●昨日は八女市散策にぶらりと行ってきました。その3 ●横浜と世田谷で高い放射線量

八女市散策が続きます。

1 三輪車。
a0037907_2148492.jpg



2 目がいきます。
a0037907_2141696.jpg


3 ありましたね。
a0037907_21435686.jpg


4 「境屋」の縁側から。
a0037907_21442228.jpg


5 とある神社の一角より。
a0037907_214550100.jpg


6 なつかしい。
a0037907_21472198.jpg



7 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21504249.jpg



●原発に一言

 最近、東京と神奈川で高い放射線量が検出された。この問題について武田邦彦教授が被曝から住民を守る側で分かりやすく解説されています。
■世田谷の高線量率と福島の新米(緊急)
■横浜のストロンチウムと子供の守り方(緊急の2)
 
●私は原発反対です。

by datian | 2011-10-14 21:58 | 路上観察 | Comments(5)
Commented by あまぎやま at 2011-10-15 08:15 x
八女市「ブラリ散策」今日は特に面白い、.と云うより懐かしいモノ一杯で少年の頃を思い出しています。アレモコレモ・・・だっだです。
Commented by degasdegas at 2011-10-15 20:43 x
こういう言い方はおかしいのだけれど...
―よく、こんな風に描けますね!! とても真似できない。。。いま、ご存知のように、水彩の風景画に向き合おうとしています。すると、頭の中に、取り合えず、こんな風に描けたらいいなぁー、とか、好きな画家の、こんな感じに...と考えてしまう。もちろん、それは悪いことではないと思うし、取りあえずは、そう描ければいいと思う。それから、だから。でも、真似しようと思っても、そうはいかない。それがその人のオリジナリティーだっから。。。そんな、圧倒的な強さを感じます。
―どうしたら、そんな風に線がぐりぐりと引けるの?!
Commented by datian at 2011-10-15 22:13
●あまぎやまさん、こんばんは。
 なつかしいものが一杯でした。街全体がなつかしい
と言ってもおかしくないぐらいでした。
 歴史を振り返るという機会、それも自分が小さい頃の生きてきた
範囲の歴史を振り返る機会、映像として、タイムマシンの
ように振り返っていっく、そんな一日を過ごせました。

Commented by datian at 2011-10-15 22:15

●degasdegasさん、こんばんは。その1
 おそらくうまく答えられず、見当ちがいのことも言ってしまう
かもしれません。
 即興的な描き方がこうしたグリグリとした線の表現になるのかも
しれません。街中で見知らぬ人をスケッチしますが、その人は
たえず動きます、描いている途中でいなくなることも多々あります。
数分が勝負のようです。右を向いた顔をスケッチしていても
その人は左を向くことがあります。左を向いた顔を見ながらスケッチで
は右向きの顔を描かざるをえません。その人に動かないでと注文する
ことは出来ません。数分でできる限りの観察とスケッチができるよう
心がけていますが、一時間ほどで集中力が途切れてしまいます。休憩して
またスケッチをはじめるというくり返しです。(その2につづきます)
Commented by datian at 2011-10-15 22:15
●degasdegasさん、こんばんは。その2
 (その1からのつづきです)
人は動いている、多々ある動きの種類のなかで止まったという一種の
動きがある、激しい動きという意味合いではなく、動いて生きている、
それがその人の人生とつながっているように思えています。
 正式なモデルさんをデッサンする場合もこんなことを考えて
しようと思っています。そうした機会を持つことは大切だと思うのですが
なかなか持てずにいます。なんだか答えになりませんね。
 違う話しですが、「チェンバレン水彩画集」を最近みました。私はこんな
水彩画を描いてみたいと思うのですが、実際はボールペンでまるで違う
描き方になっています。

<< ●昨日は八女市散策にぶらりと行... ●昨日は八女市散策にぶらりと行... >>