福岡、記録的集中豪雨 その後

たくさんのご心配と励ましのコメントありがとうございます。なんとか今日は無事に過ごすことができました。明日も大雨の予想です。気を引き締めて過ごしたいと思います。

1 昨日の記録的集中豪雨の中を帰宅した状況を思い出して描きました。濁流する水はどす黒い色でペットボトルやゴミ袋、汚水も混じっているようです。(水彩色鉛筆)
a0037907_22402024.jpg


2 水路ではなく道路である。(25日の朝、妻が撮影 Caplio R7)
a0037907_22441666.jpg


3 同じ道路。けんめいの復旧作業で高架下の道路が姿をあらわす。(25日の夕刻 私が撮影 Caplio GX100)
a0037907_22475329.jpg

とても同じ道路とは思えない。ここが水没したこともあり周辺の道路は大渋滞になった。
by datian | 2009-07-25 22:53 | 自然 | Comments(10)
Commented by あまぎやま at 2009-07-26 09:54 x
私のときは久留米水天宮前の川を牛や民家が流される光景を目の当たりにしました。気をつけてください。
Commented by jikomannte at 2009-07-26 19:40
何とか「雨降って地固まる」で、普通の暑い夏になって、もらいたいところですね。
Commented by datian at 2009-07-26 20:50
●あまぎやまさん、こんばんは。
ご心配、ありがとうございます。
そうした災害を目の当たりに体験をされているお話を聞くと
今回の集中豪雨の大きな危険性がリアルに伝わってきます。
これから明日にかけても気を抜かずにいきたいと思います。

Commented by datian at 2009-07-26 20:50
●純兵衛さん、こんばんは。
避難勧告もやっと解除されたようです。明日は曇りから
晴れの予報、なんとかこのまま通常の夏へと移行して
ほしいですね。しかしまだ油断は禁物のようです。

Commented by takep at 2009-07-27 09:35 x
絵は、臨場感あって好いですね!
道は(ノ゜⊿゜)ノびっくりですね!こういった下に彫ってある道路はどうしても水が溜まっちゃうんですよね…
怖いですね。
高速道路の土砂崩れもひやりですね。
私は基本的に通らない箇所ではあるのですが…
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-07-27 10:24
水害お見舞い申し上げます。
仕事で福岡とは電話連絡していたので、こんな事とは想像していませんでした。
山口県の土石流の惨事が前面の報道で、
日常生活の支障は早く解決して欲しいですね。
予報ではまだ雨の心配があるので、呉々もお気をつけ下さい。
Commented by degasdegas at 2009-07-27 19:34
イラスト・・・とってもいいですね! こういうことって大切ですよね。
なんかイラストにしたりすると、実際のことより軽く見えるけど、描く人や見る人の癒しになると思います。ただ、腰まで泥水に浸かったり、臭い、その後のこと、そんな現実をテレビや写真を見ていると薄れてくる。それこそマスコミの問題だと思います。よく、「現地に行って来い!」とばかりに女子アナなどを現地に送り、取材している映像がありますが、確かに基本だとは思うのですが、伝えきれていないと思うのは私だけでしょうか。もちろん、彼らもプロですから、限界との戦いをしているとは思います。そんなことを考えると、私自身の描くという行為も身がひきしまる思いがします。
Commented by datian at 2009-07-27 21:53
●takepさん、こんばんは。
写真が撮れなかったこともあったのですが、絵にする
ことを思いついて記憶をたどって描いてみました。
なんだかスッキリするから不思議です。
地上より低い道路はこれがあるから怖いですよね。
ここだったか、違うところだったか、以前の水害で
人が亡くなっています。

Commented by datian at 2009-07-27 21:53
●TGokuraku-TOMBOさん、こんばんは。
ご心配とお見舞いのコメントありがとうございます。
道路が水没して寸断され、それを避けようとして
別ルートの道をいくと、他の車もそこに集中して
大渋滞、電車も徐行するので踏み切りの遮断機が
おりたままでさらに大渋滞、夜中まで車内で身動き
できないのは大変、とくに高齢者や女性、子供は
大変だったと思います。
まだ、気をぬかず油断せずにすごしたいと思います。

Commented by datian at 2009-07-27 21:54
●degasdegasさん、こんばんは。
そうなんです、イラストにすると気持ちがすーとして
落ち着きました。絵だけではなく、「こんなにひどかった」
「大変だった」と同僚たちと語るだけでも、災害について
の苦労が互いに分かるということで気持ちはかなり救われ
ます。イラストも同じような作用があるようです。
楽しいことはもちろん辛い体験も含めてイラストや写真や
文章などで表現することはとても大切なことだと実感いた
しました。自然災害は少し日常から離れますが、いや日常が
凝縮しているのでしょうか、そうした場面の表現、日常の
なかでわずかに動く喜怒哀楽、まだまだですが、敏感になり
たいものだと思いました。

<< 天神でのスケッチから 福岡、記録的集中豪雨 やっと帰宅 >>