●太宰府で少し秋の気配 

太宰府散策はとても清々しく秋を少し感じてきました。

1 秋といえばコスモス。すこし咲き始めておりました。
a0037907_21481391.jpg


2 秋といえば紅葉。サクラの葉が少し色づいておりました。しかし台風でかなり葉が落ちたようです。
a0037907_214118.jpg


3 同じく街中のサクラ。
a0037907_21411368.jpg


4 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21403489.jpg


5 同じく。
a0037907_21404112.jpg



6 新月例展のガラス試作写真。
a0037907_2154524.jpg



●原発に一言。

「事故ではなく景気低迷の影響なので賠償不要」とした賠償審委員の2名が東電などから金をもらっていた事が判明している。
 2名とは学習院大の野村豊弘教授と、早稲田大の大塚直教授であり、原発事故の損害賠償の指針を定める政府の原子力損害賠償紛争審査会(9名で構成)の中に入っていた。
 この2名は電力会社とつながりのある「日本エネルギー法研究所」と通じて報酬をえていたのである。
 電力会社も学者をなめたもので月額20万円という低価格の報酬額で囲い、2名の学者も20万円ごときで魂を売ってしまうとは情けない話しである。 学者は真理真実に忠実でそれが魂だが、それをバーゲンのように売り、原発事故被害者を路頭に迷わそうとしている。

 何のために指針を定めているのか、加害者である東電と政府が損害賠償をきっちりとして事故前のように生業や生活が再建できるようにするためではないのか。それを出来るだけ賠償せずに切り捨てて東電だけを再建するような指針作成をしているとしか言いようがない。 

 再建には元気が必要かもしれない。だがこうしたでたらめなことについて正義の怒りが必要でははいか。おそらくそれは吹き出していると想像できるのだが、マスコミの報道からはなかなか見えてこない。
 わずかに毎日新聞で垣間見ることができる。

私は原発反対です。
by datian | 2011-09-25 22:05 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by あまぎやま at 2011-09-26 10:06 x
ほんの少しずつですが昔、原発推進に携わった人たちが口を開き始めましたね。大戦を推進した国の幹部が人世の終わりを悟ったときに本音を漏らして去られた時と似た感じを持っています。
Commented by datian at 2011-09-26 22:03
●あまぎやまさん、こんばんは。
 少ないとはいえ原発を推進してきた人が、原発の問題点を
きびしく指摘するととても説得力があります。
 今日、NHKで子供たちを放射能汚染から守るお母さんたち
の行動を報道していました。お母さんたちの不安と怒りは強く
NHKも取り上げざるを得なかったようです。

Commented by mako3po at 2011-09-26 22:09 x
写真展今みましたら“座布団賞”おめでとうございます。
うれしいですね、自分の選んだ“朝顔”賞頂いておりましたので
嬉しい限りです。datianさんは日頃の努力が認められたと思います。次回も楽しみです。本当におめでとうございました。
Commented by datian at 2011-09-27 22:07 x
●mako3poさん、こんばんは。
 私も座布団賞をいただきびっくりしつつ感激しております。
mako3poさんはじめ皆様からこのブログを
見に来て頂き、励ましのコメント等を頂くとこで写真を
つづけてくることができました。そのことがこうした
結果につながったと確信しております。
 どうもほんとうにありがとうございました。

<< お知らせ 「新・月例展@BEN... ソバの花をもとめ太宰府天満宮〜政庁跡 >>