新しい固形水彩絵の具を試す 昼休みのスケッチ

昼休みに同僚をスケッチしたものにウィンザー&ニュートン社の固形水彩絵の具で彩色した。コクヨ画用紙のため3回ぐらい塗り重ねていくとけばだちはじめる。あまり描き込まないで終わってしまう方がいいかもしれない。これが水彩専用紙のワトソン紙だとガラッと変わってくる予感。まだ慣れないのだが早く使いこなしたいと気持ちだけが高ぶっている。(コクヨ画用紙+W&N社の16色DXスケッチャーズポケット)

1
a0037907_21244648.jpg

2
a0037907_2125097.jpg

3 柿、これは想像で描いてます。
a0037907_21254045.jpg

by datian | 2008-12-19 21:36 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by degasdegas at 2008-12-20 17:02
着彩の絵を拝見していると、スタイルが出来上がっていることに気がつきます。イラストとしてすぐになにかの媒体に使用できるものですね。私のほんとに個人的な好みでは、絵画的な方向を目指していただきたいかな?こればかりは、私自身も使い分けたりできるものではないので、無理な話ですが、そんなことを感じました。
Commented by chinpike at 2008-12-20 18:50
1枚目すごく好きです。
なんか楽しくなるのです。
柿は熟れすぎかな。
はやくたべないと。(笑)
Commented by datian at 2008-12-20 21:33
●degasdegasさん、こんばんは。
スタイルというほど確固としたものではいのですが、今はこれが
限界のようです。スケッチやデッサンの圧倒的練習不足を痛感して
おります。ここをもっと積みかさねることで、私自身のスタイルも
定着してくるかもしれません。それが絵画的になるかイラスト的に
なるか、つかみかねています。ただ人物を中心にして描きたいという
のが強くあります。
Commented by datian at 2008-12-20 21:33
●chinpikeさん、こんばんは。
一枚目の同僚はなんとなくひょうひょうとしたところが
あります。
柿はあまり好きではないので、妻がバクバク食べていたのを
思い出して描いてみました。
<< 柳川オフ会 高畑公園付近 だと思う 柳川オフ会 人物 >>