病院の待合室から

 今日は、地デジの予約録画をはじめて試みた。予定時間の3分前になるとMacが自動的に立ち上がり、外付けのハードディスクが連動して電源が入る。そして予定時間に録画ソフトが立ち上がり録画を開始、録画終了でMacとハードディスクの電源も落ちて待機状態になるというもの。
 こう書くと大変そうなのだが簡単なのである。ただ問題はMac、地デジチューナーキャプチャ、外付けハードディスク(ケースがセンチュリーのスイッチなし仕様)、それらが別々のメーカーを寄せ集めたチャンポン状態なので、うまく連動するかが心配だった。
 結果は成功、予定していたニュースが録画されていた。ニュースでは今日から始まった「豆本浪漫」(豆本展)が紹介され、見ていた妻と私は大喜びした。しかしこれをどうDVDに保存しようか、それが大きな課題として残ってしまった。
 スケッチは引き続き病院の待合室からです。

1 
a0037907_21592355.jpg



2 
a0037907_21594421.jpg



3 
a0037907_21595936.jpg



4 
a0037907_2203212.jpg



5 
a0037907_2205839.jpg



6 
a0037907_2211229.jpg



7 
a0037907_2212678.jpg



8 
a0037907_221391.jpg

by datian | 2009-10-23 22:07 | スケッチ絵画 | Comments(8)
Commented by しんかい at 2009-10-23 23:23 x
しばらくハードディスク内で保管するしかないかも(爆)
将来キャプチャソフトの不具合が解消されれば、DVDに焼けますよ♪

しかしdatian家は時代の最先端を行ってますね~
我が家はまだブラウン管にDVDでございます。VHSもしっかりあります!(爆)
Commented by 魔女メグ at 2009-10-24 08:45 x
おはようございます。
こうなると病院通いもおつですねえ。
なんてしっかり描けるのかしら、待ち時間で動かないから?1枚目、初々しいなあ6枚目の女の子うふふ。
Commented by あまぎやま at 2009-10-24 11:56 x
録画装置を持っていながら使いこなせずに眠っています。2点目の作品は「未完成の魅力」が一杯でとても好きです。何時も楽しみです。
Commented by degasdegas at 2009-10-24 21:00 x
datianさんのデッサンの魅力は、エッチングのようなところでしょうか。
1枚目のとか見るとそれがよく現れています。輪郭線にとらわれず、彫刻的でもあり、ジャコメッティのデッサンなども思い浮かべます。この魅力をこれからも持ち続けていく限り、私は、datianさんのファンです。とは言え、その延長線上に何か見つけたら教えてください。そっちも興味があります。逆に鉛筆画の方は、擦れてしまっているように感じます。これは、あくまでも私だけの感じ方です。
Commented by datian at 2009-10-24 22:21
●しんかいさん、こんばんは。
そうですね、ハードディスクもかなり安くなってきたので
保存しっぱなしでいきます。大切でない録画は見たら消去
してます。
あとはブルーレイをしてみたいのですが、Macは非対応なので
やりようがありません。その点Windows7はいいですね。

時代の最先端というか、安価な製品に飛びついたのが
ほんとうの姿です。

Commented by datian at 2009-10-24 22:21
●魔女メグさん、こんばんは。
つらい病院通いも、スケッチができるとなると気がまぎれ
ます。でも病院はしばらくいかなくてもよくなりました。
動きは他の場所より病院ということもあって少ないので
スケッチしやすいです。
受付の女性はテキパキと事務をこなしていて、見ていて
気持ちもよいので、スケッチも乗って出来たのかもしれ
ませんね。

Commented by datian at 2009-10-24 22:21
●あまぎやまさん、こんばんは。
これでなんとか地デジが録画できて後から見ることが
できるようになりました。ただこの装置のついている
パソコンでしか見れないのが残念なところです。

2枚目、私も気に入っているのでそう言って頂けると
とてもうれしいです。「三角港」のスケッチ、いいです
ね。船がたくさん係留されつつ奥行もグッとあって見応え
を感じています。

Commented by datian at 2009-10-24 22:21
●degasdegasさん、こんばんは。
人物を輪郭線からとらえるのではなく、立体的なものを彫刻を
するように描いていく、これが一つの大きな目標でもありまた
理想でもあります。
そうした点を評価していただけたので正直びっくりしつつ
とてもうれしくなっております。
輪郭線もアタリ程度の最小限におさえたいとのですがなかなかです。
人物という立体的なものを立体的に正直に見て正直に描きたい
と思いつつも難しさに戸惑いもありましたが、そんな時に
degasdegasさんからこうしたコメントを頂くと大きな励みに
なります。
とはいえ、いろいろと試したいことであっちふらふら、こっち
ふらふらすることもあると思いますがよろしくお願いします。

<< 「豆本浪漫」展を見てきました。 豆本展開催のお知らせ >>