ふでDEまんねん←(商品名)を入手

ふでDEまんねん←(商品名)はセーラー万年筆から出ている線の太さが変わる万年筆です。ペン先に角度がついているのがみそのようです。図書館から借りてきた技法書に紹介されていたので興味がわきやっと入手することが出来ました。商品名が商品名だけに画材店で訪ねても、?的表情をされたり、カタログを探し回ったりで、らちがあきませんでした。懇意にしている業者さんに訪ねたところ取り寄せができ、やっと手に入りました。昼休みのスケッチや試しに空想で描いたものです。まだ使い慣れないので数で勝負です。井原山の野草もまだ続きますのでご安心ください。

1 
a0037907_21105569.jpg


2 
a0037907_2193896.jpg


3 
a0037907_2195574.jpg


4 
a0037907_21114879.jpg


5 
a0037907_21103732.jpg


6 
a0037907_21122712.jpg


7 
a0037907_21111438.jpg


8 これだけ鉛筆も使っています。
a0037907_21125346.jpg

数が多ければいいってもんでもないですね。でもこの万年筆はおもしろいけど私にとっては難しいですね。
by datian | 2009-04-07 21:19 | スケッチ絵画 | Comments(10)
Commented by degasdegas at 2009-04-07 23:33 x
私の憧れのひとつに、万年筆で描くというのがあります。とくにゴッホのような風景画など、、、ところが先が紙にひっかかったり、思うようにいきません。↑うらやましい!すごくいい感じではないですか!
datianさんのタッチの真骨頂では?

Commented by あまぎやま at 2009-04-08 11:01 x
ふでdeまんねん、角度で太さが違うのは面白そうですね、直ぐに真似したがり屋ですので・・・、ボールペンでのモノと少し雰囲気が変わったかな?と感じていますがこれから沢山見せて欲しいです。何時も有難う御座います。
Commented by takep at 2009-04-08 20:03 x
もっと濃淡が出るのかな?って思っていたのですがベタですね!
普通の万年筆の方が濃淡が出て効果的かもしれませんね、線の太さは一定でしょうが…
Commented by datian at 2009-04-08 22:28
●degasdegasさん、こんばんは。
とてもペン先の角度の関係で傾き加減によって線の
太さが2〜3段ほど変化して楽しい画材です。ただ
まだ慣れないこともあって、線がかすれたり、ついて
こなかったりしています。紙によっても違うようです。
もう少しいろいろこれでスケッチしてみようと思って
います。ありがとうございます。
パソコン大丈夫ですか。
Commented by datian at 2009-04-08 22:28
●あまぎやまさん、こんばんは。
なかなかおもしろい万年筆です。ただボールペンに慣れて
いたので、戸惑いもあります。ペン先の角度や、斜線の
早描きにかすれさせてしまったりと、失敗も多いです。
これでいろいろスケッチをもうしばらくしみようと
思っています。
Commented by datian at 2009-04-08 22:28
●tekepさん、こんばんは。
太さの変化とあわせて濃淡がでれば、さらに表現の幅が広がる
可能性がありますね、グットアイディア!!
ただ、濃淡はペン先よりインクの関係かもしれません。ここでの
インクは「極黒(きわぐろ)」という製品で黒さとあせないこと
をうたい文句にしています。あわせて耐水性なのですが、この点は
もう少し様子を見ようと思っています。
Commented by degasdegas at 2009-04-08 23:20
引越しによる滞納でした・・・汗)
Commented by 魔女メグ at 2009-04-09 07:00 x
筆でまんねん、持っています。
でも、使いこなせません。
筆跡の強弱が自分の思うのと違った風に出ます。
是を生かせたらいいのですが、なかなか^^、、、。

筆跡や、インクの溜まりなどをアクセントにして描く場合はいいかもしれませんね、でも人物の表情など、細かい所を表現するのは、この癖が邪魔して至難の業と思いました。
すべりの良いボールペンの方が楽かなあ~。
Commented by datian at 2009-04-09 21:01
●degasdegasさん、こんばんは。
それは良かったです。私のところなどコンセントが
外れたのを壊れたと勘違いすることもあります。
壊れたら交流もできず不便ですもんね。
Commented by datian at 2009-04-09 21:01
●魔女メグさん、こんばんは。
筆でまんねん、これは難しいですね。細さや太さが
まだつかめずに、偶然に頼っていることが多いです。
斜線を早くたくさん描こうと思ってもはじめの3本ぐら
いがかすれたりして、イラっとすることもあります。
細い線を中心にしてこの線を有る程度こなせるように
しつつ、太い線を加えようかと思っています。しかし
どうなることやら、でも失敗しても味ということで
ごまかしつつ楽しみながら苦しみながら今しばし
使ってみようと思います。
<< 超ひさしぶりの井原山 その3 超ひさしぶりの井原山 その2 >>