●お知らせ 「新・月例展@BEN」の第3回全応募作品発表! ●佐賀県知事もやらせ

●お知らせ 「新・月例展@BEN」の第3回全応募作品発表!がはじまりました。

 「新・月例展@BEN」の第3回全応募作品発表!がはじまりました。私は今回も引き続いて投稿しアップされております。今回のテーマは「丸いモノ」で、おおっと楽しくハイセンスな写真がたくさんアップされています。作者名は伏せられていますので、気兼ねなくそなかから気に入った写真を3点選んでいただくというものです。ではでは私の写真はどれでしょう? ぜひご一覧ください。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21392859.jpg



2 散策から。GX100
a0037907_21301315.jpg



●原発に一言 佐賀県知事もやらせ
 佐賀県知事もやらせメールに深く関わっていたことが明らかになっている。九電のやらせメールとやらせ動員に知事の関与、こうして偽造された「原発賛成意見」があたかも県民の世論であるかのようにマスコミは報道していたのだろう。
 これほどのやらせを平然とやるということは、今の「節電キャンペーン」の真偽も疑わざるをえなくなってくる。前回のやらせを百歩譲って「マスコミは見抜けなかった」ということにしても、今回の「節電」に偽造はないのかどうなのか。九電の発表をマスコミは丁稚の御用聞きで鵜呑みにし「節電キャンペーン」を宣伝しているがそれでいいのか。
 九電の発電量は発表通りか、発電余力は企業などの大規模自家発電も含めてどれほどあるのか、送電線を開放せずに他企業自家発電から余剰電力を排除しているのではないか、火力発電の燃料は高く赤字というが何処からいくらで買ったのか、本当に電力は不足しているのか、九電に取材に行っても本当のことは白状しないだろう「ハイそうですか、ごもっとも」と聞いて満足して報道などするべきではない。相手は知事とグルになって世論を偽造する儲けのためには八百長やり放題の私企業であり、マスコミは覚悟を決めて総力をあげて各方面から取材すべきだ。
 熱中症は前年と比べてどれぐらいの違いがあるのか、その特徴はなんであり、「節電」との関係はないのか、「熱中症に注意しながら節電の工夫」という下駄預けのような記事など必要ない。もっと鋭い視点で取材して記事にすべきではないか。そうでなければマスコミなど電力会社からたっぷりと広告費をもらって飼いならされているとしか見れない。
by datian | 2011-08-01 21:39 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-08-02 08:02 x
日本も中国も基本的には同じと思って読んだり観たりしています。中国は指導部に思い上がりあるので下手なだけ、日本は巧妙に立ち回っているだけ、マスコミ界が知らない筈はない。一線を越え無い範囲でジャーナリストらしく振舞っているのだと思っています。記事が大きかったり小さく数行で有ったりと???と思うことがよくあるものです。
Commented by datian at 2011-08-02 22:27
●あまぎやまさん、こんばんは。
 ほんとうにそうだと思います。中国の指導層は下手クソですが、
日本の政府や財界やマスコミはひじょうに上手に巧妙にごまかして
いく、「安全神話」はその頂点だったかもしれません。
 朝日新聞などは原発事故について国民も共犯だといいはじめて
いるので驚いています。こうやって東電や政府の責任をあいまいに
していくずるいやり方をはじています。

<< 朝日新聞の原発事故は国民も共犯... ●原子力安全保安院もやらせ >>