CR-7000(SD〜CF変換アダプター)を新導入

CR-7000(Poto Fast社)はSD、SDHCをコンパクトフラッシュ(CF)に変換するアダプターである。これで安価なSD、SDHCカードを購入してRAW撮りなんぞをやってみようとしたのだった。ところがCFカードもグングン値下がりしてきたので価格的なメリットは少なくなってしまった。とはいえ4GBが2,000円を切った低価格SDHCカードは手軽に入手できるのがいい。これをE-1で使い撮影し、そのSDHCカードをコンデジのCaplio GX100に入れて画像再生と確認ができるのである。E-1の1.7インチの背面液晶は見ずらかったが、Caplio GX100の2.5インチサイズの液晶で見え大助かり。もう一つは私のマックのUSBのバージョンが1.1で画像データを読み込むのが遅くイライラしていたが、Caplio GX100で撮ったSDHCカードを今度はE-1にセットしてFireWireでマック側に読み込むことが出来、それがとても早い。ただ古いSDカードは相性が悪く動作しなかったのが1枚あった。SDHCカードは2種類(激安品)がしっかりと動作している。で、肝心のRAW撮りですが4GBやったら現像では苦労しましたがRAW撮りもいいなぁと思いはじめております。

1、CR-7000にSDHCをスライドさせてセットします。
a0037907_21375499.jpg


2、これをE-1にセットするところです。
a0037907_21413265.jpg


でもメモリーカードは安くなりましたね。これほど安くなってくると使い方も変わってくるように思います。もうDVDにコピー保存することもなくメモリーカードそのままで保存する人も出ているようです。HDDの代わりに使う利用方法も出ているのでびっくりいたしました。
by datian | 2008-06-13 21:55 | 番外編 | Comments(0)
<< 天と地 カタバミの仲間(ムラサキカタバミ?) >>