秋色の練習 その3

こりずに秋色の練習をしております。見事に失敗。(コクヨ画用紙+ぺんてるF水彩絵の具+ペインター)

a0037907_2221828.jpg


水彩画は紙の白が色の白になることもあって、紙によって色の発色が良かったりにじみやぼかしの出来具合がかなりちがったりするそうです。私の技量はそこまでいかず、コクヨとナカバヤシの学校教材用画用紙しか使ったことがありません。しかしこの2種の画用紙でも違いはそうとうあることを感じます。作品として使われる専門の水彩用画用紙は今つかっているものの10倍以上の値段のようです。いつか使ってやるぞ〜〜。
by datian | 2008-09-25 22:48 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by musapoo at 2008-09-28 12:13
エンボス加工をしているのかと思ったら、絵の具の濃淡でそう見えるのですね。
これ、失敗なんですか!? 紙の上に浮き上がって見えるのですが。
Commented by datian at 2008-09-28 17:58
●musapooさん、こんばんは。
元の絵は、ボールペンと水彩絵の具で描いたのですが、
かなりどぎつい色合いになり失敗しました。
それをスキャンしてペインターで加筆彩色してなんとか
格好をつけてアップしました。ペインターは写真から
絵のようなレタッチをすることも可能なのですが、
絵から絵への手動レタッチもできて、これが一番おも
しろく活用範囲が広がっています。極端な話し、水彩画で
描いて油絵のようのような雰囲気にすることも可能です。
<< 薬院界隈 ちょっとコーヒー >>