第25回人物スケッチ会のご報告 その2


a0037907_20313503.png

続いて10分間クロッキーを2回おこない、そのなかから各人お気に入りを選んでもらいました。(掲載は順不同です)


HNさん。

 骨格のしっかりしたモデルさんを正面から堂々ととらえたクロッキーです。モデルさんもそうなのですが、描いているご本人の気迫が迫ってきます。遠くを見る視線と、少し下から見た構図がドラマを演出します。

a0037907_20522506.jpg

SKさん。

 しっかりした骨格とプロポーションがよいモデルさんをがっしりととらえたクロッキーです。いつも頭部から描いて足が描けなくなるので、今回は足から描いたそうです。いろいろと試行錯誤と挑戦される姿勢は気持ちがよいです。足の曲がり具合と腰のわずかなひねり、そして腰にかかる腕に流れるラインに生きた動きが見えてきました。

a0037907_20531717.jpg


NHちゃんのお母さん。

グッと上を見上げた様子がリアルです。目鼻口のある顔の前面と後頭部の割合も適切で、そのことが視線の方向性と強さを実感させてくれます。モデルさんを含め、描き手のお母さんの芯の強さが感じられる一枚です。

a0037907_20540752.jpg


NHちゃん(小学2年生)。

 モデルさんが、参加者の意表をついて後ろ向きでイスに座られました。着ているワンピースもゆったりとした装いで身体の様子をつかむのは大人でも大変むずかしかったです。小学2年生にとってなおさらのこと大変むずかしいポーズです。そこを物怖じせず、一生懸命に描きました。消しゴムで消した後に努力の軌跡がみえます。あの時のモデルさんの様子と雰囲気がじんわりと伝わってきました。

a0037907_20545487.jpg

MAさん。

腰をひねっている様子がよく分かります。頭部は水平、肩は少し右下がり、そして腰は右上がり、この変化が背骨を中心にしてリズムよくまとまって動きがありつつ安定感もプラスされています。安定感には背もたれをかかえる右手が左へなびく上半身を支えるワンポイントとして効いているようです。

a0037907_20552998.jpg

TAさん。

 後ろ向きの上半身の頭部と背中に焦点をあてて描かれました。わずかにかに左へと傾いた頭部が左方向を向いていることが耳の位置やまとめた髪の毛の右方向の位置などからわかります。たいへん細やかな観察がされ、それが大きな説得力となって少し斜めに傾けた肩からつながる背中全体の克明さと相まってドラマを盛り上げていきます。


a0037907_20560808.jpg



10分間クロッキーの続きはまだあるのですが、少し忙しくなってきてバタバタが続いております。次の報告はすこし間があくかもしれませんがご容赦くださいませ。



by datian | 2016-07-12 21:13 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< スケッチはいつもの天神からです... スケッチはいつもの天神からです... >>