第10回人物スケッチ会

 今日は10回目を迎えた人物スケッチ会でした。今回は途中から初参加の方が来られ合計11名でスケッチを楽しみました。初参加の方は30年ほど前に石膏デッサンをされたことがあり、30年ぶりに絵筆をもたれたそうです。そのきっかけにポスターに載せた皆さんのスケッチがなったとすれば、こんなにうれしいことはありません。

 今回も熱心にスケッチが進みました。真剣ななかにも愉快な会話もあり爆笑しつつ描いていきまいた。前回初参加の方は色鉛筆と練り消しゴムを準備され、また絵手紙教室にも新たに通われる方、電車のなかでも人物スケッチをはじめられた方など、参加者全体のスケッチ意欲はますます高まっています。

 10分間スケッチをして5分ほど休憩をとりながら皆が先生になって合評をおこなうのですが、それがとても活発になってきました。顔の輪郭について、目と鼻が大きくなってしまうことについて、どこから描くべきか、などなど技術的な点はもちろん、モデルになっていただいた参加者のお人柄の素晴らしい面についても話が進んでいき内容的に深いものになっていきました。

合評会の様子です。
a0037907_21382440.jpg


今回は個々のスケッチについての寸評は時間的な関係から割愛させて頂き、とてかくアップしていきます。(順不同です)

SAさん。
a0037907_21422117.jpg


さつきさん。
a0037907_21425843.jpg


MAさん。
a0037907_21433790.jpg


YAさん。
a0037907_21454433.jpg


OBさん。
a0037907_2146376.jpg


TUさん。
a0037907_21462699.jpg


Pakukさん。
a0037907_21464544.jpg


そして私です。
a0037907_2147118.jpg


同じモデルさんを描いても、こんなに個性的なスケッチになります。でもどれもがモデルさんとどこか似ているのです。モデルさんのすべてを完璧に描くことはできなくても、ある一面をとらえて熱心ににスケッチされた作品は、見ていて飽きがきません。
by datian | 2015-04-12 21:55 | スケッチ絵画 | Comments(0)
<< 第10回人物スケッチ会 その2 雨ですね >>