初めての油絵、、的な、、クレパス画。

クレパスに様々な技法があることを知り見よう見まねで静物画などを描いてみた。塗ることはもちろん、摩筆(綿棒)でのボカシ、揮発油でのボカシやのばし、ライターであぶっての盛り上げと熱くしたパレットナイフでのばしやひっかきなどなど、小学生の時に思っていたクレパスのイメージとはまるで違っていた。サクラクレパスふとまき16色という教材用で試したのだが、楽しいのでハマっている。専門家用クレパスもあるようだし、オイルパステルも視野にいれつつ少しずつ練習しております。(サクラクレパスふとまき16色)

1 ピーマン 少しずつ何日間に分けて描いた。冷蔵庫から出すたびにしなびていった。
a0037907_2134524.jpg

2 ビン 古風なビンをさがしたのだがなくていわゆる揮発油が入っているビンです。
a0037907_2136257.jpg

3 変形カボチャのようですがレモンです。かなり盛り上げてみましたが質感も立体感も喪失、いつか再挑戦です。
a0037907_21375486.jpg

4 人物もやってみたいと思案中。
a0037907_21383619.jpg


水彩のアッサリ系もいいですが、クレパスのコッテリ系も好きになってきました。とくにクレパスは手軽に油絵的な雰囲気を楽しめるのがなによりです。
by datian | 2009-06-04 21:47 | Comments(8)
Commented by しんかい at 2009-06-04 23:12 x
なんかどんどん凄くなってきますね!
こんなの普通の人じゃ描けないっすよ(汗)
私の知ってるdatianさんじゃないみたい・・・(;^_^A)

ピーマンのグリーンが鮮やかで目を引きますが
金髪坊主頭?がちょっと意外な感じで気になりました♪


Commented by 寅吉 at 2009-06-05 03:16 x
レモンの色に、力強さを感じます。
確かにレモンっぽくはないですが、その色には
何かの実が強く生きてる感じがしました。
これでどうた!と問われたら、これで十分だと答えます(^^)
Commented by あまぎやま at 2009-06-05 09:06 x
コクのある黒ビールを飲んだ感じです、もう一杯飲んでみたくなります。人物は特に魅力的ですね。
Commented by datian at 2009-06-05 22:09
●しんかいさん、こんばんは。
いえいえたんなるオッサンのdatianでございます。
私もクレパスがこれほどコッテリ油絵的な表現を
してくれるとは思ってみませんでした。いっけん凄そうなのは
このクレパスのおかげのようです。

金髪坊主頭は想像でクレパス実験で描いたのですが、
なんだか私も気になってアップしました。

Commented by datian at 2009-06-05 22:10
●寅吉さん、こんばんは。
すいません、だますつもりななかったのですが、実はこのレモンは
百円均一で売っていた細工物なんです。これなら腐らなくていつまで
も描けると洋梨の細工物といっしょに購入しました。
ただ、レモンの色を出すのに何回も何回も塗り重ねて苦労したの
で、「実が強く生きている感じ」と言って頂けるととても
うれしくなりました。ありがとうございます。

Commented by datian at 2009-06-05 22:11
●あまぎやまさん、こんばんは。
コクのある黒ビールとは、うれしい表現です。クレパスで
これほどコッテリ感が出るとは予想していなかったので
うれしくなっております。人物はクレパスのテストのつもり
で想像で描いたのですが、なんだか気になってアップしました。
人物でも使えそうなのでゆっくり描いていきたいと思っています。

Commented by takep at 2009-06-06 23:07 x
凄いっす!好いな!表現力が飛躍的にアップしたように感じます。
Commented by datian at 2009-06-07 21:14
●takepさん、こんばんは。
クレパスの色をともなったボカシや塗り重ねなどコッテリした
表現がかなり助けてくれそうです。油絵と同じことをする必要は
ないのですが、重厚な表現もクレパスは可能のようです。
<< ウソのような本当の話し ご近所散策 >>