くじゅうに行ってきました。その3 コガネネコノメソウ

前回のシロバナネコノメソウにつづいて、今回はコガネネコノメソウ。普段は黄色系野草をあまり撮っていないためか、その美しさを十分伝えることができないのが残念です。


1〜2 撮影 妻 E-330+シグマ105/2.8

1、
a0037907_22358100.jpg


2、バックはシロバナネコノメソウ
a0037907_2242768.jpg



3〜5 撮影 私 E-1+ZD50/2.0、ZD35/3.5

3、ZD35/3.5
a0037907_2255263.jpg


4、ZD50/2.0
a0037907_2274861.jpg


5、ZD50/2.0
a0037907_2281124.jpg


画像を整理していると「撮りすぎた」と思うのだが、いざアップするとなると「撮れてない」と思うから身勝手なものである。
by datian | 2008-04-21 22:15 | 植物 | Comments(4)
Commented by M2_pict at 2008-04-21 23:26
下のシロバナもこちらのコガネも、どても小さな野草のようですね。
ZD50の倍率では絵作りに苦労してしまうサイズでしょうか(^^;

デジイチにはまって二年目の春。
身近な野草はローテーションに入ってしまって新鮮味に乏しい、、、
かと思いきや、意外と飽きずに楽しい撮影が続いています。
日々を楽しくそれなりに過ごせると、
遠出した時は、もっともっと楽しい、、、そう信じてたりします。

という事で、ちょっとうらやましいと思っている私です(^^;
Commented by 瑠璃 at 2008-04-21 23:36 x
前回の超ミニサイズのシロバナネコノメソウを
ピントバッチリ、白トビ無しで撮られてるのに驚きましたが、
今回のコガネさんもすごいですね!
フォーサーズの105ミリって35ミリ換算で210ミリですよね?
豆袋とかお使いなのでしょうか? 
Commented by datian at 2008-04-22 21:18
●M2_pictさん、こんばんは。
ともに3ミリ前後の小さな花なので、とまどっては
いるのですが、やはり腕がついていかないようです。
ZD50mm/F2.0ならではの撮り方をはやくものにし
たいと思っています。

身近な野草を毎年同じ場所で撮影散策するのですが、
やはり飽きることがありません。身近な野草を楽しみ
つつ、たまに遠出して普段目にすることのない野草を
見ると楽しさはまた倍増します。そして再び身近な
野草を見ると、また違った楽しさに出会います。
おっしゃられているように相乗効果があるようです。
Commented by datian at 2008-04-22 21:18
●瑠璃さん、こんばんは。
瑠璃さんのコメントに妻がたいへん喜んでおります。
おっしゃられているようにフォーサーズで105ミリは
換算210ミリになります。そして撮影倍率も2倍に
なりマクロには都合のよい規格となっているようです。
自作の豆袋をつかって可動式液晶ライブビューの
10倍拡大モードでピント合わせをして撮っています。
これでこられると、かないません。
妻はこれで小さな野草の精巧な造りの美しさを撮ること
が好きなようです。
<< ご近所、アメリカフウロ くじゅうに行ってきました。その... >>