第19回人物スケッチ会 その3

19回人物スケッチ会 その3

次は菊やスイセン、菜の花、芽キャベツにミカンとリンゴなどの静物です。(アップは順不同です。)


YAさん。

バックを決めて塗り始め全体を描きすすめる技法にみなさんが注目していました。静物を見てじっくりと観察し、YAさん自身のなかにイメージが湧き上がって、それを描き進めていくとのだと思います。そこから大胆な筆さばきが生まれ、見る側にエネルギーを感じさせてくれるようです。

a0037907_21293075.jpg

NSさん。(初参加)

 スケッチブックは持参されたのですが、彩色の画材はこちらの水彩色鉛筆を使用して頂きました。いつも使われている画材ではないのでご不自由だったかもしれないのですが、淡い色合いで花の持つ優しさを描かれました。ご本人の人柄がうかがえる一枚だと思います。

a0037907_21295765.jpg

TAさん。

 新しい表現方法にチャレンジされてきました。鉛筆でそのほとんどを描き、花と茎に若干の色合を乗せています。鉛筆は硬質なのですが、それとは対照的に花びらやつぼみにソフトな質感が表され、淡い色合いが印象的です。エッチングのイメージも追求されてますますパワーアップです。

a0037907_21302403.jpg

さつきさん。

 今回は、ど~んとみかんを一つスケッチしてきました。色鉛筆の筆跡がみかんの周囲をグルグルと回って面白い効果を出しています。色も単色ではなく数種の色を使い、立体感を出すために陰影に青を使うなど、みかん一つからいろいろな色彩を発見されつつあります。

a0037907_21304711.jpg

TUさん。

 青い影がみかんと菜の花をグッと引き立てます。みかの皮や、菜の花のよじれ具合がとてもリアルだと思いました。新鮮な野菜や果物というリアル感もありですが、今回のは直販店などで購入し家庭にあった果物と野菜という生活感がとてもリアルに伝わってきます。

a0037907_21310767.jpg

MAさん。

 この菊の香りは強く生命力を感じさせました。当日は寒かったのでなおさらでした。そんな強さを感じさせてくれるスケッチです。花を支える茎が太く真っ直ぐにのび葉も黄色と緑のかね合いもよく踊るように元気よく描かれています。

a0037907_21312927.jpg

SAさん。

 今年のスイセンは開花が早いように思えます。ちょっと申しわけなさそうに咲いているスイセンの可憐さのようにも感じました。花は全体として左側へ向かっているのですが、右側に葉が一つのびてバランスをうまくとっているのは流石です。

a0037907_21315474.jpg



MUさん。

 菜の花と芽キャベツ、春の色合いがパッと広がります。寒い日だったので鮮やかな春の色合は心に染みこんできました。色合いを丁寧にひろい集めて再度広げていく、そんな手作業の細やかさを感じます。画材は小中学生がよく使うサクラマット水彩なのです。

a0037907_21322075.jpg

そして私です。

 リンゴのヘタを入れるまでは、参加者から「パプリカですか」と言われてしまいました。横にあるのはミカンなのですが、「柿?」という声がでました。画材はMAさんと同じサクラマット水彩なのですが、なんと違うのでしょう、反省です。

a0037907_21325052.jpg

これで第19回人物スケッチ会の報告を終わります。
次回は2月14日(日)です。よろしくお願いいたします。






by datian | 2016-01-21 21:40 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< あまりにも寒いですね、とはいえ... 寒すぎ、だがスケッチはいつもの... >>