第10回人物スケッチ会 その2

つぎにモデルになっていただいた方は、前回に引き続きモデルになって頂きありがとうございました。

MAさん。
全体のバランスがすばらしいです。そして正面を見つめる視線に清らかさがただよいモデルさんの人柄がよく伝わってきます。MAさんは、電車の中でも人物スケッチをはじめられています。スケッチが楽しくもうやめられない、止まらないって感じです。
a0037907_20452286.jpg


MKさん。
モデルさんの少し遠慮がちながらも他人への細かな気遣いをされる人柄がスケッチ全体から伝わってきます。モデルさんとは長年のお友だちということもあって、他ではなかなか気づかないそうした雰囲気が描けたのかもしれません。
a0037907_2046145.jpg


TUさん。
正面からアップでとらえたスケッチに、モデルさんの知的な雰囲気が伝わってきます。そして知的ながら意志の強さのような人柄がせまってきます。まゆから眼にかけてとくにそれを感じます。顔全体のなかで眼鼻口などの大きさとバランスが見事で安心して見続けられるスケッチと思います。
a0037907_2050259.jpg


OAさん。
真横からのスケッチに独特の雰囲気がただよいます。モデルさんのビックリしたときの表情を想像することができます。写真ではあらわせない自由奔放な造形的な楽しさは大切にしていきたいです。
a0037907_2051184.jpg


YAさん。
いつ見ても迫力があります。見開いた眼にはとくに迫力を感じます。昨今眼を伏せている人物スケッチが多いこともあり強く印象に残ります。モデルさんの落着きのある人柄ながら、どこかひょうきんなユーモアのセンスをお持ちになっているところも、うまく表現されているように思いました。
a0037907_2052448.jpg


さつきさん。
 モデルさんのやさしい雰囲気が表情と全体から伝わってきます。手を合わせたところもうまく活用され、モデルさんのきっちりとした真面目なお人柄をつたえる演出に仕上がっています。なるほどと思わせる一枚でした。
a0037907_2052201.jpg


Pakuさん。
 やはりきました。斜め後ろからクラフト紙に白を基調にしてのスケッチときました。モデルさんの目元にやさしい人柄を感じます。
 人物の陰影を追って黒のグラデーションでスケッチしていくのとは違い、明るいところを白で描きつつ、クラフト紙の色を肌色の中間色と見立てて描き込んでいくという難易度の高い作業に挑戦するPakuさんに拍手です。
a0037907_20532968.jpg


最後は私です。
 全身を描くため無理をして足をいれたのですが、上半身は大きくなり下半身は短くなる失敗をいたしました。次回の人物スケッチ会にむけて練習します。
a0037907_20541162.jpg


次回は、人物スケッチ会でスケッチした静物をアップする予定です。
by datian | 2015-04-14 20:59 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< 第10回人物スケッチ会 その3 静物 第10回人物スケッチ会 >>