第20回人物スケッチ会のご報告 その4


第20回人物スケッチ会のご報告 その4

最後は10分間プラス5分間の人物スケッチでした。(掲載は順不同です)

TAさん。

視線に強い力を感じます。鉛筆で丹念に描かれた全体のリアルさがその視線のリアルさを押し上げて迫ってきました。

a0037907_20012097.jpg

NSさん。(初参加)

しっかりとした輪郭線でグイグイと描かれ、モデルさんの優しさと芯の強い性格を想像させてくれます。それでいて、横に向いたように見える視線がユーモラスで緊張をほぐしてくれる心地よさがあります。

a0037907_21291219.jpg

Pakuさん。

 後ろからふわっとした雰囲気をとらえてのスケッチ。独自の視点を見つけて楽しく描かれるPakuさんらしい一枚です。

a0037907_21294076.jpg

NNさん。

 見上げた視線とすこし横からのポーズが見事にマッチしたスケッチとなっています。見上げる視線からこれから始まろうとするいろいろなドラマを想像しています。スケッチの人物が今にも動き出しそうです。


a0037907_21310555.jpg

MAさん。

 モデルさんのやさしい雰囲気に焦点をあててスケッチされています。いつもの渋い表現をを活かしつつも少しひかえて、全体を観察し描いていくことに注力され手元や膝のそろえ具合も雰囲気を出す一役をかっているようです。

a0037907_21313794.jpg

YAさん。

 大きく見開いた目がいいですね。元気なタッチともあいまって人物が前に向かって歩いて来ているようにさえ見えてきました。目を閉じて静かな人物もいいのですが、こうした元気あるスケッチもパンチがあっていいですね。


a0037907_21320729.jpg

さつきさん。

 こちらも開いた目と視線の強さが生きていていいですね。顔半分の手前側より向こう側を少し幅を狭くして立体感を持たせてリアル感を持たせることで視線が生きているようです。肩についても同様な遠近感の描き方で立体感を出されています。

a0037907_21323791.jpg

そして私です。

 「うまいけど似てないね」という声が再び上がりました。顔が長過ぎました、そして顔の左右バランスもおかしいし、反省点が多々あるスケッチとなりました。

a0037907_21330652.jpg


これで第20回人物スケッチ会の報告は終わります。
次回は3月13日(日)です。ご参加よろしくお願いいたします。

by datian | 2016-02-20 21:35 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< そして、スケッチはいつもの天神... スケッチはいつもの天神からです。 >>