても中身が、いやいや、中身の無さとウソを隠すために外見を美しく見立てていく、テレビマスコミ界は没落へ向かっているのではないかと思う。

 会社の休憩室のテレビもアナログのままで地デジに移行後は砂嵐状態になっている。それでも昼休みのパートのおばさんたちのおしゃべりと笑い声はたえない。ある同僚は地デジの準備はせず、「テレビはつまらん、ほとんど見ないし もういらんわ」とアッサリしたものである。
 
1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2137362.jpg



2 お昼休みの飛行機 SIGMA DP2
a0037907_21374539.jpg

by datian | 2011-07-26 21:40 | スケッチ絵画 | Comments(6)

●スズメがご訪問 ●玄海原発1号機原子炉の製造ミス浮上

●スズメがご訪問
 今日、相方がワッという驚きの声を上げたので、昼寝をしていた私が目を覚ますと目の前をスズメが飛んでいる。少しすると机の上にとまり、私との距離は1メートルもなく平然としている。どうも人の家に飛び込んでしまったという自覚はないようで、いつもの空間の延長を飛んできた感覚で落ち着いている。横顔はなかなか可愛いが身体は痩せている。
 飛んだと思うと網戸にしがみついたのでやはり外には出たいようだ。反対側の窓を開けて手招きすると、分かったのか上手いこと脱出していった。出ていくときにプリっと糞を一つお土産に置いて飛び立った。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21164059.jpg



2 写真も天神あたりというか中洲かな。SIGMA DP2
a0037907_2183692.jpg



●玄海原発1号機原子炉の製造ミス浮上

共同通信社の短い記事で
『原子炉圧力容器に用いた鋼材の質にばらつきがあり、製造ミスの可能性があることが、井野東大名誉教授らの分析で明らかにされた。
 九電が今月初めて公表した鋼材の劣化判断の基準となる「脆性遷移温度」の試験データを精査した。鋼材そのものに欠陥がある可能性を指摘されたことで、従来の検査の信頼性が問われそうだ。』
と報道されている。

「脆性遷移温度」は中性子がぶつかり原子炉のもろさが進行するがそれを温度でしめすものであるという。この温度が高いほど脆さが進行していることになる。これが76年が35度、80年が37度、93年が56度で最新の09年の調査では、それが一気に98度(日本の原子炉のなかで最高温度)へと跳ね上がった。要は98℃以下の水が原子炉にかかると、破断する危険性があるということなのだ。
 98度の極端な温度上昇に、炉の材質に問題がある可能性を井野東大名誉教授が指摘していたが、今回同名誉教授の精査によって鋼材の質にばらつきがある製造ミスの可能性が高くなった。

 35年も運転し予想以上に老朽化した原子炉、その原子炉の鋼材の質にばらつきのある製造ミスの可能性すらある欠陥原子炉、もし地震や事故で冷却機能が停止し、緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動して原子炉圧力容器が急冷されると、その際に容器そのものが破壊されてしまう危険性がある。爆発すれば九州全域、大阪までの西日本までに深刻な被害が拡大すると予想されている。

 九電と原子力安全保安院は、脆性遷移温度が98度になっても安全であると言い切り運転を続けようとしている。鋼材の質のばらつきをそのままにした従来の検査の信頼性が問われているが、どこまでウソをいって人々の生命をもてあそびながら私的な儲けを続けるつもりだろうか。やらせメールで原発再稼働賛成意見をねつ造するし、さくら動員はするし、町長のファミリー企業に関連事業を発注して手下にするし、そして欠陥老朽化原発を安全と言うし、やりたい放題である。

 こんな九電の儲けのために命をメチャメチャにされていいわけはありません。
by datian | 2011-07-24 21:17 | スケッチ絵画 | Comments(2)

●お知らせ ●制服向上委員会がフジロックフェスティバル'11出演できず。

●お知らせ
 お知らせ 「新・月例展@BEN」の6月テーマ「珈琲」の第2回全応募作品の撮影者名が公表されました。
もちろん私datianも公表されアップされています。で、その写真はというと、これです。
 「新・月例展@BEN」を見に来ていただき投票していただきありがとうございました。なお7月のテーマは「丸いモノ」で7月30日まで受け付けています。ぜひ投稿してみてください。とても楽しく勉強になります。
a0037907_2255860.jpg



スケッチはコーヒーカップで水彩の練習です。
a0037907_22155486.jpg



●制服向上委員会がフジロックフェスティバル'11出演できず。
大手企業がスポンサーになっているコンサートでは、そのスポンサーの気に入らない脱原発という歌は禁止になったようである。
 「制服向上委員会」の公式ブログでは
 『先日、フジロックフェスティバル'11に出演が決定したとお伝え致しました。
ですが、フジロックのスポンサーのひとつである大手企業の反対により「ステージ上で脱原発の歌は歌えない」との事で、出演出来なくなってしまいました。』とコメントが出されている。

 多くのファンがいるから歌え収益金も入ってコンサートが成り立っているのである。大手企業のスポンサーは「俺様が資金を出したのだから俺様の言う事を聞け」と帝王のごとく思い上がっているのである。
 アーティストはスポンサーが大切なのかファンが大切なのか、目の前でファンが放射能汚染で苦しんでいて脱原発の歌をうたおうとしたら、スポンサーが「このコンサートは俺のコンサートだ、気に入らない脱原発の歌はやらせない」と言っている。
 全国のアーティストはファンをないがしろにする大手企業スポンサーに怒りの声を上げるべきではないだろうか。

 大手企業は大きなコンサートや各マスコミの広告費などで大スポンサーとなっている。とくに東電など電力各社は競争相手などいないにもかかわらず潤沢は宣伝費をマスコミに与え大大スポンサーになり、自分たちへの批判的な報道を抑え「原発安全神話」で国民を洗脳してきた。
 九電はそれだけでは安心できずにやらせメールからさくら動員までして虚構の世論さえつくっていた。
 私企業である電力各社は政府とマスコミを使い「原発を再稼働させないから節電しろ」キャンペーンで洗脳しようとしている。
 脱原発、原発反対、節電反対などと言ったら、産業空洞化をすすめる国賊か非国民とされそうである。戦前も戦争に反対すれば同じように非国民あつかいされたという。なんだかそれとそっくりだ。こまった国になったものである。
by datian | 2011-07-21 22:18 | スケッチ絵画 | Comments(12)

仕事疲れ

 今日は仕事疲れで、スケッチと写真のアップだけにします。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2283732.jpg



2 はやく台風が去ればいいのですが。これは違う日です。SIGMA DP2
a0037907_2203293.jpg



原発に一言。私は原発絶対反対です。
by datian | 2011-07-19 22:09 | スケッチ絵画 | Comments(4)

●九電のやりそうなこと ●汚染牛の全責任は東電と国にある。

●前回の続きです。
 九電はやらせメール問題で自白を続け、海江田は他の各電力会社でも同様のことがないか調査するといきまいている。全国の停止中の原発の再稼働の見込みは立っておらず、「原発を再稼働させないから節電だ」キャンペーンは加熱し、熱中症が増大しても「気をつけて、注意はしましたよ」と責任逃れをして、人が死んでもキャンペーンをやめる様子はない。
 九電は川内原発でも同様のやらせをしていたことを白状し、海江田は社長に辞任を要請しつつも、菅総理の「脱原発」は早急と文句をいい電力各社に媚びを売ることを忘れてはいない。

●ここから妄想
 私はストレステストで玄海原発の1号機ぐらいを停止させるのではないかとみている。九電のやらせメールの自白のスムーズさから政府と裏取り引きが成立したいるからではないかという意見がある。たとえば、廃炉にする費用は「国策として原発を推進してきたのだから廃炉も国が責任がり費用の一部か大部分を負担する」と密約する可能性だ。廃炉ビジネスは原発建設費と同等かそれ以上の人と物が長期間にわたって動き大きな利権が動くおいしい儲け話となる。
 もはや原発の新規建設が望めないとなれば、廃炉ビジネスで儲けるという選択が浮上してくる。「脱原発で廃炉しますので電気料金を値上げし税金を投入します」といって甘い汁を吸うのである。各社の原発を一気に廃炉できないとなると、早ければ早いほど儲けは大きい。
 東芝日立などの重電機大企業と運営ノウハウを有する電力各社は原発建設事業そのものは海外輸出でボロ儲けしつつ、国内は廃炉ビジネスでボロ儲けするという方策で来るようなニオイがする。
 そして国内電力市場の自由化はある程度さけられないと見越して、自由化に抵抗しつつも自由化への対応策をとっていく。その一つが他社電力会社の市場を奪っていくやり方だ。その準備は2006年あたりから九電は着々と進めている。同年11月から中国電力の市場エリアである広島のジャスコ商業施設に九電が送電しだしたのだ。九州から送電しても利益がでると九電は言明し、一施設につき見積もり担当一名をつけて顧客獲得をすすめている。
 他電力各社も黙ってはいないだろう、おなじようなことをして仁義なき電力市場奪い合いの暗闘がくりひろげられている。九電は原発の発電量の割合が多いので電気料金を安く設定できるからからこうした市場競争では強いとされてきた。余談ではあるが、電気という商品は在庫として抱えることが出来ず発電されたら即送電して売り飛ばさないと儲けにならない、過剰に発電されて電力という商品は余りその市場を求めて電力各社は他社市場の奪い合いをしており、いまさら「節電」などタワごとにすぎない。
 大規模停電を心配しているワケでも、日本経済の空洞化を心配しているワケでもなく、ひたすら自分たちの私欲を満たすために電力会社を運営している、そのニオイがプンプンするのである。

 ●汚染牛問題の全責任は東電と国にある。
 もともとは東電が原発巨大事故を起こして放射能をまき散らした。国は国策で安全だとだまして原発を推進し巨大事故に至った。この事実から目をそらさせたり少しでも軽減するような報道を許してはならない。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22343691.jpg


2 同じく。
a0037907_22353047.jpg



3 ご近所散策。GX100
a0037907_2236546.jpg

by datian | 2011-07-17 22:41 | スケッチ絵画 | Comments(4)

●福島の子供たちが厳しい状況にあります。 ●玄海原発やらせメール問題について。

●福島の子供たちが厳しい状況にあります。
ブログ「おお『空』見よ」で知ったのですが、福島の子供たち10人の尿からセシウムが検出され、そのうちの一人のお母さんからの訴えです。お母さんはこのことを広く知ってほしいと希望しています。私もそのままをコピーしてアップしています。よろしければ、一部でもコピーしてご自身のブログやTwitterなどで広げて頂くと助かります。

以下そのコピーです。


福島で厳しい状況の子供たちがいます。
以下がそのTwitter(Togetter)のまとめだそうです。写真家の藤代冥砂がまとめています。
学校の対応に腹を立てますし、子供らを気の毒に思いますが、どうすることも出来なく、憤りがだけが残りました。
もう、自分がふがいないです。
このTweetの筆者のお母さんは、「内容の拡散」を強く希望しておられます。
私はそのやり方が分かりません。
ご存じの方よろしく。

■以下、テキスト化してみました。
-----------------------------------------------------------------------------

福島メール① 先日福島の子供達10人の尿からセシウムが検出されましたが、その内の一人の母親の方から、全28ツイートのメッセージが寄せられました。要約してお知らせします。 彼女のお子さんの通う小学校に放射線量の測定を申し込んだのは5月6日。予想通り好評値よりも高い数値が検出された

福島メール② ①の訂正、好評値を公表値に。 ばかりかホットスポットも発見。その後に、それまでの岩手産牛乳が、告知もなしに福島産の牛乳に変更される。野菜ももやし以外は福島産に。校長に問うと、250円でやりくりするのだがら、仕方がないと。これ以上はPTAでどうにかしてくれ、と言われた。

福島メール③ 5月23日に文科省へ20ミリ撤回の政府交渉に行く前、毎年恒例の梅雨入り前の真夏日に、息子を迎えにいくと、汗びっしょりで校門から出て来る姿にびっくり。数週間前に、扇風機が入る知らせがあったので、「扇風機は?」と息子に聞くとまだだったので、校長に問うと、注文はおろか、どの

福島メール④ タイプにするか検討中との返事。それを聞き、福島の猛暑の中、窓を閉め切った教室に居続ける子供達は自分たちで守るしかないと気づき、友人がやっていたツイッターなるものを通して、声をかけると、反応してくれたのは福島市以外の方ばかり。須賀川の方は翌日に届けてくれ、茨城の方は、36台

福島メール⑤ 買って車で届けてくれた。さぞ校長が喜んでくれるだろうと、これから持っていきたいと連絡すると、「使い終わったあとの処分費はどうします?」と言われた。処分の心配が先?要らなくなったら引き取るので、と伝え普通車で何度も往復して届け、学校で段ボールを開いていると、学校には

福島メール⑥ 空箱を置くスペースがないから持ち帰ってくれ、と。この広い学校で?大事な政府交渉の日は行くはずだったが、扇風機を受け取るために辞退。県から扇風機各クラス2台はいまだ入っていない。エアコンのリースを提案すると、校長は、この節電ムードの中では無理だ、と。なぜ一番弱い子供たちが

福島メール⑦ 苦しみのしわ寄せに耐えなくてはいけないのか。その校長には以前にも、まだ飛来する核種が分からないので窓を開けたり、外に出さないで下さい、とお願いすると、「私はアルファ線は重用視してないので」と信じられない答え。それとは逆に、家庭訪問に来た担任は、50分も話していった。

福島メール⑧ 本当は怖くて話したいのに誰も口にしないと、その担任。「福島の学校から一人残らず生徒は転校していってほしい」とも。その担任の子供はすでにとりあえず避難さえていると。とりあえず残るではなく、とりあえず出るが大切。10人の子供から尿検査の結果セシウムが出たということは、

福島メール⑨ 私は自分の子を守れずに被爆させてしまったということ。結果が分かってしまてからは、本当に毎日苦しい。他県の小や親にこんな苦しい思いはさせたくない。子供の寝顔を見るたびに、毎日元気に育ってね、と思います。鼻血やあざや斑点がでたらどうしよう、と不安で押しつぶされそうです。

福島メール10 普通の主婦達が、避難という人生を左右する決断を強いられて精神的にみんなボロボロです。長い闘いでみんな疲れてます。以上です。 

福島メール11 この主婦の方は6月16日、福島市から山形へ移住しました。ですが、それで終わりではないです。彼女の大切な大切なお子さんは尿からセシウムが出てしまったのです。そして、その土地でいまだに住んでいる故郷の方々を心から心配されてます。子供達が目に見えない何かと暑さに苦しんでます。

今朝の福島メール、リツイートなどで拡散していただけることを福島の主婦の方は強く望んでいます。もちろん自分も。全部は大変なので、一部でも結構です。よろしくお願いします。

以上です。
----------------------------------------------------------------------------


●玄海原発やらせメール問題について。
 玄海原発説明会での「やらせメール問題」で九電が組織ぐるみの罪を積極的とも思えるほど白状し、海江田万里経済産業相は九電社長に辞任を要請し、おまけに電力各社に同様のやらせがなかったか全部調べるというのだ。
 海江田は玄海原発2,3号機を再稼働させ勢いにのって全国で停止中の原発を再稼働させる腹積もりだったに違いない。それが菅総理のストレステストで吹っ飛んでしまい怒り心頭だったはずだ。
 それが九電社長が罪を白状し謝罪すると、海江田が社長辞任を要請し、各電力会社を調査するというから、ギクシャクするどころかスムーズに話が進んでいるのだ。
 いままでの九電からするとやらせメール問題などは無視するか抵抗するのだが、白状して要請されていないのにやらせメールの例文まで発表している。これを読むと原発停止で電力不足になり工場が海外移転し産業が空洞化するという論もやらせでインチキ臭いと感覚的に判断できるシロモノだ。ある意味、こういう空洞化論はウソですと自分から言っているようなものなのだ。
 海江田は全国の電力各社でも同様のことがないか調べるというが、その調査と結果では再稼働そのもにも影響してくる、それは海江田が頭に来たストレステストと同じことを海江田自身がやることになってくる可能性がある。
 九電が心から反省しているワケでもなく、海江田が正義心に燃えて調査しているワケでもない。
 なぜだ?ここから私の妄想ですが、もう少し自分の頭を整理してから妄想を発展させようと思っています。

 私は原発に反対です。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22135683.jpg



2 天神の町角から。GX100
a0037907_2284583.jpg

by datian | 2011-07-15 22:16 | スケッチ絵画 | Comments(2)

菅の「脱原発」?

 玄海原発再稼動を町長と知事が容認したが、そのとたんにやらせメールが発覚し菅総理のストレステスト発言でストップした。その後もやらせメールが組織ぐるみであったことが報道され岸本町長のファミリー企業の岸本組と九電と町の癒着関係、九電から知事への献金などが報道されてている。
 福島原発巨大事故から定期点検を完了した全国の原発の再稼働は批判が強くストップした状態だったが、玄海原発が先陣を切って再稼働すれば全国のストップしている原発も再稼動する可能性があったが、その先端のところを菅総理は止めた。マスコミもやらせメール問題では報道をつづけて九電にけん制を加えている。

 ここからは妄想です。
●アメリカの態度
 日本のストレステストにアメリカは反対していないようだ。
 アメリカはヨーロッパ方式ではテストを受ける原発所有国だけでなく第三者の関係国もチェックが入るため実施しない態度をとっている。危険性がバレるというより他国に原発に関連する軍事情報がもれてしまうと察したからだろう。アメリカが横須賀横田の米軍に近い浜岡原発を止めろと命令されたことからすると、ストレステストは了承されていると見て間違いない。
 なおストレステストのいい加減さと問題点については武田邦彦中部大学教授が分かりりやすく説明されています。

●経済界の態度
 経済界はどうも原発をめぐって2つの方向性がいがみ合っている。原発とあわせ電力を独占しその利権にまつわりついて膨大な利益を吸うグループと、その独占的権益を壊し自分たちがとってかわり膨大な利益を得ようとするグループ、どっちのグループが優勢をしめようがどちらにも対応できるように準備をするグループなどが考えられる。
 たとえば既存の原発と電力を独占して利権をえるグループとして経団連会長などがいる。当然にも原発を再稼動させたがっている。しかし経団連会長などはアメリカの浜岡原発停止要請が理解できずに「突飛すぎる、事前連絡がない」というトンチンカンな政治性のない先見性ゼロの発言をしている。アメリカとの関係など日本の経済界を指導していくにはタイプとして古すぎるのだ。
 他方でソフトバンクの孫正義の脱原発と太陽光発電の動きでは、
全国の自治体と共同で「自然エネルギー協議会」を発足させている。また楽天の経団連脱退の動きなどがある。勢力としてどれほどかは不明だが小さくはないしバックとして大きなものを持っているように感じる。たとえばアメリカ。

●日本の政党勢力
 菅総理の評判は非常に悪く、自民党を含めて野党が総ががりになり、それに民主党からも同調する動きがあっても退陣にはいたっていない。これほど不評の総理が持ちこたえられているのは不思議としかいいようがない。なんらかの大きなバックがあるとみていいのではないか。たとえば新タイプの経済界とアメリカ。

●マスコミ界
 マスコミも今後、どちらのグループが優勢をしめるのか見極めた上で世論操作をしようとしている。朝日などはさっそく「提言 原発ゼロ社会」という社説を掲載した。

●電力市場の奪い合い
 こうした動きの中心に電気を電力会社が独占して膨大な利益を得ていることに不満を持つも別の経済界グループが「脱原発」をかかげながら電力自由化をして自分たちもボロ儲けさせろという動きに出てきたのではないだろうか。経済界全体が不況のなか市場を奪いあっている。電力市場も例外ではなく原発事故に乗じてこの動きは加速しているのではないか。電力自由化はアメリカも参入しボロ儲けをするだろう。フランスを含めてヨーロッパ経済界も狙っているはずである。

●国の主権者たる私ども有権者
 私たち有権者は福島原発巨大事故から政治不信はそうとうなものになっている。放射能汚染はまだまだおさまらず子供たちの未来さえうばおうとしている。国の主権者たる国民が一大勢力としてやむにやまれぬ意見をいいはじめている。
 経済界新グループは、一大勢力の国民を「脱原発」でごまかしながら自由化をなしとげ自分たちの利益を拡大しようとしているのではないか。

 原発事故で国民に与えたまた与えつつある膨大な被害に対する補償を、この経済界両グループはあれやこれや言い訳してしないだろうし、ケチろうとするだろう。「脱原発」をかかげる新経済界グループも「ただちに影響はない」「原発事故との関連性は認められない」とか言うに決まっている。国際社会で常識とされる1ミリシーベルトの20倍の被爆量でも安全と言っている菅政府やマスコミ界には注意せねばと思っている。本当に国民のことを考えて原発なき社会を目指しているのかみきわめなければと考えている。


1 スケッチはお昼休みの同僚からです。
a0037907_21555782.jpg



2 不思議な空模様でした。GX100
a0037907_2156854.jpg




 
 
by datian | 2011-07-13 21:57 | スケッチ絵画 | Comments(2)

牛乳があぶない

 武田邦彦氏(中部大学教授)によると、最近、福島、茨城、千葉の牛乳は大量に西日本に送り、そこで、「汚染された牛乳」と「綺麗な牛乳」をまぜて、ベクレルを規制値以内におさめているという。
 つまり、政府が「規制値を下回ったものを拒否するのは風評」と言い、それにのって業者が「混ぜてベクレルを下げる」ということをしているという。

くわしくは「誠実な社会を取り戻したい・・・牛乳と柏市の放射線」を読んでください。

 福島原発の巨大事故による放射能汚染は遠く離れた九州にもこうした形で広がってくるのではないか、それを否定することはできないと思う。
 
 そして被爆量の基準について20倍でも安全といっている。
 国際社会の標準的な被爆量は1年に1ミリシーベルトであり、日本の多くの学者先生専門家もこの基準に準じていた。ところが福島原発巨大事故が起こると、20ミリシーベルトでも安全と豹変した。この20ミリシーベルトは1年に400回の胸のレントゲンを受けるのと同じ量という。胸のレントゲンを受ける時にレントゲン技師は厚いゴムの防護服のようなものをして別室から撮影するのは、被爆の危険を避けるためだろう。レントゲンを受ける患者と同じような薄着で年間400回もあびたらレントゲン技師も生命の危険を感じるのだろう。
 国際社会は20ミリシーベルトのデタラメさと危険性を厳しく警告すべきだ。
 くわしくは同じく武田邦彦氏(中部大学教授)の「誠実な社会を取り戻したい・・・専門家と規制値」を読んでください。

 被爆量の規制を20倍も甘くし、汚染された食品が分からない形で広がっていく。こんな状態でありながら、やらせメールまでして玄海原発を再稼働させて全国の停止中の原発を再稼働させようとしている。
 私は原発に反対します。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21534080.jpg



2 天神の町角から。SIGMA DP2
a0037907_21533067.jpg

by datian | 2011-07-11 22:02 | スケッチ絵画 | Comments(2)