第22回人物スケッチ回のご報告 その1

地震はまだ予断を許さない状況です。関連会社の機械が不調になったり、お客さんで熊本への出張で地震に遭遇し命の危険を感じて帰ってきたり、などなど、間接的にもいろいろと大変な状況をしりました。これ以上の被害の拡大がないことを願うばかりです。当ブログを再開いたしますが、また中断するかもしれません。


第22回人物スケッチ回のご報告 その1

 本震の翌日ということもあり、いつもより少し早め終了しましたが、参加者みなさんの元気な様子をみていると気持ちが落着いてきたのも確かでした。

 今回は、うれしいことに新しい参加者1人と見学者1人、そしてほぼ1年ぶりにSAさんが来られ、12名でおこないました。


さっそく5分間クロッキーを4回おこないました。そのなかから各人お気に入りの1枚を出し合っての交流合評です。(掲載は順不同です。)


TUさん。

 身体のそらし具合と両腕で足の膝を支え、腰が落ち着いて全体を安定させています。両腕の緊張感の延長線上に表情がしっかりとすわり、モデルさんの風格が伝わってきました。

a0037907_12440010.jpg

MAさん。

 モデルさんが、イスに片足の膝をのせるポーズをしました。この意表をつくポーズに落ち着いて対応したMAさんです。ポーズを懸命にとっているモデルさんの表情が腰に当てた手の描写から浮かび上がってきます。


a0037907_12444067.jpg

NIさん。

 イスが描かれていないのですが、膝がしっかりとイスに乗っています。両腕の開き具合、L字にまがった足、すーと垂直に伸びたもう一方の足、これらが構図として面白いリズムを出しているようです。女性は肩幅より腰幅のほうが大きいということもしっかりと見られています。

a0037907_12455155.jpg

SKさん。(初参加)

 全体的なバランスをしっかりと描かれ、とても安定感のあるクロッキーです。両腕が肩より少し後ろへと回って腰をグッと押さえる力のライン、それを足の膝がうまく支えている様子がいっそう安定感を演出しるようです。

a0037907_12465122.jpg

NAさん。

 表情がなんともいえません。ご本人の人柄そのものがクロッキーに出てきたようです。組んだ足の描き方にも、やさしいユーモアがあふれているようです。思わず、話しかけたくなるクロッキーです。


a0037907_12500828.jpg

TAさん。

 スターバックスのアイスコーヒーとストローを手に持っているポーズのモデルさんです。足のつま先を立てそこから上へとつながる足のラインから腰、そして上半身の力のラインがしっかりとつながり、頭部の自然な傾きへと導いてくれます。不自然さのない流れるような力のラインに魅力を感じます。


a0037907_12505422.jpg

SAさん。

 久しぶりの参加ながら、とても元気に描かれていました。すこし斜めに描かれたことで動きが出てきて走っているようにも見えてきます。モデルさんは静かにイスに膝をかけているのですが、こうしたフィクションを加えることで躍動感が生まれ楽しいクロッキーになることを新発見いたしました。 

a0037907_12513148.jpg

さつきさん。

 身体全体がゆるやかなカーブを、文字でいうとCの字を逆にした緩やかなカーブを描いてバランスをとられています。このことで安定感が生まれ見ていてとても安心できます。体調をくずされていたモデルさんが元気になられた様子がしっかりと伝わってきました。

a0037907_12520177.jpg

そして私です。

 このクロッキーのときにTAさんが私の描くところを見学されました。かなり緊張しました。なにか参考になりお役に立てれば幸いです。

a0037907_12530798.jpg

人物スケッチ会のご報告は、一日おきを予定していますが、不定期になるかもしれません。その時はなるべく「スケッチはいつもの天神からです。」をアップしようと思っています。よろしくお願いいたします。









by datian | 2016-04-25 20:01 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< スケッチはいつもの天神からです... 地震 >>