2017年 04月 13日 ( 1 )

第34回人物スケッチ会 ご報告 その2


第34回人物スケッチ会 ご報告 その2
1分間、5分間、10分間クロッキー(下)
前回の続きです。(掲載は順不同です。)

SAさん。

 寝転がって空を見ているようなくつろいだ雰囲気が漂っています。春の暖かい日差しのもとで咲き誇る桜を見上げている、そんな場面を想像しました。横顔と手まくらで背骨がゆったりと伸び切り、立てた脚の膝がそれをしっかりと支える余裕のあるバランスがそうした世界を作り出しているようです。(10分間クロッキーより)


MOさん。

 落ち着いた雰囲気でどっしりと安定感があります。そんなに身体を大きく描いているわけではないのですが、堂々としたものを感じます。モデルさんの髪の毛はきれいなウェーブがかかっているのですが、それをエイヤーっとまとめキリッとした表情を目立たせています。組んだ両腕がその表情とマッチして堂々感を演出しているようです。(5分間クロッキーより)


YAさん。

 いつもの立ち姿や座り姿とは違う、寝ているポーズです。描く方にとって初めての挑戦ですが、それは同じくモデルさんにとっても初めてのポーズです。モデルさんが「さあさあ、描けるものなら描いてみなさい」と投げかければ、「よし、その挑戦受けてたちましょう」と応えるYAさん、そんなやり取りが聞こえてきそうな1枚です。(10分間クロッキーから)


TUさん。

 寝ているポーズだけでも難しいのですが、それにプラスして頭部の側から描かれました。胴体部分が実際より長くなりがちですがそこもグッとこらえて脚とのバランスをきっちりとられてきました。また両腕両脚をみると1点透視図が応用され立体感のあるクロッキーとなりリアルに迫ってきます。10分間という短時間ですがここまで描くことができることに、びっくりしつつその楽しさが押し寄せてきます。


Pakuさん。

 早業といえば、10分間で色までつけて完成させてきました。時間をかけてじっくりと描くことも素晴らしいのですが、こうして短時間で特徴や描きたいところを発見し、ものすごい集中力と条件反射的にエキサイティングに描いていく楽しさもまた素晴らしいです。とくに日常生活でハッと気づいたり、見て感じたりしたことをメモ的にでも描いていく、それはじっくり描いていくうえでも大きなプラス要因になっていくと思います。Pakuさんが必死に描いているときは輝いていて話しかけることもはばかる、そんな迫力を感じています。(10分間クロッキーから)

a0037907_07122962.jpg

そして私です。

 1分間、5分間、10分間とクロッキーを堪能しました。出来上がりは置いといてたくさん描けて良かったです。



by datian | 2017-04-13 20:43 | スケッチ絵画 | Comments(0)