くじゅうに行ってきました。

 4日は相方の野草の友の運転とご案内でくじゅうの花散策に行って来ました。運転とご案内ご苦労様でした。とても楽しい一日を過ごすことができ、感謝感謝です。
 とはいえ、当時の朝は曇りから雨へと天気予報を嘲笑かのような始まりでした。午前中の散策では寒さでふるえながら簡易カッパを羽織って歩きました。霧でむせぶような新緑の森林、これがまた良いんです。
 午後からは天気予報が空に逆襲をはじめて薄日がさしたかと思うとあれよあれよという間に晴天になりました。気持ちの良い青空のもとサクラソウを撮ることができました。

1 午前中は雨と霧でどうなることやらと思いつつ新緑の不思議空間に浸っておりました。(SIGMA DP2)
a0037907_21432099.jpg


2 この時期のくじゅうと言えばサクラソウというだけではないのですが、やはり撮らずにはいられない。(Lumix DCM-G1)
a0037907_2146959.jpg


3 同じく。(Lumix DCM-G1)
a0037907_2146159.jpg


4 同じく。
a0037907_21471040.jpg


5 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21491619.jpg


6 チョコっとスケッチは会社の飲み会で取引会社の営業女性社員をスケッチ、同僚から似ていると70点を頂きました。
a0037907_21515386.jpg



●原発に一言。
 今日で全ての原発が止まった。しかし日本の経済は動き人々は生活の営みを止めていない。
 夏の電力不足をマスコミは用意周到に宣伝しているが54基の最後の1基が止まったから重大事なのか。電力不足が本当なら一年もまえから分かっていたことであり、電力会社に全力をあげて対策をたてるようなぜキャンペーンをはらなかったのか。電力不足が本当でマスコミが真剣に国民の生活を考えているのなら、テレビ局自身が放送を電力使用時のピーク時にストップするぐらいの態度と実行する姿勢をしめすべきではないか。
 原発からでる猛毒核廃棄物の最終処分方法はこれといった科学的技術的方法が開発されていない。地殻が硬いモンゴルに埋めさせてくれと打診したが、断られている。これらの難問は次の世代に残されていく。子供の日に全原発が止まったことはうれしいと同時に何かしら深く考えさせられる。
by datian | 2012-05-05 22:14 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2012-05-06 09:09 x
「原発」止む無し、「改憲」止む無し・・・、見事な世論操作ですね。危ない危ない。
Commented by datian at 2012-05-06 21:46 x
●あまぎやまさん、こんばんは。
 そうなんですよ。原発はいやだけども電気はいるから止
む無く再開。止む無く、止む無くで、昔も石油がなくなる
から止む無く原発に賛成したけど、これが真っ赤なウソで
石油は枯渇しなかったという苦い経験をしています。マス
コミの言う止む無くはおっしゃられるとおり危険ですね。
<< くじゅうに行ってきました。 その2 近場低山を散策 その2 >>