●近場低山散策 その4 タカクマヒキオコシ ●脱原発デモのフランス人も逮捕する日本警察

1 タカクマヒキオコシ。例年だともっと咲いているはずでしたが、少し早すぎたのかツボミも多く、と思えば花の時期が過ぎたのもあり、すこし残念でした。
a0037907_21585850.jpg


2 サイヨウシャジン。
a0037907_2159315.jpg



3 このスケッチは電車の中からです。
a0037907_215989.jpg


4 このスケッチは天神からです。
a0037907_21591198.jpg



●原発に一言

 9月29日15時、東京で、反原発とデモの自由を訴える「『デモと広場の自由』のための共同声明」を発表する記者会見が行われた。
 会見には雨宮氏の他に、起草者である柄谷行人(文芸評論家)、鵜飼哲(一橋大学教授)、小熊英二(慶応義塾大学教授)という、日本のアカデミズムを代表するメンバーが行った。   

 福島原発事故後に原発反対の集会やデモは全国で多く行われてきた。警察は陰に陽にデモ行進を妨害してきたが、9月11日に東京で行われたデモでは12人を不当逮捕した。12人の中にはフランス人がおり外交問題に発展する可能性を指摘する声もある。
 9月11日の状況は
「「9月11日のデモでは、正式に東京都に申請し承認されていた出発地やコースを、都は当日2日前になって変更を命令しました。当日も、トイレのためにデモの隊列を離れようとした女性を大勢の警官が取り囲み、沿道に出られないようにし、具合が悪くなる人が続出しました。隊列に大勢の警官が強引に割り込み、意図的に混乱状況をつくり出すなかで、警官から暴行を受け負傷した人もいます。」(緊急記者会見)という。

 最近、警察は丸腰の市民にデモをさせて暴力団排除にけしかけている。それをマスコミは奨励し報道している。市民は暴力とは無関係であり、そのために税金を払い警察が暴力団を取り締まるのが筋というものではないのか。暴力団に市民をあたらせるのは警察の職務怠慢そのものではないか。
 原発やめろのデモは妨害するが、暴力団には市民を立ち向かわせる警察。マスコミも原発やめろのデモはほとんど報道せす、島田紳助を騒ぎ暴力団排除の市民行進を報道する。警察とマスコミの使命はどこに行ったのでしょうか。

 私は原発反対です。
by datian | 2011-10-08 22:10 | 植物 | Comments(4)
Commented by あまぎやま at 2011-10-09 09:47 x
下のスケッチは魅力一杯、首の傾きは真似て描けるものでは無いと感じています。暴力団根絶は無理な話、利用価値大ですから。企業の大争議には必ず顔を出してきました。
Commented by datian at 2011-10-09 19:33
●あまぎやまさん、こんばんは。
 このモデルさんは待ち合わせなのか携帯でメールを打っていたよう
なのですが、やがて眠りはじめました。そこを描かせて頂きました。
 そうでした。三井三池争議でも出てきました。電力会社も利用し
調整役として警察幹部の天下りを受けていたようです。
 
Commented by あまぎやま at 2011-10-09 19:58 x
追伸:三池では久保さん殺害が典型的な例ですね、当時、私は中央総評の教宣センターでチラシ書きをしていましたので鮮明に記憶に残っています、日教組支部の専従(ヤミ専従でしたが)でした。20代後半のツッパリ青年でした(笑)。
Commented by datian at 2011-10-09 22:30
●あまぎやまさん、こんばんは。
 当時は大変な時代ながら、素晴らしく意義ある青春時代を生きて
こられたんですね。そのご活躍に心より敬服いたします。
 戦中戦後の体験と青年の正義心が満ち溢れていたんですね。
現在は青年の正義心が東電や国の不正に向かないようにするために
ボランティアなどをマスコミは大々的に取り上げて報道しているように
思えてなりません。ボランティアそのものが問題というのではないのですが、
脱原発デモをする若者をほとんど報道せず、ボランティアや「元気を届ける」な
どを事あるごとに取り上げるマスコミに意図的なものを感じております。

<< ●昨日は八女市散策にぶらりと行... ●近場低山散策 その3 アケボ... >>