ジャンパー

少し朝夕のさわやかさが出てきて秋の気配を感じる。軽いジャンバーが
活躍し始めるのもちょうど今頃からだ。くたびれてきたジャンバーながら
体にフィットする感覚はたまらない。流行するファッションに合流しない
オッサンの信念といえば大げさだが、着心地が第一なのだ。

a0037907_2211417.jpg

もっとガサガサした感じを出したく、いろいろと試みたがあえなく敗退してしまった。
身の回りの日常生活品を描くと、それに対する愛着のようなものが、じわ〜と出て
くるから不思議だ。
by datian | 2007-09-11 22:17 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by vegetarianok at 2007-09-12 22:59
素敵ですね~。
色々な表現ができてとても羨ましいです。

オッサンのくせに、最近は迷彩柄に凝っています。(^^;
Commented by M2_pict at 2007-09-13 09:12
春や秋の頃って、着るものがないのです(笑
でも、今年は色々寝転がったりホフク前進したり座り込んだりも
しないといけないようですので、防寒防虫対策を兼ねて
薄手のジャンパーが欲しい感じです(^^

背景を見ていて思ったのですが、
「照明効果」みたいなパラメーターがあったりしますか?
Commented by datian at 2007-09-13 21:09
●vegetarianokさん、こんばんは。
最近、描くことにはまっています。紙と筆記具があれば
ちょっとした空き時間にも落書き程度ですが楽しめています。
この落書きを材料の一つにしてペインターでいろいろやって
おります。

あのすばらしい野鳥の写真を撮られるので、迷彩服は
必需品でしょうね。vegetarianokさんのかなり決まっ
た迷彩ファッションを想像してます。
Commented by datian at 2007-09-13 21:09
●M2_pict さん、こんばんは。
この次期のジャンパーは難しいのですが、小さいポケットの
ためにコンデジを落としたこともあり、私はポケットの
大きく、たくさんあるものを好んでいます。
大きなポケットには撮影機材の一部を入れておきたくなります。

ペインターにも「照明効果」に対応する「照明の適用」と言う
メニューがあり、二十数種がはじめに用意され、それぞれに
光源が複数設定でき、また6種の調整項目と照明の色、環境光の
色の設定があります。つくったオリジナル照明はライブラリとして
保存し再利用ができます。
ジャンパーのバックの影は題材そのものにあったので、
照明の適応は使っていません。照明効果とはすこし違うのですが、
おもしろいのは筆の盛り上がりも光の陰影によって表し
それも調整可能なのですが、まだ自在には使いこなせていません。
「1軒の画材屋に匹敵するソフト」と言われているようですが、
まんざら大げさでもないような気がしてきました。
<< 夕焼け プアマンズストロボ >>