小便小僧

会社から帰ってくると、ちょっとした高台で近所の子供が立ち小便をしている。
私に見つかったと思ったのかバツが悪そうにしているが、いまさら小便は止められない。
私もその横を通らないと自宅の方へと行けないので終了するまで待っていた。
空はきれいな夕焼け、すこし秋の気配もする。
長い小便も終わったようである。
a0037907_2115296.jpg

この場面には2回ほど出会った。写真に撮ったら大変な問題になって
しまう可能性は大きい。しかし絵だとそんな心配はまったくないので助かる。
ここでの夕焼けも何回か見ているし、緑の田もいつも出勤時に見ている。
そうした印象をもとにして、いろいろと重ねて描いている。
写真データ的に表現すると、
数週間にわたるバブル撮影。記憶色100%。連続するホワイトバランス。
標準画角と老眼コンバージョン。絞りF1.4〜F8を連続移動。30万画素。
白飛びOK機能、黒つぶれなしの高ダイナミックレンジ。
こう考えると絵もさらに楽しくなってきます。
by datian | 2007-08-27 21:03 | スケッチ絵画 | Comments(8)
Commented by musapoo at 2007-08-27 21:06
人間の目に追いつけるカメラを開発したら、それはもう大金持ちになりそうですね。

それにしても、この子の服装。特にズボンには昭和の香りがするのですが(^_^;)
Commented by M2_pict at 2007-08-28 19:09
いや、おっしゃるとおり。
こんなシーンを撮ろうものなら、、、。
絵は自由だからこそ大変でもありますけど。
とても優しい描写が、、、生レンズの良さを表していますね(^^
Commented by C-Nemo at 2007-08-28 20:17
夕焼けの風景に感動して、ゆっくりとした気持ちで立小便。
いまや、「軽犯罪」てな目で見られますが、昔なら大人と子どもが並んで
立って、のどかに2つ放水の弧を描く・・・なんて風景もあったんでしょうね。
自分の身体から放たれたオシッコが地面にしみこんでいく感覚って、
なんかすっごく地球と身体を近く近く感じられるように思います。
こういう絵で描かれると、ほんとに平和な感じがしていいですね。
Commented by chinpike at 2007-08-28 21:13
うーん、つくづく絵って自由な表現手段なのですね。
そう考えると写真ってずいぶん縛りが多いですね。
とりあえず機材の縛りから放たれたいのですが。

こんなに牧歌的な光景が広がるのですか?
良いところにお住みですね。(^^)
Commented by datian at 2007-08-29 20:34
●musapooさん、こんばんは。
人間の目では見れないレントゲンカメラや超高速カメラ
や暗視カメラなど部分的には人間以上ですが、総合的に
人間と同じような目となると、まだまだ先のことのようですね。

私の記憶や印象は昭和時代の方が強いのかもしれませんね。
たしかに昭和のステテコ的様相が漂っております。
Commented by datian at 2007-08-29 20:34
●M2_pict さん、こんばんは。
とくに人物については、以前と比べて撮れないことが多くなって
しまいました。法的に問題がなくても自粛してしまいます。
写真のリアル性、即時性、記録性、ボケを含めた写真独自の表現等々には
かなわない生レンズの世界、少しつかりたくなっています。
「生レンズ」という表現、とてもうれしく気にいっています。
これからもこの生レンズを使わせて頂きます。
Commented by datian at 2007-08-29 20:34
● C-Nemo さん、こんばんは。
子供時代に友達との連れションで誰が一番遠くまで飛ばすか
をよくやりました。また冬場の夕刻ですと、暖かい放水なので
湯気が立ち上がりますが、それがおかしくて笑い転げたこと
をなつかしく思い出します。連れションでの大地との一体感
知らず知らずのうちに身についているかもしれません。
ただ、立ちションのときは農作物にはしてはいけないという
鉄則を子供のときから教え込まれていたようです。
平和な日々が続くことを願ってやみません。
Commented by datian at 2007-08-29 20:34
●chinpikeさん、こんばんは。
そうなんですよ、写真の持つリアル性、記録性が逆に
作用して表現の幅を狭めてしまう、カメラが問題では
なく、それを取り巻く社会的な環境からくる問題のよう
です。私も機材の縛りから放たれたいと思っています。
新しい良い機材は欲しいとは思うのですが、その前に
今の機材を使いこなせていないし、ほんとうに使いこ
なして表現して楽しむことができれば今の機材でも
贅沢なきらいさえしてきました。といいつつE-3が目の前に
きたら、、、、まあ、まだ予算がないですから手の出しようがない
ですけど。

けっこう都会なのですが、なぜかポッカリとここら辺が牧歌的な
地帯になっています。私の頭がそれ以上にそうとう牧歌的なようです。
<< たまには蝶 朝から蒸し暑い >>