近場低山を散策

 連休の日曜日は近場低山を散策してきました。この時期はホントに気持ちがいいですね。四角い気持ちが回るくなります。

1 群生にびっくり。オドリコソウ。(SIGMA DP2)
a0037907_2039157.jpg


2 ウマノアシガタ。(SIGMA DP2)
a0037907_20404079.jpg


3 同じくウマノアシガタ。(Lumix DCM-G1)
a0037907_20553875.jpg


4 ウマノアシガタとバックはカキドオシ。(Lumix DCM-G1)
a0037907_20414319.jpg



5 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21115812.jpg


6 同じく。
a0037907_21123240.jpg


7 チョコっとスケッチはシャープペンシルと水彩絵の具のチェックで落書きしたものです。
a0037907_21201154.jpg


8 メモ帳の表紙に印刷されていたアジアの少女の写真がモデルでこれも紙の調子をチェックするための落書きです。チェックばかりで本作品がないのが問題です。
a0037907_2125539.jpg



●原発に一言。

「被爆と健康:決定版!!・・・広島・長崎の被爆論文がでました」

 被爆と健康に関する研究ではもっとも権威のある機関である放射線影響研究所から総合論文が今年(2012年)がでました。被曝量とガン発病についてなどひじょうに貴重で重要なことが記されています。武田邦彦教授が要点を分かりやすくまとめられています。ぜひご一読を。

(注)放射線影響研究所は、広島・長崎の原爆被爆者を 60 年以上にわたり調査してきた。その研究成果は、国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)の放射線リスク評価や国際放射線防護委員会(ICRP)の放射線防護基準に関する勧告の主要な科学的根拠とされている。
by datian | 2012-04-30 22:07 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by mako3po at 2012-05-01 11:49 x
こんにちは!
オドリコソウとウマノアシガタは私のHPで載せていますので関心あり、
オドリコソウの大きな群生びっくりですね、私が観たのは2.3坪位
で木陰の場所でした。花が踊っているようで可愛らしい花でした。
ウマノアシガタは花に光沢あり、葉が馬の足形に似てるようです。
datianさんが撮れば私の写真とは別物のようです。
また、楽しみにしております。
Commented by あまぎやま at 2012-05-01 12:29 x
ウマノアシガタの連作、良いですねー。最近は「山」ばかり・・・、練習中です。
Commented by datian at 2012-05-01 21:29
●mako3poさん、こんばんは。
 とても大きな群生でした。もうすぐ博多どんたくなのですが、
そこで多くの人が踊りながら行進する姿を連想しました。
 オドリコソウを初めて見た時の感動を思い出しております。
 ウマノアシガタの黄色の色合いも見応えがありました。
 オドリコソウとウマノアシガタの群生が互いに美しさを
競っているようにさえ見えました。
 久しぶりの野草撮影で手ぶれが多く焦りました。またアップし
たいと思います。ありがとうございました。

Commented by datian at 2012-05-01 21:30
●あまぎやまさん、こんばんは。
 野草撮影は久しぶりで手ぶれとピンボケが多く困りました。
写真も練習しなければと思うのですが、なかなかです。
 あまぎやまさんの山の連作、色の配色に躍動感を感じて
楽しく拝見させて頂いております。海と山の両方を描かれる
となると創作範囲がグ〜ンと広がりますね。

<< 近場低山を散策 その2 男池(大分県)に行って来ました... >>