●ストレステスト ●スケッチと水彩

●ストレステスト

 大飯原発のストレステストで合格をだし保安院がテスト方法は妥当として再稼働をしようとしている。
 電力会社が自社の原発についてコンピューターで仮想実験をして「安全である」と言っても信じることはできない。これまでさんざん安全安全と言ってきて、福島の事故があったのでもう一度仮定のテストしたら「これはボロで危険な原発であると判明した」などというおめでたい電力会社など存在するわけがない。
 保安院は原発を厳しく管理する機関ではなく原発を推進する機関であり、そこがテストは不十分と判断し原発を止めるなどということもありえない。
 IAEAが国際基準にあっていると言おうが、この国際基準の下でスリーマイルと福島で巨大事故が起こっており、大小さまざまな原発事故や故障、隠されている事故などこの国際基準のもとで起こってきた。

 犯罪者が悪人を裁き、それを巨悪が上から見て「いいだろう」と言っている、そんな連想を私はしてしまう。

 武田邦彦教授が「ストレステスト」の保安院の審議は法律違反であることを分かりやすく解説しています。



●スケッチをもとに想像で水彩で彩色してみました。


1
a0037907_22132719.jpg



2
a0037907_22132430.jpg



3
a0037907_22132012.jpg



4
a0037907_22131621.jpg



5
a0037907_22131298.jpg



6 天神からのスケッチもあります。
a0037907_22133417.jpg

by datian | 2012-02-10 22:32 | スケッチ絵画 | Comments(6)
Commented by degasdegas at 2012-02-11 21:22
datianさんのスケッチに登場する人は、必ず身近の誰かに似ている人ですね。そこがイチバン凄いところだと思います。ヘンな意味ではなくて、私はこの世で唯一無二になるように描いていますが、実際には人は必ず誰かに似ているもので、逆に、その系統の顔の人、という感じに描けたら、それはそれで凄いことで、私のような共感をうむと思うんですね。独りよがりではなくて、見る人になにかを与えるものこそ、すばらしいアートと言えると思います。実は私のブログで「何がアート?」というテーマで書こうとして、本当は始めに載せようと思っていた文を、申し訳ないですが、ここに載せさせてください。。。
―According to Tolstoy, art must create a specific emotional link between artist and audience, one that "affects" the viewer.
Commented by datian at 2012-02-11 22:31
●degasdegasさん、こんばんは。
 とても光栄な評価を頂き恐縮しております。
 街角で見知らぬ人をスケッチしているのですが、その人の
人生のようなものを感じるときがあります。事細かな具体的な
人生の出来事というのとは違って雰囲気というのでしょうか、
もちろん私の思い違いもかなりあると思うのですが、親近感を
持つ人生をスケッチを通して教えていただいているような気持ち
になります。
 スケッチを通して見知らぬ人から与えられている人生、それが
見る人に何かを与えることにつながっているのかもしれません。
 だいそれたことを言ってすいません。いま書いたことはこんなふう
に行けばいいのにという願望でもあります。
 英文のところを自動翻訳で読みました。びっくりです。ありがと
うございます。


Commented by あまぎやま at 2012-02-12 10:22 x
新しい分野への挑戦が始まりましたね。更新を楽しみにしながら毎日お訪ねをしていますが煩わせてはいけないと思いコメントは遠慮させて頂いていました。昨日はご訪問有り難うございました。懲りもせずにクロッキーを続けています。
Commented by mako3po at 2012-02-12 11:30 x
こんにちは!
デッサンの本に載っている画面を自分でも描いていますが、
本の後半になってクロッキーがあり、電車の中、休憩している方、休んでいる方等10枚あり、描くところ、省略するところ、これを観て直ぐにdatianさんのデッサンはやっぱり凄いと感じました。
人物は描いていても自分が痩せているのと、歳をとっているので自然に似てくるのです。他人様から批評して頂くのが
一番の薬かも、、、、と、
写真展自分の選んだ信号機の写真当たり嬉しかったですが、
datianさんの写真2012と有りましたので私の想像では今年の
カレンダーを周りに鏡を置いて撮ったのかな?と最後まで
頭に残っておりました。
また、次回覗かせて頂きます。
寒いと生活の中、自分の体気をつけなければなりませんが、
自分にやりたい事があることは左脳、右脳とも動いてくれる気がします。自分で自分に発破かけております。
又、楽しみにしております。
Commented by datian at 2012-02-12 21:01
●あまぎやまさん、こんばんは。
 スケッチをしていて、足りない点が多々ありそれを
少しづつでも補う力量がつかないだろうかと牛歩の
ごとくですが、はじめました。
 こまやかなご配慮ありがとうございます。ご遠慮なく
コメントして頂いて大丈夫ですよ。私の返事が遅れるか
もしれませんが、コメント大歓迎です。
 あまぎやまさんのクロッキーはとても刺激になっています。


Commented by datian at 2012-02-12 21:01
●mako3poさん、こんばんは。
 mako3poさんの勉強熱心な姿勢にとても刺激を受けます。
おっしゃられているようにスケッチやデッサンは描くその人
にどことなく似たところが出てくることがあるようです。
 一番身近な人物はやはり自分自身ですから当然なのかも
しれませんね。

 写真展に毎回ご投票ありがとうございます。
 カレンダーをクルクルとまいて上から撮りました。巻いた
カレンダーがもう少しはっきりと分かれば良かったのですが
ボカシすぎました。
 信号機は良かったですね。私も強く印象に残りました。

意欲のある人生は素晴らしいですね。自分で自分に発破を
かけるのをmako3poさんに見習って私もやってみようと
思います。 
 この寒さはまた振り返すようで安心できないようです。
梅が少し咲きました。春が早く来るよう祈っています。


<< ●お知らせ「新・月例展@BEN... スケッチやってます >>