第37回人物スケッチ会のご報告 その3 静物


37回人物スケッチ会のご報告

その3 静物


続いては静物です。コメントは短かくしました。(掲載は順不同です)


SAさん。

 太陽をしっかりと受け止める生命力、太陽あっての生命がせまってきます。

a0037907_21423644.jpg

MZさん。

 そら豆の皮の少しザラッとした質感がリアルそのものです。まさに産地直送を実感。

MAさん。

 ヒマワリを下からみて、裏方さんのガクの複雑さ力強さを描く。

NAさん。

 プリップリの豆がきっちりとつまっていて、食欲を刺激しまくります。

ITさん。

 ズッキーニと小型カボチャが会話をしているよう、色鉛筆のタッチが童話の世界へといざないます。

TAさん。

 鉛筆のモノクロで表現される花の可憐さ。一輪であることがさらに可憐さを印象付けます。


TUさん。

 輪郭線を最小限におさえ、パステルだけの面的な塗り方で見事なピーマンの質感と立体感を出されてきました。

SKさん。

 クレパスのタッチをいかして重厚な表現を追求されています。ピーマンとショウガの硬さ加減を連想しています。

NNさん。

 先の先まで観察され丁寧に描くことで花の美しさと生命力がジ~ンと伝わってきます。


YAさん

 水の力で絵の具を自由に泳がせて描く水彩、楽しく描くYAさんを想像しています。


そして私です。

 葉っぱで終わりました。もう少し描かないといけないですね。

これで第37回人物スケッチ会のご報告を終わります。

次回の人物スケッチ会は8月6日です。

ひきつづきのご参加よろしくお願いいたします。


by datian | 2017-07-15 21:56 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< スケッチはいつもの天神からです... 第37回人物スケッチ会のご報告... >>