第14回人物スケッチ会 その4


第14回人物スケッチ会 その4

 次にモデルに立たれたのはTAさんです。「人物を描くのは苦手だからモデルになります」と快く引き受けて下さいました。(掲載は順不同です)


YAさん。

 意志の強そうなモデルさんの雰囲気がつたわってきます。自由闊達で今にも立って動き出しそうです。力強いタッチがモデルさんの雰囲気を一段と盛り上げているようです。

a0037907_10270932.jpg


TUさん。

 美しい富士額を丁寧に描き込まれ、黒髪を黒くされたことで肌の色合いとのバランスもうまくまとめられてきまいた。眼と口元にモデルさんの真っ直ぐな気性を感じます。

a0037907_10275588.jpg


TAさん。

 このスケッチを始める前に、用紙にモデルさんの全身像をはみ出さずにきっちりと入れるにはどうしたらよいのかということが話題になりました。そのことをさっそく取り入れ見事に全身像を入れて描かれました。きっちりと腰掛け足が前にグッとせり出した立体感のあるスケッチとなりました。

a0037907_10285044.jpg


さつきさん。

 「TAさんの若かりし頃のスケッチになりました」という感想です。前に結んだショールというのでしょうかリボンが若さを引き立てているようです。スケッチは写真と違い長い人生の過去の一場面にタイムマシンに乗っていくことも出来る自由さがあります。そんな楽しさを教えてくれる一枚となりました。

a0037907_10292640.jpg


そして、最後は私です。

 髪の毛をもっと黒くして、その対比で肌の明るい色合いを出すべきでした。活発なTAさんの表情をいつかはものにしたいと思っています。

a0037907_10300810.jpg


次回9月の人物スケッチ会も

よろしくお願いいたします。









by datian | 2015-08-15 20:34 | Comments(0)
<< おお、スケッチはいつもの天神か... やはり、スケッチはいつもの天神... >>