<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

単生にひかれる

単生にひかれる。ほんとうは桜も撮りたいのだが、雨やらなんやらでタイミングがあわない。(E-1+APO-LANTHR90/3.5SL)

a0037907_2220173.jpg

by datian | 2008-03-31 22:21 | 植物

ハードディスクの奥底から200万画素の逆襲 その4

このシリーズをアップしながら私自身が逆襲されている。

C-2100UZ:「8年前の200万画素でここまで撮れているが、1000万画素で5倍のすばらしいものが撮れたか」

私:「そう機械的、数字的にはいかない。当時と今とでは比べられない。同じ被写体を撮れば違いは分かるはずだ」

C-2100UZ:「違いが出るのは当然だが、その違いがお前には必要か? 違いがあるから感性や腕が良くなったか? 感動が倍増しているか? 高画素高機能に頼って、むしろ低下しちゃいないか?」

私:「う〜〜む。たしかに」←反論しようがないので沈黙です。

1、
a0037907_1827312.jpg


2、
a0037907_1828032.jpg


3、
a0037907_18282239.jpg


C-2100UZ:「新しい機種はたしかに魅力的でどんどん使えばよいのだが、感動や感性をみがくことを忘れちゃいかん。高機能の落とし穴には注意すべきだ。油断しないように、このシリーズはまだまだ続いて逆襲し続けるのだ。」
by datian | 2008-03-30 18:35 | 自然

ヒメスミレ

昼休みによく行く田起こし前の畦に、去年は咲いていたヒメスミレの姿は見えない。ところが道路をへだてた溝側には去年よりも株も花数の増えて咲き誇っていた。(E-1+APO-L90/3.5SL)

1、
a0037907_2135226.jpg


2、
a0037907_2135353.jpg


3、こうしたアスファルトやコンクリのちょっとしたすき間に根をはって株を増やしていた。
a0037907_21393734.jpg


3枚とも違う株だが2〜3メートルのアスファルトとコンクリの溝にそって咲いている。花の可憐さからは想像できない気丈さを持ち合わせているのかもしれない。
by datian | 2008-03-29 21:45 | 植物

街に桜がやってきた。

昼休み、ご近所の桜。ご近所のお母さんたちが子供連れでミニ花見まっさかりである。(Caplio GX100)

1、
a0037907_2225319.jpg


2、
a0037907_2232252.jpg


3、
a0037907_2235059.jpg


臨時ニュース!!! 
「コブクロライブツアー」(マリンメッセ福岡)のチケットが今日届きました。なんと 1列目です。妻は狂喜乱舞し、残業続きに神も仏もないとぼやいていたのですが、「やっぱり神様は見ているのだわ」と豹変しております。
by datian | 2008-03-28 22:11

単生の次は群生

そういうわけでもないのだが群生である。(E-1+APO-LANTHR90/3.5SL)

a0037907_21282175.jpg


忙しいぞで、脈絡のないアップ。
by datian | 2008-03-27 21:30 | 植物

単生の外来種

キク科の外来種だと思うが、こうしてよく見ると異国の地に来て一人で踏ん張っているように感じる。見る私がかってに想像しているだけなのだが、気になるのだ。(E-1+ZD50mm/F2.0)

1、孤独である。
a0037907_21351654.jpg


2、アップで。
a0037907_21355368.jpg


3、後ろ姿に気迫のようなものを連想する。
a0037907_21365035.jpg

by datian | 2008-03-26 21:43 | 植物

スタンド

以前は使っていなかったスタンドだが、テーブルフォトの光源として利用するため電球も新しくそろえ使いだした。数回使ってはみたが光量が不足気味なので、今ではもっぱら妻の読書用スタンドに変身している。光源はストロボの大光量がやはり面白い。一瞬ではあるが大光量で被写体を浮かび上がらせる。撮れた写真はん〜〜んなのだが、その一瞬がとても写真的に感じる。(墨汁でスケッチ後スキャンしてペインターで加筆彩色)

a0037907_21304217.jpg

by datian | 2008-03-25 21:40 | スケッチ絵画

群生ではなく、単生と言ったらいいのか?

群生の美しさもあるのだが、こうした一株というか単生というかひかれるものがある。(E-1+ZD50mm/F2.0)

1、
a0037907_22564041.jpg


2、
a0037907_2257126.jpg


ちょいと忙しくなってきたが、しぶとくアップ。
by datian | 2008-03-24 22:59 | 植物

つくしを「採る」VS「撮る」

先日の昼休みに、いつもの土手に撮影にいくとおばあさんが腰をかがめて何かを採っている。「つくし、ありましたぁかぁ〜?」と話しかけると、「あるよ」という感じで指差してくれた。ものすごい勢いでつくしを採っているので私はあわててカメラを出してつくしを撮りだした。おばあさんは草木一本残らず採り尽くすような勢いで採り、つくしをスーパーのレジ袋に山のように入れている。それでも私の撮っている数本のつくしを採ろうと虎視眈々と狙っている。私が撮影で退かないのに業を煮やしたか、後ろに回り込んで私のお尻の横にあるつくしさえ採っていく。こうなったら私にも意地がある、テコでも動かず撮影を続け、とうとう根負けしたおばあさんは去っていった。どうもおばあさんは自分で発見したつくしは自分のもの、見知らぬおっさんが写真など撮ってじゃまするとは何事か!と考えたようだ。(E-1+ZD50mm/F2.0)

a0037907_2056348.jpg


この土手のある流域では、以前つくしはかなり沢山採れたと言う。しかし護岸工事が進むにつれ、つくしの植生は減少し続けているようである。
by datian | 2008-03-23 21:06 | 植物

ハードディスクの奥底から200万画素の逆襲 その3

これは7年前に桜を撮ったもので、200万画素が解像感が無いかと言うとそうでもない。200万画素なりの解像度をもって、あの時の美しかった桜の雰囲気を描写していることに驚いている。それは7年前の雰囲気を記憶の中からよみがえらせてくれる。

1、撮影 妻 カシオのQV-2000UX(200万画素)である。当時は64MBメモリーが1万円前後だったように思う。1600×1200ピクセルが高解像度であるが、800×600ピクセルに落として高価なメモリーを節約して撮っていた。このほうがメールでも軽いので充分であった。
a0037907_22344915.jpg


2、撮影 私 C-2100UZ。これも1600×1200ピクセルではなく、1280×960ピクセルに落として撮っていた。
a0037907_22364813.jpg


3、撮影 私 C-2100UZ。これは1600×1200ピクセルで撮った。
a0037907_2239155.jpg


最新機種は1000万画素以上の高解像度であり、それはすばらしい能力をもっていると思う。そこからすると200万画素は1/5以下の画素数になるが、200万画素を否定する必要もないのである。7年前の記憶を刺激する能力は確かなのもがあると実感している。
by datian | 2008-03-22 22:54 | 植物 | Comments(10)