<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

天神も暑かった

天神に野暮用で行った。全国共通でやはり暑い。直射日光を避けるためできるだけ地下街を歩いたが、それでも地上に出ないと目的地に行けない。おまけに出口を間違えてしまい、地上を歩く距離がさらに長くなってしまった。(Caplio GX)

a0037907_20374496.jpg
a0037907_20375898.jpg
a0037907_2038981.jpg

by datian | 2008-07-31 20:40 | 路上観察 | Comments(2)

お昼休みのスケッチ

休憩している同僚をモデルにして私がスケッチをしていることを本人たちは知っているが、誰も気にしなくなった。20分から30分ほどの間に5枚程度描くのが精一杯である。とはいえ、気兼ねなく同僚たちを描けることは贅沢な環境なのかもしれない。嫌な顔一つしない同僚たちに今日も感謝である。(ボールペンでスケッチ、帰宅後スキャンしてペインターで彩色)

a0037907_2159365.jpg

by datian | 2008-07-30 22:00 | スケッチ絵画 | Comments(2)

夏空と飛行機

夏空がダイナミックになりつつある。急激な気象変化をおこして災害も出ている。注意しなければと空を見上げる。(E-1+ZD14-54mm/F2.8-3.5)

a0037907_2132157.jpg

by datian | 2008-07-29 21:49 | 飛行機 | Comments(2)

エクサバイト(服部真澄)を読んで

ひさびさ本を読んだ。エクサバイト(服部真澄)なのだが、寝る前に連続テレビドラマのように15分ほど読むので1ヶ月もかかってしまった。

エクサバイトとは、バイト、キロバイト、メガバイト、ギガバイト、テラバイト、の次の単位であるエクサバイトのことだそうだ。

a0037907_20592535.jpg
このエクサバイト単位の超大容量の記憶メディアが、今のmicroSDHCカードよりさらに小さくなり体内に埋め込まれる。同じく超小型ビデオカメラも埋め込まれ、その人が見た全光景をこの記憶容量メディアに録画していく。それを死後100年たって見てもらい、人々の記憶に自分が残ることを願うのである。この装置がデジカメのように売れている近未来の話である。

これを開発したメーカーがスパイ用カメラとして使う陰謀、個人の録画データを大量に集めて過去の歴史を正確にバーチャル再現するというベンチャービジネス。主人公とその母の確執などがからんで話はすすんでいく。

個人情報保護も進化し家族同士でもどこに住んでいるのか分からなくなってしまうなど、発想や着想は面白いのだが読み進むにつれ脳内に違和感が発生してくる。科学や技術がとんでもなく進んだ未来なのだが、政治や経済や意識や文化等は現代の旧式のまま描かれるので、そのチグハグさが違和感なのだろうと思っていた。
しかし、そんな近未来やSF小説は山のようにあるしどうも違和感はそこが原因ではないようだ。

小説では、自分の過去について、汚点や失敗や恥、など負の面については記憶から消して忘れ去り、過去や人生を美点で飾りたいというのが人間であるということが大きなテーマとしてある。録画された汚点や負の面を改ざんするプログラムも出てくるので、なるほどとなる。


a0037907_215329.jpgしかし、やはり自分の過去の経験から後世に残したいものは自分の美点だけではなく、忘れさってしまいたいことも、いやそれこそが逆に残したい伝えたいことだってあるはずだ。大きな地震や自然災害での辛い体験、いうに言われぬ理不尽な体験、さかのぼれば戦争でのつらいことなどは、忘れたいと思う反面、絶対に伝えなければいけないと思うのが人の常である。親は子供に自分のようなつらい体験はさせたくないと願うのが普通である。

消したいことに過去の犯罪などをあげているが、それは犯罪者の側の理屈であって、被害者は忘れることも消し去ることもできない。小説はどうもこのへんがごっちゃで、グチャグチャしている。過去から現在まで負の面を隠すことで世の中は進歩していない。その逆で負を克服するなり解決するなりして進んできたことは100年単位、1000年単位でみればはっきりしてくる。人は次の世代により良き生活環境を残そうとする。そうでなければ、まだチョンマゲを頭にのせて生活しているかもしれない。残すべき歴史の記録は何か、筆者のなかで基準がうすっぺらいか未消化のために、着想の面白さにかかわず、違和感が倍増するのだった。
by datian | 2008-07-28 21:03 | Comments(2)

夏はビールだ!!

ほんと、暑い日が続きます。こんなぁ時はビールに限ります。
もうすぐ健康診断ですが、メタボがなんぼのもんじゃいで
今日は発泡酒ではなくビールでいきます。
それではみなさん、かんぱぁ〜〜いです。
Caplio GX100
+SUNPAK 24SR(ストロースポットでスレーブ)
+パナソニックPE-28S

a0037907_17541312.jpg

by datian | 2008-07-27 18:05 | テーブルフォト | Comments(4)

セミの抜け殻

木に登って撮りました。というのはウソ。手を伸ばしてCaplio GX100の広角マクロで撮るとこんな感じになりました。

a0037907_20503793.jpg


昆虫があまり好きではない人もいるかもしれませんがあしからず。
by datian | 2008-07-26 20:52 | 昆虫 | Comments(2)

昼休みの素描

じっくり時間をかけてデッサンをしたいと思いつつ、その時間をとることもモデルになって頂くこともできない。いきおい昼休み短時間で描くことになる。墨汁と筆はそんな時にぴったりの画材のように思う。これで一気に描くが失敗ばかり、でもそんなこと気にせずに次の紙にまた失敗で次の紙にと、どんどんばぁ〜っと描きつづける。そんななかの一枚、気に入ったのが一枚でもできたらうれしいのだが、、なかなか思うようにはいかないのである。

a0037907_2213462.jpg


今回はペインターで彩色をせずトリミングだけおこない、そのままアップしました。
by datian | 2008-07-25 22:17 | スケッチ絵画 | Comments(2)

「暑いです」と言ってもしょうがないのだが、

やっぱり、あ・つ・い ですね。みなさん夏バテ、熱中症、クーラー病などなどご注意ください。私もこの暑さを乗りきろうと思っていますがたまりませんね。

a0037907_20482795.jpg

by datian | 2008-07-24 20:49 | 路上観察 | Comments(0)

人を正面から見る

私だけかもしれないが、人を正面から見るのが苦手、というかスケッチで久しぶりに正面からまじまじと見た。正面から人を見るという行為そのものが減っているように思う。なかなか慣れないのだが、描いていくうちに人の表情はいいなぁとつくづく感じる。いかんせん、スケッチで描ききれないのが残念である。

a0037907_2112497.jpg


100円ショップの筆ペンを使ってスケッチした。筆だから強弱で太い線や細い線が描けるかと思ったが甘かった。どちらかというと柔らかいマジックのようだ。これはこれで面白いので胸ポケットに入れている。このスケッチをスキャンしてペインターで彩色した。ペインターは奥が深いというか底なしのような気がする。
by datian | 2008-07-23 21:12 | スケッチ絵画 | Comments(2)

踏み切り

電車で帰宅する人、または夜勤にでる人、バイクで移動する若者、徒歩で買い物に行くおばさん、いろいろな人が交差する踏み切り。相乗りした車のなかからカシャっとさせて頂いた。しかしこの日も暑かった。(Caplio GX100)

a0037907_21105835.jpg

by datian | 2008-07-22 21:12 | 路上観察 | Comments(3)