超ミニミニスケッチブック展 その1 そしてスケッチはいつもの天神からです。


超ミニミニスケッチブック展 その1

 福岡天神の繁華街にあるいろいろな商業施設で人物スケッチをはじめて何年になるでしょうか。いくつかのスケッチポイントを決めて描いていますが、最近、相方が新しいスケッチポイントを見つけてくれました。このスケッチポイントは庶民的で人物との距離感がとてもいいのです。そして下向きにスマホを見る人もすくないのです。スマホを見る姿は現代の一場面といえばそうなのですが、表情が見づらいこともあって私はスケッチするのが苦手なのです。

 ここでA4のコピー用紙にドカドカと人物スケッチをはじめると、横から見学してくる方がいらっしゃりお話しになることもよくあります。(つづく)



そしてスケッチはいつもの天神からです。
a0037907_07010744.jpg


同じく。
a0037907_07010142.jpg



同じく。
a0037907_07011258.jpg









by datian | 2015-09-02 20:59 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2015-09-03 10:54 x
眺めた瞬間の印象でここまで描かれのですから何時も驚いています。
それに「目」もそうですが年齢も見事に描かれていてこちらもビックリです。
細々ながら練習は続けています。
Commented by datian at 2015-09-03 20:15
●あまぎやまさん、こんばんは。
 どうも恐縮です。ありがとうございます。
 人物にひかれて描いていると、どんどん深みに
入っていくようです。お一人お一人の人生が深いので
やめられないでいます。
 あまぎやまさんのように、風景もスケッチできたらと
欲張っています。
<< 超ミニミニスケッチブック展 そ... 第15回人物スケッチ会のお知らせ >>