●近場低山散策 その3 アケボノソウ  ●10人の子供たちから甲状腺数値の異常

1 この時期は、やはりアケボノソウが見たくなります。
a0037907_21393493.jpg


2 同じくアケボノソウ。
a0037907_21395433.jpg


3 下手な写真で分かりづらいのですが、バックの白いのもアアケボノソウで群生です。これほどの群生をみたのははじめてです。
a0037907_21534025.jpg


4 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2154476.jpg



●原発に一言

 福島県内の子供130人から、10人に甲状腺数値に異常がみられ経過観察が必要という。
原発事故との因果関係があるのかないのかという科学的な証明の問題はあるとしても、不明な段階では因果関係があるという最悪の前提で事に対処し子供たちの健康を全力でまもるのが政府や行政、東電、医師の責任であり義務ではないか。
 数年たって因果関係がなかったとしても、それはそれでよかったことであり、数年たって「あの時は因果関係がはっきりしなかったので対処はしなかった」ではすまされない。この点について、武田邦彦教授が【緊急】 発言記録を残そう!!大きな展開をするべき時・・・10人の子供と科学的な考え方でわかりやすく解説されています。

私は原発反対です。
by datian | 2011-10-06 22:03 | 植物 | Comments(6)
Commented by kawasusonomiya at 2011-10-06 22:50
こんばんは、
こんなにすてきなアケボノソウの花の群生が、近くの山で見られたなんて、いいですね・・・^^
こちらでも、近くの山すそで見つけたことがあります。出会うと、うれしくなる花です・・・♪
身近の、こうした美しい自然を、次の世代へ、汚染されることなく、
残したいです・・・。

Commented by あまぎやま at 2011-10-07 07:46 x
水俣は国も企業も因果関係を認めようとしませんでした。「水俣の教訓」を忘れてはならないと何時も思っています。
Commented by nunokichi at 2011-10-07 20:49
こんばんは
アケボノソウ、、初めて見ました。
田舎に住んでいるのに、花の名前や、姿、ほとんど知らないです
福岡の東のはずれの田舎ですが、多分近くにもあるのでしょうね。。。

この歳になると自分のことより、子供たちの事が心配です
これから先、20年、30年後、どうなっていくのでしょう
大人全ての責任なのでしょうが、、、そのときには、遅すぎますし
責任の所在なんて、意味のないものになっていると。
こうして、情報をいただいて、少しでも事実を知ること、大切な事だと思いました。
Commented by datian at 2011-10-07 21:37
●kawasusonomiyaさん、こんばんは。
 アケボノソウは2年草なのでしょうか、毎年同じ所に
咲いているとは限らいので、見つけられるとうれしくなります。
 無味無臭無色ですが猛毒放射能がふりそそいだらこうした
身近な自然と接することもできず、住むこともできなくなるのは
やり切れないですよね。
 地震国日本、狭い日本、そこに54基の原発は科学的にもあまりに
常識はずれではと思っています。

Commented by datian at 2011-10-07 21:37
●あまぎやまさん、こんばんは。
 おそらく、水俣の時のように国も企業も原発事故との因果関係は
認めないと思います。
 1ミリシーベルトが安全基準とされていたものを事故が起こったら突然
20ミリシーベルト、100ミリシーベルトでも安全と言い出しのですから
因果関係は否定するでしょうし、切り捨てようとするのではないかと
危ぶんでいます。

Commented by datian at 2011-10-07 21:37
●nunokichiさん、こんばんは。
 じつを言いますと私も野草のことは知らないことが多く妻から受け売りが多いのです。
何年か前にアケボノソウをはじめて見て、その美しさが印象に残り
毎年見たい野草の一つとなりました。
 原発事故が起こってから、あまりにも知らないことが私も多すぎました。
「原発安全神話」ひとつを見てもウソがぎっしりとつまった虚構の構築物で
した。少しでも事実を知り正しい見解を持たねばと思っています。


<< ●近場低山散策 その4 タカク... ●近場低山散策 その2 サクラ... >>