<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

つくし

ご近所を散策していたら、小さい子供3人を連れた親子5人が楽しそうに
道ばたの草むらにたたずんでいる。見るとつくしを採っている。少し先回り
して採られる前のつくしをカメラで撮っていると、子供たちが追い付いてきた。
子供たちのお母さんが「春を写真に撮っているから、まだ採っちゃだめよ」と
子供たち言い聞かせてくれた。お父さんも楽しそうに夢中にとっている。
撮影が終わったつくしはもちろん子供たちが喜んで採っていった。
(E-300+ZD50mmF2.0)
a0037907_204043.jpg

ところで、つくしの前は博多に出向いて、E-330に触れてきました。
予算があれば、ポ〜ンと現金で買ってしまいそうですが、なんせ
財布が軽すぎる。これは野草撮りに最適なデジ一眼と感じました。
ライブビューの楽しさ、これがつくしの時にあったらとつくづく
思いました。撮影アングルの自由度がかなりアップするのは言うまでも
ありませんが、私はそれにプラスして両目でアングルとピントを見ることが
できる自然さがたまりません。どんなにすぐれたファインダーであろうと
私にとって片目は不自然で疲れます。
ライブビューは銀塩一眼レフカメラから見ると異端のように思えますが、
コンバクトデジカメから見ると当然の成り行き、発展と思います。そして
デジカメ付き携帯からすれば、なんの不思議もありません。極論すれば
片目をつぶって銀塩一眼で撮る方が異端になっているかもしれません。
太宰府に梅を撮りに行った時、画像記録として一番多いのが携帯、
次にコンパクトデジカメ、そしてデジ一眼、最後に銀塩一眼レフの順でした。
多数決で決まることがらではありませんが、大きな流れはあるようです。
しかしネットなどでE-330のライブビューが論議される時には、
銀塩やデジ一眼を引きづりながらなされているように感じてなりません。
もちろん出たばかりのライブビュー、そこには解決を要する問題点も多々
あるかもしれません。それもふくめてもっとコンパイクトデジカメや携帯の
流れからの論議があっていいような気がしてなりません。
長くなりましたが、そから私としては「美しい野草や風景、感動した場面、
ふと気になった街角を両目で見て両目で画像として記録したいです。
片目は不自然です。それを解決してくれるライブビュー」と感じております。
by datian | 2006-02-26 21:15 | 植物 | Comments(14)

昼休みの梅

これは21日の梅です。昼休みにお天気がよいので会社のまわりを
散策していると民家の庭にど〜んと立派に咲き誇っていました。
「いままで冬なので咲くのを我慢していたんだ」という咲きっぷりに
ひとり納得していました。

E-300+ZD14-54mmF2.8
a0037907_21302655.jpg


E-300+ZD50mmF2.0
a0037907_21311775.jpg

by datian | 2006-02-24 21:32 | 植物 | Comments(10)

季節と食べ物

2月11日に佐賀に行った時、おいしい肉まんを売っているお店に
遭遇。さっそく2個買って近くの神社でぱくつきました。「美味い」、
ほんのり甘くジューシー、これならもっと買えばよかったと後悔し
きりです。お店からはお饅頭を蒸す蒸気が景気よく出ていました。
お饅頭もどこかなつかしい、手作りの良さがたっぷりでした。
a0037907_21331948.jpg


そして、妻の同僚から頂いたつくし。卵とじでさっそく舌鼓です。
いわゆるグルメの味ではない。しかし簡単には手にはいらない
春を運ぶ味わいに大満足でした。
a0037907_21462384.jpg
冬に食べるとさらに美味しく感じる肉まんから
春のつくしの卵とじへと、季節の味紀行でした。
by datian | 2006-02-22 21:50 | 食べ物 | Comments(8)

福岡市動植物園

昨日の日曜日は朝から天気がどんよりでがっくり。家でごろごろして
いましたが、このままでは休みがもったいないと昼前から動植物園に
行ってきました。どこかの年配の撮影グループの人たちが熱心に
撮影されていました。私は何故かその周りで撮っていました。

カンザキアヤメ(E-300+ZD50mmF2.0)
a0037907_2123568.jpg


やっと咲いているウメに出会いました。(E-300+ZD50mmF2.0)
a0037907_2142892.jpg

by datian | 2006-02-20 21:05 | 植物 | Comments(6)

油絵

かなりひさしぶりに絵を描いた。それもあこがれの油絵である。
と言っても写真をベースにペインターというソフトを使用して、
描いたデジタルペイントです。
ボタン一つでパッと出来るのではないのですが、ペンタブレットで
コチコチ、ちょこちょこと手作業で楽しみながら描いた静物画です。
モデルは100円ショップより購入した紅茶ポットです。
a0037907_2031433.jpg

by datian | 2006-02-18 20:32 | スケッチ絵画 | Comments(14)

猿回し

日曜日に太宰府天満宮を訪ねると猿回しをやっていた。
テレツクテンテン、、太鼓の小気味良いはやしとともにおじさんの
威勢のよいかけ声がかかる。お猿さんと息のあった猿回しは
気持ちがよい。

さぁ、はじまるよ。(撮影 妻 C-2100UZ)
a0037907_2182277.jpg

お見事(撮影 妻 C-2100UZ)
a0037907_2110129.jpg

最後にアップで(撮影 私 E-300+シグマ55-200mmF4)
a0037907_21122963.jpg

by datian | 2006-02-17 21:13 | 番外編 | Comments(6)

水と緑の城下町、佐賀を訪ねました。

金立公園をあとにして佐賀の城下町を散策しました。
歴史民俗館(旧古賀銀行)
古賀銀行は明治18年に設立され、明治39年に銀行の本店が新築され、大正5年には倍に
増築されたという。入館は無料で厳かな雰囲気を味わえ散策に疲れたら喫茶コーナー(有料)
がある。
こうした江戸、明治、大正などの建築物が現在の佐賀の街に気取ることなく
息づいていことを感じました。愛されてきた建造物、現在も現役で役立っている建物、
そこには背伸びした無理な観光化をしていないことを感じました。

2階からのながめ
a0037907_21434132.jpg

頭取室のドア
a0037907_21451393.jpg

外から窓を見る
a0037907_21461276.jpg
(E-300+ZD14-54mmF2.8)
by datian | 2006-02-15 21:47 | Comments(6)

太宰府

ここはいつきても人出が多い。梅は一輪咲いたかどうかである。
例年より2週間ほど開花時期がずれているようだ。
一眼デジカメで撮影する人の多いこと、そしてコンパクトデジカメ、さらに
携帯で撮る人、画像として記録していない人の方が少ない気さえしてきた。
もちろん私もデジカメをかかえる一人であるが、圧倒されて政庁跡の方へ
と足を向けた。とても青空が気持ちよかった。

マンサク(E-300+ZD14-54mmF2.8)
a0037907_21534722.jpg

by datian | 2006-02-13 21:54 | Comments(5)

オウレン

昨日の夜中に妻が突然「佐賀の金立公園にオウレンを見に行く」と言い出し、
気付くと朝から佐賀行きの高速バスに乗っていました。
残念ながらオウレンの花のピークはすこし過ぎていました。
金立公園をあとにして佐賀市内の長崎街道へ向かいたっぷり3時間ほど
散策しました。あいにくの天候でしたがとてもよかったです。

オウレン(E-300+ZD50mmF2.0)
a0037907_2144020.jpg

by datian | 2006-02-11 21:04 | Comments(8)

カモ2枚

ピンボケかもしれないし、手ブレかもしれない。いや両方だと思う。
シャープなようでキレがない。ボケているようでガサ付いている。
でも、なぜか私のなかでは気にいっている。言い訳と言われれば
そうだが趣味の世界である。冬の中でも暖かな日にカモを見れた
それだけだが、それがいいのである。
(先週の日曜日の那珂川散策から E-300+シグマ55-200mmF4)
a0037907_2293954.jpg

a0037907_22103860.jpg
似たような写真でどっちが悪いか分からず、ええ〜いまとめてアップだ。
by datian | 2006-02-10 22:14 | 動物 | Comments(4)