色鉛筆入手

注文していた60色の色鉛筆と24色の水彩色鉛筆が届いた。60色の方は低価格のB級画材、24色の方はなんとFaber-Castell(ドイツの老舗筆記具メーカー品)だが価格からすると入門用かもしれない。しかしこれだけ色がいっぱいあると見ているだけでも楽しくなる。パチパチとストロボをたいて物撮りを楽しんだ。(E-300+ZD35mm/F3.5+サンパックストロボ+ディフューザー)

1 60色は安物とはいえ見ていて楽しい。
a0037907_22233278.jpg


2 24色の水彩色鉛筆(Faber-Castell)
a0037907_22242685.jpg


3 調子にのって、60色と24色のコラボ。
a0037907_22252195.jpg


4 見ているだけでは、もったいないのでさっそく以前にカフェでスケッチしたものに60色の色鉛筆で彩色してみた。
a0037907_22275529.jpg

by datian | 2009-04-09 22:31 | スケッチ絵画 | Comments(16)
Commented by takep at 2009-04-09 22:42 x
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪色が付くとなんだか説得力?が出てきますね。

datianさん、フラッシュ撮影上手ですね、私はヘッタッピなので基本的のノーフラッシュで撮影しちゃうんですよね(*゜.゜)ゞポリポリ
Commented by degasdegas at 2009-04-09 23:06 x
私もよく同じようなことを考えます。色鉛筆は、ケースに整然と並んでいるより、缶などに無造作にささっている方が楽しい。その見ていて楽しくなる状態をうまく撮れないか、あるいは、絵で表現できないだろうか?と考えます。
Commented by aitoyuuki32 at 2009-04-10 00:14
その昔、24色の色鉛筆を買ってもらった記憶がよみがえってきましたよ。なぜか、わくわくしますよね。
Commented by arata at 2009-04-10 06:35 x
美しいです。スケッチも生き生きして見えます。
Commented by nakajimaakira1948 at 2009-04-10 10:09
datian さん、おはようございます!
60色の色鉛筆! すごい
Faber-Castellの24色の色鉛筆、外側に芯と同じ色が塗ってありますね。
当たり前とは言え、古くからの規則どおり製作されてますねぇ (^^)

わたし、10年前に南アに居た時に買った 12色クレヨンがあったはずです。
どこに仕舞ったか探してみたくなりました。
Commented by 魔女メグ at 2009-04-10 10:11 x
いいですねえ、相性抜群! デッサンも色合いも、、、いいなあ^^。
Commented by あまぎやま at 2009-04-10 12:24 x
「色鉛筆」凄いですね、文具メーカーの商業写真に使えるのでは?「ふでdeまんねん」はネットで調べました、手ごろな価格で買えるのですね、物好きな私も探してみます。
Commented by datian at 2009-04-10 21:38
●takepさん、こんばんは。
彩色もやっていきたいのですが、時間とタイミングが
ないようです。
物撮りがすきだったのでフラッシュでいろいろ遊んでいた
時がありました。今も好きなので機会があれがストロボを
ひっぱりだしております。
Commented by datian at 2009-04-10 21:39
●degasdegasさん、こんばんは。
たくさんの色鉛筆を見ていると、自分が子供時代にもどって
いくような気持ちになりますね。色鉛筆をもっといろいろ
ならべて写真や絵にしたいです。それだけでも楽しいですんね。
Commented by datian at 2009-04-10 21:39
●aitoyuuki32さん、こんばんは。
そうなんですよね、多数の色鉛筆の持つ不思議な力なの
でしょうか、自然と子供時代へと誘いワクワク感をよみがえ
らせてくれます。
Commented by datian at 2009-04-10 21:39
●arataさん、こんばんは。
色鉛筆のおりなす色彩のハーモニーに誘われて、
スケッチに色彩したくなりました。ありがとうございます。
Commented by datian at 2009-04-10 21:39
●nakajimaさん、こんばんは。
外側に芯と同じ色が塗ってあると人目でその色を選んで
描くことができます。塗っていない60色はその点不便
ですが、こうしたところでコストを下げているようです。
ぜひ、12色のクレヨン見つけてください。それを持って
白い紙に色を塗るだけで子供時代のあの無心な気持ちに
もどれるから不思議です。
Commented by datian at 2009-04-10 21:39
●魔女メグさん、こんばんは。
ボールペンと色鉛筆、意外とあっているような雰囲気です。
気に入ったスケッチに色彩していくのも楽しいですね。
Commented by datian at 2009-04-10 21:40
●あまぎやまさん、こんばんは。
色鉛筆の写真はストロボを使って撮りました。自分で
光加減を調節して撮影するのが楽しく以前はよくやって
ました。ふでDEまんねん、お財布にもやさしいので
助かってます。おまけでついてくるインクではなく、
極黒(きわぐろ)というインクを使うのですが、耐水性
とはいえ水彩絵の具をつかうと黒が少し溶け出します。
この点が少し不安でもあります。
Commented by 寅吉 at 2009-04-11 09:11 x
画材との対話を楽しむところかも、
いい絵を描くことにつながるのかも。
datianさんのモチーフへの接し方にも通じますね。
そんな気がしました(^^)
画材と格闘してばかりの自分を、ちと反省しました。
Commented by datian at 2009-04-12 08:17
●寅吉さん、おはようございます。
たくさんの色が目の前に飛び込んでくる画材は
見ているだけでも、ワクワクしてきます。でも実際に
使うときになると、私も格闘気味です。コメントを
頂いてあらためて気付くことができました。
気に入った画材のとき、今のボールペンなど同じ物を予備に
もう1本と芯を20本ほど仕入れて使い倒そうと思ってます。
<< 超ひさしぶりの井原山 その4 超ひさしぶりの井原山 その3 >>