<   2008年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

やっぱり地表はおもしろい

私の写真感覚からすると、世界は空が半分に地表(水面含む)が半分で出来ていると勝手に思い込んでいる。ひさしぶりに地表を撮ったがやはりおもしろい。(Caplio GX100)

1、鉄板をがっちり止めるボルトに魅力を感じる。ボルトやネジがなかったら今の世界は存在しない。
a0037907_21492890.jpg


2、なんという名称かしらないが溝などに設置される鉄製の溝蓋。
a0037907_21514157.jpg


3、同じ物をもういっちょう。
a0037907_21522392.jpg


ここは河川敷で、いくつかの帰化植物を見ることができる。その生命力はすさまじくちょっとしたコンクリの割れ目も見逃さずに根をはっている。自然界の力は人間の開発力が衰えると反撃をはじめる。河川敷の工事はそんななかで行われているように感じる。
by datian | 2008-01-31 22:04 | 路上観察

すっきりしない雲行き

午前中は雨模様で予定していた昼休み撮影散策はやめようと思っていた。ところが昼に雨がやんだので、それっと出た。何枚か撮っているとまた雲行きがあやしくなってきたので、そそくさともどった。わずかな時間しかないことから、かえって集中して撮っているようで自己満足の度合いが高かった。(Caplio GX100 1600pixel×1200pixel クリックすると大きくなります)

a0037907_2216304.jpg


いつもの昼休みの撮影散策ではデジイチのE-300とコンデジのCaplio GX100を持っていく。ある程度撮ろうとする被写体が決まっている場合が多く、E-300が出番なのだが、今回のように予定外の被写体が突然出てきたときはポケットに入れているCaplio GX100ががぜん活躍する。画質でデジイチとコンデジの違いは当然としても、常時待機性、機動性、即効性などの違いももっと論じられていいように思う。
by datian | 2008-01-30 22:33 | 飛行機

今日は寒いので湯気

今日は寒いので暖かいものをと考えたが、ヤカンの湯気ぐらいしか思いつかなかった。

1、E-300+HEXANON AR 57/1.4
a0037907_20412082.jpg


2、ヤカンと言えば湯のみ、でも寒い色合いになってしまった。E-300+HEXANON AR 40/1.8
a0037907_2042489.jpg


3、お茶が出たら、珈琲も出すのがバランス感覚というもの。E-300+HEXANON AR 40/1.8+OLYMPUSマクロコンバージョン
a0037907_20445962.jpg


OLYMPUSのデジイチであるE-3とE-510は手ぶれ補正がついているが、フォーサーズマウント以外では補正が効かなかった。しかし今日ファームウェアのアップでボディ内手ブレ補正がフォーサーズ以外のレンズにも対応するようになった。これでマウントアダプターで付けられる別マウントレンズや改造マウントレンズでも手ぶれ補正が効くようになるのだ。私の持っているコニカHEXANONレンズもばっちりである。1,000円前後のオールドレンズに手ぶれ補正が効くとは愉快千万である。残念なのは私がまだ、E-3とE-510のデジイチを持っていないことである。なんたることか!!
by datian | 2008-01-29 20:55 | 食べ物

那珂川散策 写り込み

日曜日の午前中は予報とはちがい晴天となった。寒さも和らいだようなのでさっそく那珂川に撮影散策に出た。冬空にはめずらしく青空が広がり、無風状態のおかげで水面はおだやかで鏡のように景色を写し込んでいた。

1、最近は枯れ草に注目
a0037907_22402882.jpg


2、バンが写り込みに殴り込み
a0037907_2242735.jpg


3、この木も空も全部、写り込みで不思議な景色を演出していた。
a0037907_22444719.jpg
(1〜3は 撮影 妻 E-330+シグマ105/2.8)

4、全体として、こんな感じで写り込みが続いている。(撮影 私 Caplio GX100)
a0037907_22474640.jpg

しばらくして弱い風が出てくると水面はさざ波がたちはじめ、巨大な鏡は一瞬にして姿を消した。
by datian | 2008-01-28 22:51 | 路上観察

那珂川愛好会?のプチオフ その2

前回につづいて那珂川愛好会のプチオフ会なのだが、しんかいさんとの会話に夢中になってアップする写真がきわめて少ない。今回はお借りしたアポランター180mm/F4で撮ったものをアップしようと思ったら10枚しか撮影していなかった。ヒット率がきわめて低い私としては100枚以上撮るべきなのだが、とにかく会話が愉快であった。10枚しか撮っていないのだが、アポランター180mm/F4の魅力に揺さぶられている。この画角のマクロを持ち得ない私にはインパクト満点なのだ。(E-300+アポランター180mm/F4)

では、アポランター180mm/F4 いきます。

a0037907_21335432.jpg


a0037907_21342083.jpg


a0037907_21343975.jpg

もっとたくさん撮っていれば、このレンズのすばらしさをご紹介できたのだが、腕の悪さと少ない枚数のため説得力を欠くものとなってしまった。とはいえ私はこのレンズの強力な魅力に引かれてしまった。
はじめてお会いした、しんかいさんの印象は半分は予想していた通りであった。へんてこな世相やつまらない風評に染まることなく自分のきっちりとした価値基準をもって生きていらっしゃることが分かった。では堅物かというとそうではなく柔軟にその場に対応しつつ人生を楽しみ有意義に過ごされていると感じた。その他あと半分はもう少しざっくばらんな、冗談の好きな方かと思ったが、とても真面目な人物であった。もちろん話されている内容はとても貴重で面白かった。これは初対面で馬鹿話をする私の方がくだけすぎでおかしいのかもしれない。今後プチオフ会をかさねるごとに教えて頂くことがたくさん出てきそうで楽しみである。
by datian | 2008-01-27 22:05 | 自然

那珂川愛好会?のプチオフ その1

今日は、ご近所で那珂川を共通被写体にしている、しんかいさんとのプチオフ会をおこなった。しんかいさんはPENTAX、私はOLYMPUSであるが、共通するM42マウントレンズを持ちより、付け替えて写りの味を楽しんだ。しんかいさんからは、なんとなんとコシナのプラナー50mm/F1.4 ZSとアポランター180mm/F4、私はフジノンEBC55mm/F1.8とタムロンSP90mm/F2.5を持参した。こうして憧れのレンズや興味のあるレンズを実際に装着して撮影できる機会はめったにない。これぞ那珂川愛好会の強みかもしれない。
撮影枚数は楽しい話に夢中になり少なくなってしまったが、やはり交流で得た楽しく貴重な話はまた格別であった。

まずはE-300+プラナー50/1.4 ZSですぞ!
a0037907_22355133.jpg


a0037907_22362370.jpg

もっともっとたくさん撮ればよかったのだが、それでもこのレンズの含蓄のある写りにはコロンとまいってしまった。冬の那珂川のどんよりした空気のなかの枯れ草を写し込んでくれる恐るべしプラナー50/1.4 ZSの見事な風格ある描写力だった。プチオフ会はもう一回ほどアップいたします。
しんかいさん、今日は寒いなかありがとうございました。こんどは大橋あたりで一杯いきましょう。
by datian | 2008-01-26 22:52 | 自然 | Comments(8)

ひさしぶりのコニカHEXANON(ヘキサノン) レンズ その5

このコニカHEXANON(ヘキサノン)レンズは安価で古くガタガタしているが、けっこうドラマチックに写し出してくれる。(E-300+改4/3HEXANON 57mm/F1.4厚紙マウント)

1、
a0037907_2230232.jpg


2、
a0037907_22302783.jpg


3、
a0037907_2231014.jpg


OLYMPUSさん、AFもいらないから単焦点レンズを安価に出してくれないだろうか。望遠とか広角とかもいいけれど、性能も価格も思いっきり尖ったレンズもいいが、標準で平凡な画角でいいから、いやそれがいい、その単焦点レンズをくどいが安価で出してくれないか。
by datian | 2008-01-25 22:45 | 路上観察

ひさしぶりのコニカHEXANON レンズ その4

しかしこのコニカHEXANON はもう30年ぐらい前のレンズだと思うが良く写る。もちろん最新式のレンズからすれば解像力や発色や抜けの良さなどで劣るのはやむを得ないのだが、それが致命傷にはならないから不思議だ。反対に少しあいまいで角ばらない写りが目に優しく心地よい。(E-300+改4/3HEXANON 57mm/F1.4厚紙マウント)

1、車。
a0037907_21532351.jpg


2、テカリ。
a0037907_2154661.jpg


3、ドア越し。
a0037907_21544374.jpg


PENTAXがデジイチの新機種を2種とレンズ数種、コンデジ1種。Canonがデジイチ1種とレンズ2本とコンデジ数種。オリンパスがコンデジ数種。FUJIFILMもコンデジ数種を発表し新製品ラッシュとなっている。どれも良さげで目移りしてしまうが、ウワサされていた度肝を抜くようなデジカメはまだないように思う。どこかのメーカーがまだ隠しているのかもしれない。新機種も興味津々だが、今のところ私は型落ちのE-300とオールドレンズで半径1メートル前後の撮影を楽しんでいる。
by datian | 2008-01-24 22:08 | 番外編

ひさしぶりのコニカHEXANON レンズ その3

このHEXANONレンズのピントリングはガタガタして遊びが大きくなっている。ここから微細なゴミが入る可能性は否定できないが、E-300のゴミ取りは強力で今までに画像にゴミが写ったことはない。E-300とHEXANONレンズの相性のよさはこんなところにあるのかもしれない。どこかが悪いと別のことろがカバーする、そんな関係がホロッとさせるのだ。(E-300+改4/3HEXANON 57mm/F1.4厚紙マウント)

1、スタンプとスタンプ台。
a0037907_2216595.jpg


2、はさみ。
a0037907_22182279.jpg


3、ガムテープ。
a0037907_2219754.jpg


4、セロテープ台。(これだけ、ディフューザー+外付けストロボ使用)
a0037907_2220967.jpg


ある作業場の昼休み。休憩時間は誰もいない。道具類は丁寧に扱われるが、どうしてもキズがつきよごれるし壊れることもある。壊れればガムテープを貼って使う。このセロテープ台が、ガムテープで補強されていることを、撮っていることで気づいた。今日は良い一日だった。
by datian | 2008-01-23 22:43 | 番外編

ひさしぶりのコニカHEXANON レンズ その2

ひさしぶりのコニカHEXANON レンズを今日の昼休みも使った。このレンズは落ち着いてゆっくりと撮るのが似合っているように思う。あせって撮ると厚紙マウントが外れるということもあるのだが。(E-300+改4/3HEXANON 57mm/F1.4厚紙マウント)

1、黒板消し。
a0037907_21532374.jpg


2、おなじくチョーク。
a0037907_2154093.jpg

ホワイトバランスを5000Kにして撮ったため少し黄色が入り込んだ色合いになった。ワンタッチホワイトバランスで調整して撮りなおしたらにごりのないさわやかな本当の色合いに近くなったが、やはり少し黄色が入り込んだ色合いの方が今日の気分にあっている。E-300のホワイトバランスはよくはずれてじゃじゃ馬と言われている。Caplio GX100を使ってみると確かにE-300よりは正確なのだが、どんな時でも同じような色合いになってしまってつまらなく感じることもある。ホワイトバランスという表現ではなく、気分色配置尺度みたいなものにならないか。明るい気分の色合い、暗い気分の色合い、沈んだ気分、はずんだ気分色などどうだろうか。
by datian | 2008-01-22 22:20 | 番外編