若い同僚

研修生からはじめて聞いた言葉は「お疲れさまで〜す」だった。顔を会わせるとこの言葉を発する。日本人同士が普通に言う「お疲れさま」とタイミングが微妙にズレている。おそらく日本に来る前に中国で「日本人にとけ込む失礼のない挨拶」などの意味合いで習ったのだろうか。研修生の「お疲れさま」には必死さがあり、雇い主への恐れさえ感じるときがある。「オ・ツ・カ・レ・サ・マ」を聞くたびにビクッとして心が痛むのである。

a0037907_21233088.jpg

by datian | 2008-07-10 21:26 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by nakajimaakira1948 at 2008-07-11 10:44
datian さん、おはようございます!

仕事のあと、彼女に言ってあげてください
「シンクラ・シンクラ」 = ご苦労さん・ご苦労さん
「ニー・レイ・マー↑」 = あなた 疲れましたか?

中国語を使ってあげれば きっと喜んでくれると思いますよ (^^)
Commented by datian at 2008-07-11 21:54
●nakajimaさん、こんばんは。
さっそく今日、帰り際に「シンクラ・シンクラ」と声を
かけてみました。研修生はハッとして振り返り、
ニコッとして「分かります。通じます。」と言って
くれました。

言葉を通して気持ちが通じるというのは
いいものですね。ありがとうございました。
Commented by tusima-kaji at 2008-07-11 22:18
こんばんは。
おつかれさまー、に対してシンクラ(ご苦労さん)はいい言葉
ですね、さすがnakajima さんですね。

スケッチされた中国の女性、やはりちょっと寂しそうですね。(^^)
Commented by datian at 2008-07-11 22:41
●kajiさん、こんばんは。
nakajimaさんのおかげで最小の言葉で気持ちが
通じたようでちょっとうれしくなりました。

数人で来ているとはいえ異国の地で若い人は
やはり寂しいでしょうね。でも笑ったりしていて
ほがらかな表情を見ることもあるのですが、
まだまだ描くことが出来ずにいます。これも
精進ですね。
<< ひさしぶりのCaplio GX 夕日 >>