エアコンが故障

なんと今日は、会社のエアコンが故障して暖房がきかなくなった。午前中は寒さがジンジンと身体を冷やしていく。太陽が照っている外の方が暖かいぐらいだ。私はペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりに抱きかかえた。若い同僚は「ここに生き残っている暖房器具はこれしかない」と言ってヘアードライアーを引っぱりだしてきた。何をするのかと思ったら、ジャンバーのすそからボァ〜〜〜〜と熱風を吹き込んでいった。これは暖房効果に即効性があり、衣服の繊維の間に暖かい空気がたまって持続力もそれなりにある抜群のアイディアだった。同僚と交代でドライアーで暖めて仕事をした。明日は各人が自宅からドライアーを持参することになったのは言うまでもない。(ペインターに直書き)

a0037907_22523141.jpg


ただ、電気製品であり感電や火傷の恐れ、その他想定外の事故もありうるので、良い子はしないこと。もしするのであれば自己責任でやるしかないです。
by datian | 2008-02-25 22:57 | スケッチ絵画
<< ストーブがやってきた Vivitar AUTO MA... >>