第14回人物スケッチ会 その3 静物

 次の静物は花はケイトソウ、野菜ではトウモロコシ、ショウガ、枝豆、ミニトマトでした。(掲載は順不同です)


TAさん。
 はじめは、ケイトソウをリアルにスケッチされていました。ケイトソウだけでもかなり見応えがあったのですが、TAさんは「バックをどうしたらいいかな?」とアドバイスを求められました。みなさんから「それならYAさんが得意だから」と答えがかえり、さっそくYAさんに「バックを描いてほしい」と手ほどきを受けにいきました。YAさんはササッとバックを塗っていきます。その大胆さにみなさんから「オオッー」と感嘆の声が上がり、TAさんご本人も「考えもつかなかったバックで最高!」と大満足でした。TAさんとYAさんの合作で、「みんなが先生」という趣旨が生かされた一場面でもありました。

a0037907_21442445.jpg



TNさん。
 リアルさと質感に皆さんから感心の声があがりました。ご本人から「紙がよかったから」と説明されました。確かに厚手で目が荒いため、画材であるクーピーペンシルの色材をしっかりと受け止めるようです。しかしそれよりもTNさんのしっかりした観察眼と丁寧に描いていく姿勢がこのリアル感を生み出しているようです。
a0037907_09472939.jpg


TUさん。
 難易度の高いトウモロコシに果敢に挑戦されました。ツブツブの一つ一つの違いを描き分けつつ、これだけでもすごいのですが、包んでいる葉やヒゲなどもの描写の質感も説得力があり、見応えのある一枚です。かなり画力をパワーアップされてきています。
a0037907_10004254.jpg


YAさん。
 実物のケイトソウを見ていると私は「賑やかで自由奔放な生命力」を感じます。そのイメージがYAさんのこのスケッチに再現されているようで、びっくりしまた。大胆な筆さばきと水彩の醍醐味を感じさせてくださる一枚です。
a0037907_10092135.jpg


さつきさん。
 参加者さんから、「枝豆がきっちり入っている。プリプリ感がいいですね。可愛い。」という声があがりました。ご本人もゆっくり落ち着いて描けた1枚ということで喜ばれていました。ミニトマトと枝豆の配置の感覚、そして構図が独特で、とてもユーモラスに感じました。
a0037907_10244576.jpg

そして最後は私です。
 なんじゃこれっ! じつはショウガなのですがここで時間切れでした。そのまえに「途中のどの段階でスケッチが終わってもそれなりに見れるように全体的に描き進めるのがいいようです」とお話したばかりなのに、世の中うまくいきませんね。お粗末。
a0037907_10304451.jpg

明日は「いつもの天神からです。」をアップし、明後日
「第14回人物スケッチ会 その4」をアップいたします。





by datian | 2015-08-13 21:35 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< やはり、スケッチはいつもの天神... おなじみ、スケッチはいつもの天... >>