<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

スーパー激痛、尿管結石報告 その4

 昨日はしんかいさん、takapさんと3人で久しぶりの寄合でワイワイ楽しく一杯やりました。写真とカメラ談義、そして私の尿管結石報告、そんなこともあってプリン体の多いビールをやめてハイボールで盛り上がりました。ハイボールも久しぶりでしたが、おいしいですね。takepさんからは友情価格でカメラを譲り受け、数日後にはアップ出来る予定です。私の愛機E-300がいよいよ不調なのでとても助かっております。

 それではスーパー激痛、尿管結石報告をつづけます。
 
 激痛もおさまり、ベットでしばらくグッタリしておりました。泌尿器科で再度検査と診察を受け、薬をもらい帰ることになるのですが、なんせ時間がかかりました。途中で会社に電話し事情を話して午後から出勤するむねを伝えました。ところが、尿管結石が「心筋梗塞で倒れた」と間違って伝わってしまったのです。
 昼から会社に出勤すると、事務の方がびっくりした表情で、「大丈夫ですか」と聞いてきました。同僚は、「なんかメチャクチャヤツれてゲッソリしてますよ」とこれまたびっくりしています。怖い思いをして一日で髪の毛が真っ白になったという話がありますが、まあそこまではひどくないのですが、私を地獄から戻ってきたような目で見るのです。
 あとから分かったのですが、心筋梗塞の話でかなり会社は盛り上がったようです。尿管結石と分かると今度は尿管結石でそうとうの盛り上がりをみせました。まあ、激痛もおさまったので半分笑い話でいけるのですが、やはり再発は恐怖です。今後は再発防止のため食生活を中心に見直して改善していかねばと痛感しております。これだけの激痛を体験すると4回ぐらいはブログのネタにせねば気が収まらないという変な気持ちも起こり今回まで続きました。尿管結石報告にながらくお付き合い頂きありがとうございました。次回からは通常運転のつもりです。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22231524.jpg



2 招きネコ
a0037907_22234122.jpg

by datian | 2010-05-31 22:26 | Comments(8)

スーパー激痛、尿管結石報告 その3

昨日はアクセスがいつもの倍もありました。尿管結石に関心がとてもあるのだろうと思ったのですが、まてよ、まてよ、昨日はiPadの発売日ではないか。これまでiPadを購入する予定でWiFiの準備などをブログにアップしていたので、買ったに違いないと思われ訪問されたのでしょう。申し訳ない、いつかは購入予定なのですが、iPad盛り上がりがすごいので逆にひいてしまい、また相方の入院と私の尿管結石ですっ飛んでおります。あらためて購入したときには使用感などもアップしようと、でももうその時は知られているでしょうね。

 ではスーパー激痛、尿管結石報告をつづけます。

 救急外来の医師スタッフさんから、痛い箇所、これまでの大きな病歴、氏名生年月日等々、救急車と同じことを聞かれました。質問とそれに答える間に血圧や心電図かな、内蔵を超音波検査機で調べたりとテキパキと診断していきます。
 レントゲン検査が終わるとまたもやモウレツな吐き気がおそい、何も出ないのに腹がよじれるほど力がはいってしまうし、ノドがかさかさに乾いてくるしてもうたまりません。
 検査や問診の結果、医師が「尿管結石」と診断し、「強めの痛み止めを投与しますから、30分ほどで効いてきます」と言う。投与はされたのですが、一向に激痛はおさまりません。看護婦さんもいるし、みっともないと思うのですが激痛でのたうちまわるので、ベットから転げ落ちそうになりました。
 血圧と心電図?の電線?はつけられたままでモニターを注視している医師スタフ、超音波センサでさらに検査を進める別の医師が、「この点はなんだ?」と声を上げると、私も激痛のうえに不安が重なってきます。「あっ、モニターのキズかぁ」と医師がつぶやいた時には、あっけにとらわれつつホッといたしました。
 モウレツな吐き気に、前日に賞味期限切れのピザパイを口にしたからか、しかしちょっとだけ味見して自分の食い気と葛藤しすぐに全部捨てたのでありえないだろうと考えました。恥ずかしながらそのことを医師に尋ねると、「それは違うでしょう、尿管結石は吐き気をともないますから」と即答してくれ、先程のモニターキズ発言は帳消しになりました。
 激痛にもがく私に医師スタッフは同じような質問を何度もしつつ、「痛いでしょうね」と声をかけながらモニターとにらめっこし、私の様態を注視しているようです。この「痛いでしょうね」というかけ声が、精神的にかなり安心感を与えてくれます。激痛そのものは引かないのですが、私の激痛を分かっている人がいると思うだけで安心します。
 投与から30分ほどすると、不思議なほど激痛がさぁーと引いていきました。ジワジワと痛みが引くのではなく、スパッと無くなるのです。台風の目に入って強風と豪雨がピタっと止んだような、火傷に水をかけるとパッと痛みが無くなるような感じです。モニターキズ発言医師の株は上がりはじめました。
 しばらくすると下腹部に経験したことのないヘンテコな違和感がきましたが、さきほどの激痛からすると屁のカッパです。そして尿検査のためにトイレにいったのですが、なんとコップにゴマ粒より少し大きな黒っぽいのがあるではないですか、、、、おそらく結石です。

 「スーパー激痛、尿管結石報告」は最終章に向かって続きます。

 スケッチは天神からです。
a0037907_22145426.jpg

by datian | 2010-05-29 22:10 | スケッチ絵画 | Comments(2)

スーパー激痛、尿管結石報告 その2

尿管結石の発作にみまわれた私に対して温かいお見舞いコメントありがとうございました。私も勢いにのって尿管結石レポートを続けます。
 
 119番が通じ住所を伝えると対応した救急隊員は周辺の地理的特徴を即座に述べて確認し、「すぐに出発します」と頼りがいのある返事がかってまいりました。激痛が走るためヨタヨタしながら保険証と財布をトレーナーのポケットに入れジャンパーを羽織ったところで、電話が鳴りひびき、先ほどの隊員から私の生年月日と氏名や病歴等についての問い合わせがありました。答えているうちに、「ただいま下に到着しました」と受話器から聞こえるサイレントと外から聞こえるサイレンが同時にステレオのように聞こえてきたのにはおどろきました。
 玄関まで前かがみの姿勢でたどりついてドアをあけると、救急隊員が「大丈夫ですか、歩けますか、肩にすがってください」と支えるように回り込んでくれました。「どなたか付き添いの方は?」という問に、相方も入院中で私一人しかいなことを伝え、ゆっくりと階段を降り始めました。ところが途中で、またもやモウレツな吐き気がおそい腹をよじるのですが何もでず、苦しさで一歩も動けなくなりました。
 私の住んでいる「高級マンション」は運動不足を解消するためかエレベーターはなく、近所付き合いをはかるためか階段は狭くなっております。動けなくなった私を担架のような布でできたものに乗せ下ろそうとしてくださるのですが、この狭い階段のためにはかどりません。少し休むと吐き気もおさまってきたので、「申し訳ありません。少しましになったので立てます」と言い、隊員の肩にすがって階段をやっと降りることができました。
 救急車に運び込まれ、血圧などの測定をしながら受け入れ病院への連絡、私への質問などテキパキと救急隊員は処理をしていきます。電話をしてからここまで文章にすると長いようですが、とてもスピーディーなのです。
 病院に到着すると、
  救急外来の医師が「大丈夫ですか、どうしてここに来たか分かりますか」
  私は、「はい、分かります。せせ背中に、激痛が、救急車で、、、」と震える声で答えながら、なんだかテレビドラマの一場面のようだと激痛でクルクルパーになりかけた頭のなかを一瞬よぎりました。しかしスーパー激痛は即座に私を現実の世界に引きもどします。

 まだ、まだ、スーパー激痛、尿管結石報告は続きます。飽きずにお付き合いください。あなたも尿管結石の魔の手は伸びているのです。

1 スケッチは天神からです。
a0037907_22561268.jpg



2 ヒナゲシ。
a0037907_22564855.jpg

by datian | 2010-05-27 22:57 | スケッチ絵画 | Comments(6)

スーパー激痛、尿管結石報告

 前回のお約束通り、なぜ発泡酒から缶チュウハイに変わったのかをお話ししましょう。結論から申しますと尿管結石でのた打ち回り救急車で運ばれたのです。それも相方が入院していて私一人しかいない真夜中のことでした。
 尿管結石にはビール、発泡酒はよくないので、それで缶チュウハイなのです。

 それでは激痛が走る尿管結石報告を続けます。
 背中の腰の上のあたりに痛さが走って目が覚め、少しガマンすれば治まるだろうと思ったのですがダメです。痛さは急上昇し、のどがカラカラに乾き口がパサパサしだし、モウレツな吐き気が襲ってきます。吐き気はするのですが何もでず、ノドだけがカラカラになり水を少し口に運ぶのですが飲むことができません。立っているのも辛いのですが、横になることもできません。これはいつもとは違う、モウレツな背中の痛みはガマンできず身体も震えだしてきました。
 もう救急車を呼ぶしかないと意を決したのですが、方法が分からずパソコンを立ち上げて何回か行ったことがある総合病院を検索し電話番号を調べようとしました。病院名をキーボードを打つのですが、手がふるえ入力ミスばかりで変換できません。そうだ、診察券があったはずだと、財布から取り出して電話番号を探しますが、書いてないのです。落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせ、もう一度見ると診察券の表に小さく記されているのを発見し、電話することができました。

 もしもし、〇〇病院ですか?
 はい、そうですがどうかされましたか。
 痛くて痛くて、背中が痛くて。
 タクシーで病院まで来れますか
 とても無理、救急車をお願いしたいのですが。
 こちらに頼まれても救急車を出すことはできないのです。
 どうすればいいのですか。
 あなたが119番をして救急車を呼んでください。
 市街局番はいらないのですか。
 いりません。1 1 9 と押して下さい。
 あ、あ、ありがとうございます。
 
 そうでした。私の知りたかったのは119番をするときに市外局番がいるかどうかだったのです。身をよじる痛さのなかで市外局番がないと他県の119番にかかってしまうかもしれないと考えているんですからバカな私です。119番すると即座につながり、事はスムーズにすすみはじめました。しかし激痛と吐き気は治まる気配はまったくありません。

 それでは次回をお楽しみに、、、楽しむことではいので乞うご期待、これも違いますね。とにかく激痛尿管結石報告を次回もつづけます。

1 スケッチは天神からです。
a0037907_21524192.jpg



2 天神から、同じく座っているところ。
a0037907_2154321.jpg



3 色鉛筆シリーズ
a0037907_21544162.jpg

by datian | 2010-05-25 21:59 | Comments(18)

妻とタクシーで中心街に向かう

 妻の骨折も少しずつ安定してきたこともあって、妻のたっての願いもありタクシーで福岡市中心街まで出掛け、辻塚雅子さん(アトリエ*モアレ)主催の「カルトナージュ作品展」を観覧してきました。カルトナージュは厚紙を使ったフランスの伝統工芸と説明を聞いたのですが、展示された作品群のセンスの良さ、実用的でありつつ工芸品の完成度の高さにおどろきました。
 妻も大満足し帰りのタクシーにのせ、私はここで分かれて天神方面へヒョコヒョコと歩いてスケッチに向かいました。久しぶりの天神スケッチです、もちろん缶チュウハイとあんぱん付き、これがまたじつに美味い。ヘタでもなんでもとにかく大量にスケッチするのが好きなので35人ほどスケッチしたのですが、久しぶりということもあり疲れてきて、雨も降ってきたので切り上げました。帰りに洋菓子店によって退院祝い的なつもりでシュークリームなんぞをおみやげに買っていきました。
 ここで今までのスケッチの昼食が発泡酒とまるごとソーセージパンから、缶チュウハイとあんぱんになぜ変わったのか、疑問に思った人もいるかもしれません。実は、、、またいつかご報告いたしましょう、お楽しみに、楽しむようなことでもないけど。


1 この日の天神でのスケッチ。
a0037907_20554616.jpg



2 この日の街路樹。
a0037907_2058673.jpg

by datian | 2010-05-23 21:04 | スケッチ絵画 | Comments(6)

安物買いの銭失い

 自宅療養リハビリ中の妻の代わりに買い物をするが、安いものを見るとついつい買ってしまうことがある。サバの切り身が「絶対にお得」のシールが貼ってあり安い価格がついていたので思わず買ってしまった。焼き魚にして食べたのだが、これが古くてまずくしょう油をダブダブかけて口に運んだ。「安物買いの銭失い」的な、、、分かってはいるのだが、、、今日もキュウリが4本で100円ときたのでやっぱり買ってしまった。

1 天神のスケッチからです。
a0037907_21394520.jpg



2 同じく。
a0037907_21402487.jpg



3 いつだったか空の雲の動きが止まっていた。
a0037907_21415351.jpg

by Datian | 2010-05-21 21:43 | スケッチ絵画 | Comments(4)

とにかくアップです。

 天神でスケッチをするお気に入りのポイント場所がいくつかある。そのうちの一つが模様替えされていてスケッチしずらくなっていた。自分で勝手に決めていることで、文句をいう筋合いでもないのだがなんだか気分が沈んでしまった。新しいスケッチポイントをさがなければいけない。

1 これはそれ以前の天神でのスケッチ。
a0037907_22153813.jpg



2 いつもの夕焼け。
a0037907_22161877.jpg

by datian | 2010-05-19 22:17 | スケッチ絵画 | Comments(2)

相方が退院しました。

 おかげさまで、相方が退院しました。しかし社会復帰はまだまだ、骨折した足には装具がついており、まるでロボコップのようです。これからリハビリが続きます。とはいえ、一つの大きな区切りまできました。完治していないので油断してはいけませんがホッとしております。

1 スケッチは天神からです。
a0037907_21501789.jpg



2 同じく天神から。
a0037907_21504477.jpg



3 眼鏡。
a0037907_21564599.jpg

by datian | 2010-05-17 22:00 | スケッチ絵画 | Comments(8)

グルメ以上の普通食

 今日も生野菜をタッパーウェアにたっぷりと入れ冷やして持参し、お昼のお弁当のおかずと一緒に頂いた。私はグルメでも食通でもないが、自宅で普通に食べているように会社でも食事をしたいというのがある。生野菜はその一つとしてある。味噌汁は簡単なのだがインスタントというところに抵抗がありお茶を飲んでいる。夏場に向かって冷奴を持参する計画を立てているが、ネギと薬味をどうするかが難問である。

1 この話とは関係なくスケッチはお昼休みの同僚です。
a0037907_22405537.jpg



2 コーヒーミルの部分。これでひいたコーヒーは会社にもっていってます。じつに美味い。
a0037907_22432648.jpg

by datian | 2010-05-15 22:44 | スケッチ絵画 | Comments(10)

弁当に生野菜登場

 弁当箱とは別に生野菜をタッパーウエアに入れて会社にもっていった。タッパーの上にはアイスノンの小型版をのせて保冷し会社に到着すると即座に冷蔵庫にいれたので、新鮮さを保った生野菜を頂けた。マヨネーズも前日からシッカリと会社の冷蔵庫にしのばせておき、レタスとキュウリ、ミニトマトの上にチョチョイとのせ美味しさも倍増であった。
 これとは関係のないスケッチと写真です。

1 お昼休の同僚スケッチから。
a0037907_22244518.jpg



2 ご近所河川敷の夕刻。
a0037907_22253298.jpg

by datian | 2010-05-13 22:28 | スケッチ絵画 | Comments(2)