第18回人物スケッチ会 報告その3


第18回人物スケッチ会 報告その3

今回のモチーフはニンジン、トウガラシ、ゆず、シクラメン、菊などです。(掲載は順不同です)


TAさん。

前回は体調をくずされて参加されませんでしたが、今回は回復され参加されました。ニンジンの色合いと質感がとてもみずみずしいです。ニンジンで少し透き通った感じのものを想像しました。葉っぱが欠けたのは私のスキャンミスで、申し訳ありません。

a0037907_20301870.jpg


Eさん。

 冬に咲く強い生命力を感じます。葉の緑と花の赤の対比に注目して描かれ強い印象をあたえ、そのことが生命力ともつながっているようです。輪郭線の太さと強さも一役かっているようです。

a0037907_20305668.jpg


SIさん。(初参加)

 中学卒業以来はじめて描くスケッチ、色鉛筆もひさしぶりながら、ゆずとニンジンの丸い形にそって大きく鉛筆を走らせています。ニンジンの葉っぱの付け根は少し濃くするなど細かいところも観察されています。このスケッチから、ご本人のおおらかでありながらも細やかな人柄を感じております。

a0037907_20313432.jpg


Pakuさん。

 これ以外にも2枚スケッチされ、その早描きがここでも発揮されました。1枚につき彩色までふくめて10分もかかっていないのではないでしょうか。とてもエキサイティングなスケッチスタイルにあこがれます。

a0037907_20320713.jpg


TAさん。

 花の傾きや咲いている方向、茎の曲がり具合や葉の広がり具合など細かいところまで観察されスケッチされています。ペットボトルにいけられた花ですが、リアルな描写で花がうごめいているような野性味のあるスケッチで印象深いです。

a0037907_20325562.jpg


MUさん。

 色合いがとても美しいスケッチです。唐辛子のなかにもいろいろな赤を発見されつつ黄色系もプラスされて複雑な色合いを表現されています。ゆずには反射光も描かれるなど、細かな観察もされて味わいのあるスケッチとなっています。

a0037907_20332329.jpg


YAさん。

 どかんと迫力のあるシクラメン。たっぷりとある葉が花をしっかりと支えて安定感を出されてきました。そのことで可憐な花の表情と言うでしょうか、リズムをとって軽やかに踊っているような動きを連想しました。

a0037907_20335350.jpg


さつきさん。

 ニンジンからトウガラシへの並んばせて描くレイアウトの楽しいスケッチです。それぞれに影を描き接地面が同じ面であることを正確に表現され安定感のあるスケッチとなっています。なんでもないようですが、これが意外と難しい。

a0037907_20341965.jpg


最後は私です。

 人物スケッチと同じ画材で描いてみました。なんだか不思議な生花になりました。

a0037907_20345620.jpg

いつもはこの後にもう1回人物をスケッチするのですが、今回は師走ということもあり本日はここで終了しました。次回は来年の1月17日第3日曜日です。引き続きのご参加よろしくお願いいたします。








by datian | 2015-12-10 20:58 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< では、スケッチはいつもの天神か... そうなんです、スケッチはいつも... >>