第20回人物スケッチ会のご報告 その3


第20回人物スケッチ会のご報告 その3

次は静物です。その日はイチゴ、デコポン、シイタケ、そして生花などをスケッチしました。(掲載は順不同)


YAさん。

 いつもの大胆さとはちょっと雰囲気を変えてこられました。大きなデコポンと小さなイチゴの対比が色合いの対比とも合わさってユーモラスで童話的な世界に導かれます。

a0037907_21515624.jpg

MAさん。
 後ろの赤い花を押しのけるように前に描かれた白い花、まるで押しくらまんじゅうの遊びに興じている子どもたちのようです。それともダンスをしているのでしょうか、そんな物語的想像心を刺激してきます。
a0037907_21531704.jpg

NSさん。(初参加)

 花とイチゴ、そして椎茸の3点をほど配置しまとめられています。とても落ち着いた雰囲気からお人柄も見えてくようです。ペットボトルやタッパーの工業製品と花などの植物の質感の違いも細かく観察されリアルに描かれ説得力をもって迫ってきました。

a0037907_21540930.jpg

TAさん。

 バックは鉛筆の黒を主体にして、花をグッと引き立ててこられました。線をたくさん重ねるハッチングの技法ながら、固い調子にならずにふわっとした優しい雰囲気に包まれます。やはり黒いバックが花のソフトな様子を引き立てているのでしょうか、ニクイ演出だと思いました。

a0037907_21543943.jpg

NNさん。

 手前と奥のイチゴの置き方を工夫し、奥行き感が出るようにされています。手前のイチゴは下部が見えるように、奥のイチゴは頭部が見えるようにし、2つ合わせることでイチゴの全体がイメージでき、その美味しさを楽しく想像できました。

a0037907_21550411.jpg

NAさん。

 たくさんの色で迫ってきました。イチゴと金平糖のバランスが面白いです。イチゴ2つに対して金平糖は6個が左右にほどよく配置され、それが三角形の範囲のなかにきっちり入って艶やかないろながら安定感のあるスケッチに心が落ち着きます。

a0037907_21553699.jpg

Pakuさん。

 ものすごいスピードで、たくさんのモチーフを描いていきます。バラエティに富んだスケッチがあれよあれよと出来上がっていきます。参加者から「楽しそう」と声がかかります。ご本人もとっても嬉しそうでした。

a0037907_21561664.jpg

そして、私です。

 イチゴのよい香りにひかれ、せっせと描いたのですがイチゴとは見えないものに。。。

a0037907_21570168.jpg








by datian | 2016-02-18 21:57 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< スケッチはいつもの天神からです。 寒さが繰り返しますね。そしてス... >>